RSS

ごぼうで死刑

 「ためしてガッテン」でごぼうをやっていたので、
 ごぼうについて考えてみた。

 子どもの頃は美味しさが分からず、根っこじゃんとか思っていたものでした。
 が、チキンライスは美味しいけれど、
 鶏ごぼうライスはもっと美味しいと気がついてから、
 ごぼうが好きになりました。
 かぶのお吸い物に、ごぼうを少々入れたら、
 香り高いめっちゃ美味しいお吸い物になりました。
 煮物にごぼうが入っていると、煮汁が美味いです。


 ところが、ごぼうを食べさせたせいで、死刑になった人がいたらしいです。

 B級・C級戦犯の事を書いた上坂冬子の著作で知りました。
 捕虜に木の根を食べさせた。(木の根というのが、ごぼうです)
 トイレ掃除をさぼって罰を受けた。
 体調を壊したら、身体に火をつけられた。
 それらが捕虜虐待であると、捕虜収容所の所長が死刑になったらしい。

 上坂冬子は書いています。
 終戦間際では、日本中が食糧難だった。
 ごぼうを食べたくても食べられない日本人がたくさんいた。
 収容所の所長は、がんばって食糧を集めたのだろう。
 湿気の多い地域で、汲み取り便所を不潔にしたら病気になりやすい。
 「身体に火をつけられた」というのは、調べたらお灸だった。
 町一番の名人と評判のおばあさんを、収容所に引っ張って治療をした。
 医薬品もままならなかったのではないか。
 そういう事だった。

 上坂は、所長を糾弾した元米軍捕虜を訪ねて、オーストラリアに行く。
 捕虜仲間だった二人は、大きなスーパーマーケットを共同経営していた。
 従業員の中に、中国人のおばさんがレジで働いているのを見かける。
 事務所で取材をした上坂が、上記の件を説明しても、
 元捕虜の二人は激高して、まったく納得しない。
 上坂は、レジに居る中国人のおばさんを呼んで欲しいと頼む。
 姿を見かけたが言葉を交わしていない。見知らぬ人である。
 その中国人に、お灸の事を二人に説明してくれと頼んだ。
 おばさんは得意になって、東洋医術がどれほど素晴らしいか、
 お灸がどれほど優れた治療かを熱心に語った。


 元米軍捕虜は、
 食文化・医療を含めた文化の違いなんか考えた事も無かったんでしょうね。
 アメリカの田舎で暮らす青年であれば、
 考えなくても済んでいたのかもしれません。

 死刑になった所長はもちろんお気の毒ですが、
 この二人も、考えたら気の毒です。
 捕虜虐待を糾弾した正義の味方のつもりだったのでしょうに、
 捕虜の健康のために奔走した善意の人を、
 ものを知らないばかりに、感情に任せて死刑に追いやったのですから。
 その事実を、それなりに成功したであろう人生の終盤になって知ったのですから。

 出会ったのが戦争中でなければ、違う出会いがあったかもしれません。
 戦争は、困った正義を量産するんじゃないでしょうか。

 それはともかく、ごぼうは美味しいです。
 香りが良いです。


忖度と啐啄★★★頑固な人は科学者に向かないよね

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

忖度(そんたく)と啐啄(そったく)

 ここのところ「忖度」が流行っているらしい。
 早くも今年の流行語大賞にノミネート? という話も出ているらしい。

 意味は分かるつもりだったけど、改めて確認してみた。
 <他人の心を推し量る>という意味。
 「忖」は、心を推し量るという意味の字らしい。
 漢和辞典の用例にも「忖度」しか載っていないので、
 滅多に使われない字なんだと思う。
 「度」も、量るという意味がある。

 調べているうちに気がついた。
 私は、「忖度(そんたく)」と「啐啄(そったく)」を混同していたらしい。
 あちゃ〜。
 でも、似てるよね。ねっ。と強引に言ってみる。

 「啐啄」は禅語らしい。
 雛が生まれようとしている時、
 卵の内側から殻を割ろうとつつく。
 それに合わせて、親鳥が外から卵をつついて、殻を割るのを助けることを言う。
 修行者が悟りを開くときの師弟のありようを表しているらしい。
 「啐」はひな鳥、「啄」が親鳥。
 ソッ タク ソッ タク ソッ タク ……パリン

 「忖度」も「啐啄」も、
 阿吽の呼吸というか、
 空気を読むというか、
 一を聞いて十を知る、というか、
 互いを思いやるというか、
 推し量るのが、似ている気がする。
 理屈や理論だけではなく、
 こういう高度で繊細なコミニュケーションていうのもあったなあ。

 案外、世の中にとって、大きな意味があるかも。
 と思ってみたり。

 連呼されすぎると、意味が薄くなるようで、
 つまらない使い方をしないで欲しいとも思ったり。
 ちょっと残念。

「みちびき2号」発射★★★ごぼうで死刑

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

「みちびき2号」発射

 六月一日、人工衛星「みちびき2号」が打ち上げられるんだって。
 今年中に3号と4号も上がるらしい。
 最終的に合計7機が運用されるらしい。
 一センチ単位で位置情報が特定できるようになって、便利になるらしい。

 カーナビが変な指示をすることがあるのは、
 地形によって、うまくいかないことがあるせいらしい。
 「みちびき」に変われば、迷子になることも減りそう。

 今のGPSは、アメリカ合衆国の軍事衛星を利用している。 
 軍事衛星だから、戦争になれば、そっちが優先。
 実際に、そのせいで航空機の運用に支障が出たことがあったらしい。
 みんなが困るから、戦争はちょっとタンマって訳にはいかなかったらしい。

 日本は戦争をしないことになっているから、大丈夫だよね。

 そういえば、北朝鮮のミサイルもGPSを利用しているんじゃないかという話もある。
 使わせないようにできないのかしらん。
 う〜ん、めくら撃ちされても困るわねえ。


勝手に元号★★★「忖度」と「啐啄」

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

盆栽もどき

盆栽もどき

 盆栽が世界的に流行っているらしい。
 私のは「もどき」です。
 植えたのは七変化です。
 一般にはランタナと言った方が通りが良いようですが、
 盆栽もどきなので、七変化と言っておきましょう。

 植木鉢が山積みになっている店があったので、
 盆栽用植木鉢を衝動買いしました。
 せっかくあるので植えてみました。
 松とか杉とかは 無理!
 まともな盆栽を育てられる気がしません。

花だね★

勝手に元号


 近いうちに「天皇の退位等に関する皇室典範特別法案」が、
 国会に提出されるみたいです。
 そこで、率爾(そつじ)ながら、私も勝手に元号を考えてみました。

 明治のM、大正のT、昭和のS、平成のH、は避けた方がいいらしい。
 事務処理等で使うことがけっこうあるらしい。
 さすがに慶応以前はアルファベットで表記することは無いから、
 Kは大丈夫だと思うのです。
 考えたのが、奇しくも全部「K」になっちゃいました。
 

 「観光」は駄目らしいです。
 「かんぎょう」と読んでも、たぶん駄目でしょう。
 熟語になっているのは却下らしいです。
 のんきにあちこち観に行く。
 そういう時代も良いと思うんですけど。
 ついでに観光立国。残念。

 次いきます。
 「供和」なんてどうでしょう。
 和をもって供す(もてなす)。
 お・も・て・な・し
 2020年が目安らしいですから、ちょうど良いかも。
 でも、オリンピックが始まってもいないのに古い感じがするのは何故なんでしょう。

 もう一丁。
 「顕来」
 来し方を顕(あきらか)にす。
 先行きが不透明すぎる今日この頃、明るい未来が見えてくれば良いなあ。

 っちゅうことで、勝手に考えてみました。
 生前退位だと、こういうことを気軽に書けちゃうのが楽しい。
 他にも考えてる人がけっこういるんじゃないでしょうか。


失礼な電話アンケート★★★「みちびき2号」

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア