FC2ブログ
RSS

時制ってなんだっけ

 ぼーっとしていて、つまんないことを考えた。

 お腹がすいた。ご飯にしましょ。

 ん?
 英語の時間に習ったよなあ。
 現在・過去・未来
 <時制>

 それで考えると、
 <お腹がすいた>は、ちょっと見は過去形に見える。
 でも、過去じゃないんだなあ、これが。
 むしろ現在進行形で、お腹がすいているんだなあ。
 どゆこと?

 このとき、思った訳です。
 時制ってなんだっけ。
 英語の授業で習ったことが、ぶっとびました。

 <お腹がすいています。ご飯を食べましょう>
 とは、普段あまり言いません。
 かしこまった時くらいです。
 私は、かしこまることはあまり無いので、
 <お腹がすいた。ご飯にしましょ>
 の方が、自然な日本語に感じます。

 <ご飯にする>も、くせ者です。

 「ご飯にする? お風呂にする? それとも、わ・た・し?」
 という有名なフレーズがありますし、
 立派な日本語であることは間違いありません。

 そういえば、
 <掃除する><料理する>とは言いますが、
 <掃除する><料理する>とは言いません。
 この違いは何だろう。

 そんなことを考えていたら、寝てしまいました。
 大丈夫です。ご飯はちゃんと食べました。

 皆様 おはようございます。


バオバブの木★★★言葉は神

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

バオバブの木

 「星の王子様」に出てくる木である。
 大きすぎて場所塞ぎだと王子様が嘆いていたような気がする。
 星の王子様の星は小さいからね。

 アフリカにある木らしい。
 マダガスカルのバオバブが危機だとテレビが言っていた。
 焼き畑農業で火をつけると、バオバブも燃える。
 無くなってしまうと心配していた。
 マダガスカルでは焼き畑農業をしているのね。

 でも、焼き畑は最近始めたとは思えない。
 昔から長いことやっていたんじゃないの?
 それでもバオバブが絶滅の危機なら、
 原因は焼き畑だけじゃない気がするんだけど。

 上野の不忍池にはバオバブがある。
 誰かが植えたんでしょうね。
 植木鉢で育てている物好きな日本人が居るらしい。
 植木鉢なら大きくなりすぎないし、寒い日本の冬もなんとかできるらしい。
 盆栽もあるんだって。
 バオバブの盆栽! 欲しいかも。

 もしもマダガスカルで絶滅しても、
 日本から種か苗木を送れそうですよ。

 バオバブの種は殻がめっちゃ硬くて、
 ヤスリで削ったり、熱湯に浸けたりしないと発芽しないんだってさ。
 焼けた畑に芽を出してそうな気がします。

 とっ散らかった文章になってしまい申し訳ありません。orz

ケイテイニ ユウニ★★★時制ってなんだっけ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

神無月

 お彼岸を 遥かに過ぎて 神無月
   衣かえたり 替えなかったり

 おそまつ
 季節感はどうなってるんだと思う 今日この頃


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

ケイテイニ ユウニ

 あれは教科書問題だったのでしょうか。
 先日、教育勅語はけしからんと言う野党議員がテレビに映ってました。

 教育勅語と聞いて私が思い出すのは、
 小松左京の短編小説だったりします。

 舞台は、太平洋に浮かぶ小さな南の島。
 戦時中に日本軍が、しばし滞在したことがあるという設定です。
 そこに、バブル期の日本から、
 リゾートだか観光だかに利用できる場所を探しに訪れます。
 日本軍の影響を受けた島民と日本人とのドタバタコメディ、
 というより、ほとんど落語です。
 サゲまであります。

 最後に、島民の間で大喧嘩になると、
 おじいちゃん村長が声を挙げるのです。
 <父母ニ孝ニ 兄弟ニ友ニ>という有名な下りです。
 「ケイテイニユウニ、ケイテイニユウニ」
 という所で終わります。
 
 大笑いしてしまいました。
 部屋で一人、静かに読書をしていた私が、
 突如大声で笑い出したので、母が心配して飛び込んできました。
 頭がおかしくなったと思ったみたいです。
 それくらい爆笑しました。

 今の若い人には通じないかもしれません。
 知らないことはギャグになりません。

 古典落語の中にも、説明しないと分かり難くなっているものがあるようです。
 「へっつい幽霊」とか「へっつい盗人」とか、
 へっついが分からなければ分かりません。
 かまどのことらしいです。
 時代劇のセットでは見ます。
 田舎の土間にある大きなかまどは実物を見たことがありますが、
 長屋で使うようなのは、大人二人で持ち運べるとは。
 落語を聞くまで、その発想はありませんでした。

 みんなが知らないことは、ギャグにし難いです。

 少し昔の日本人は、誰でも教育勅語を知っていました。
 そういうものがあったということは、知っていても良いんじゃないでしょうか。
 その上で、良いか悪いかは、上の方から押し付けるのではなく、
 いろんな意見があることも教え、
 一人一人で考えれば良いのではないでしょうか。
 自分で考える人間を育てるのが、教育ってもんじゃねえんですかい。

 みんなが知っていれば、ギャグにして笑えます。
 小松左京も喜ぶかも。


企画「ジャパニーズウエディング」★★★バオバブの木

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

企画「ジャパニーズウエディング」

 一つ前の記事にコメントを頂き、返事を書いているうちに、
 ちょっと思いついちゃいました。

 日本人カップルが海外でロマンチックな結婚式を挙げる。
 けっこう人気があるようですが、逆もアリなんじゃないでしょうか。
 ハネムーンをセットにして観光客の誘致になるんじゃないかと。

 寺社で日本風の結婚式を挙げる外国人が居るらしいです。
 もう動いている業者があるのかもしれませんね。
 遅かったか(笑)

 日本人が海外の教会に憧れるように、
 日本好きな外国人が記念のセレモニーを日本で、
 と考えるのもありそうです。
 荘厳な寺院や神社で受け付けたらうけるでしょうが、
 ホテルや式場もハード面で充実しています。
 雅楽の生演奏だってあります。

 披露パーティがしたければ、
 ゴンドラで登場、餅つき、鏡割り……等、演出も盛りだくさんにあります。
 海外でも珍しいシャンパンのサーベルカットをするホテルだってあります。
 リゾート地で白馬の馬車移動もいいかも。

 お国柄も色々でしょうから、何がうけるか未知数ですが、
 けっこういけるのでは。

 ただし、お国柄が色々あるだけに、事前の打ち合わせは大事になるでしょう。
 そこを省くと、とんでもないことになる可能性があります。

 実際にあった過去の事例として、私が聞いた話があります。
 他にもあるのかもしれませんが、私が聞いたのは韓国人の例です。
 問題その一。
 日本では、招待状を出し、出欠確認して招待客の人数を把握しますが、
 韓国では当日に客が増えるらしいです。
 列席者が知り合いを勝手に誘うらしい。
 新郎新婦の知らない人まで誘われて、予定の二倍三倍になることも珍しくないようです。
 席や料理の対応ができなくて大騒ぎ。
 問題その二。
 自慢のキムチを大量に持ち込む列席者が居て、
 建物がキムチ臭で充満し、大量のクレームが出た。
 問題が表面化した後、ホテルや式場では韓国人を断ることがあるようですが、
 専門スタッフで対応するケースもあるようです。

 そんなこともあるので、事前の打ち合わせは大事です。
 戯れに考えてみた企画です。
 実現できるかどうかは責任を持てません。


ハワイの結婚式★★★ケイテイニ ユウニ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア