RSS

sado jo様へのお返事

 sado jo様からのコメントにお返事をしようと思いますが、
 思いついた事があって、長くなりそうなので、記事にしちゃいます。テヘペロ

 <sado jo様のコメント>
最近、新聞(雑誌)は「デタラメな事を書く」と言ってマスコミ批判する人が増えたようです。
映画界出身の自分に言わせれば「あんたらはどこに目を付けてるのか?」と言いたい。
出版も映像も基本は商業であり「人目を引くキャッチフレーズ」「刺激的な序文」を用いて当然です。
映画の「タイトル」と「予告編」だけ見て判断して、トンチンカンな批評をするのは愚の骨頂です。
少なくともちゃんとした新聞社なら質疑応答の全文を掲載してる。
全文を掲載せず、都合のいい抜粋だけならその新聞社は信用ならない。
生活が忙しく時間が無くて、全文を読まずに批評するから、思考停止になっておかしな風潮が蔓延するんです。
自分は元映画人のプライドとして、全文(全編)を見てから「あぁだ、こうだ」と言う人の言葉にだけ耳を傾けます。
ともかく、短絡思考、付和雷同、軽薄短小で人の知性が後退する風潮は嘆かわしく思います(笑)


 えーと、安易にマスコミ批判はするなというお叱りでしょうか。
 反省も後悔もしません。
 私は、マスコミを批判しようとか対抗しようとかいうつもりではありません。
 私のような庶民が反抗したところで、はじめから敵う相手でもないです。

 現代では、毎日各メディアからの膨大な情報にさらされています。
 それらにただ流されるとか踊らされるんじゃつまらない。
 受け手として、心構えがあってしかるべきではなかろうか、と思うだけです。


 それはともかく、
 「全文を掲載」というワードで思い出した事があります。

 新聞記事で感動するということは、ほとんどありませんが、
 とても感動した記事がありました。
 とある裁判の判決文が全文掲載された事がありました。
 新聞社や記者のよけいなコメントも注釈も無かったと記憶しています。
 紙面にぎっしり、判決文が掲載されていました。
 読んで感動しました。

 その裁判は、無国籍になった子どもさんの国籍を請求する裁判でした。
 父親はアメリカ合衆国に住む移民でしたが、
 永住権を取得するには、まだ時間とか条件とかが必要だったらしいです。
 母親は日本人でした。

 その頃、父親が日本人なら日本国籍になりますが、
 母親が日本人でも、日本国籍が取れませんでした。

 その裁判が起こる少し前に知り合いから聞いた話がありました。
 その人の親戚に、外国人と結婚した女性が居て、
 夫は自国に帰れない事情があったらしいのですが、
 彼らの子どもは国籍が無く、公立校に入学できなくて大変だというのです。
 そんな馬鹿なと思ったものでした。
 子どもの母親は、間違いなく日本人だったのです。
 嘘だろ、と思ったものです。

 でも、本当に日本の法律は、そうなっていたのです。
 そんなに昔の話ではありません。
 昭和の終わり頃、三十年ちょっと前の話です。

 裁判の結果は否決です。

 判決文は難しい法律用語なども無く、
 解りやすい丁寧な文章でした。

 子どもの状況は気の毒ではあるが、
 父親が合衆国の国籍を取れていないのは合衆国の法に基づくものであり、
 日本国籍が取れないのは、日本の法に基づくものである。
 法を曲げるわけにはいかない。
 という趣旨でしたが、
 裁判官の真摯な心情がにじみ出ていて、大いに感動しました。

 その記事を読んで、感じる人は大勢居たのでしょう。
 判決から間もなく、日本の法律が変わりました。
 今では、母親が日本人なら、問題なく日本国籍が取れます。


 よけいなコメントの無い全文掲載。
 良い記事でした。


広く考え過ぎたかも★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

広く考え過ぎたかも


 ちょっと思いついた事があって、
 マスコミについて記事を書こうかと、
 あれこれ考えていたら、穴にはまった。

 マスメディアって何?

 【マス】は、集団とか大衆って意味らしい。
 【メディア】は、情報媒体。
 一般に使われるのは、いわゆるマスコミだ。

 単純に、大衆に対する情報媒体を考えてみた。
 思い切って、広〜く考えてみた。

 幕府や領主や役所からの御布令、現代でいうと官報とか公報。
 これも、大衆に対する情報媒体じゃなかろうか。

 次に、寺子屋や学校。
 情報を流し、受け取るための基礎的情報、いわゆる読み書きそろばん。
 これが無いと、情報は広がり難い。
 また、それにに加え、学問の基礎情報を流したりもする。
 教育とはいえ、広い意味で集団に対する情報媒体じゃないかしらん。

 そして、瓦版・読み売り。現代の新聞やラジオにテレビ。
 そうだね。前の二つを考え合わせると、これらは、情報という娯楽の提供だわね。
 娯楽だと思って付き合えば良いのかも。

 たまに、訳の分からない大騒ぎが起きますが、
 娯楽のお祭りなんでしょうね。
 後から考えれば不思議としか思えないような大騒ぎが起きます。

 ぱっと思いついたのは、「空白の一日」事件。
 江川卓投手の巨人入団を巡って大騒ぎになりましたっけ。
 江川本人が後に語っています。
 記者たちは、取材の時は、ちゃんと話を聞いてくれる良い人ばかりでした。
 それなのに、その人たちが書いた記事はでたらめばかりでした。
 あれは何なんでしょう。

 野球ばかりしている青年が、
 大企業が運営しているプロ野球界を、どうにかできる訳ないじゃん。
 そう思っていた大人も少なからず居たはずですが、
 マスコミは、かまわず大騒ぎを演じていましたっけ。

 娯楽なんでしょう。
 でも、ネタにされる方は、たまったもんじゃないですよね。
 それとも、プロ球団に避難の矛先を向けないための情報操作?

 私たちは、踊らされないように気をつけなくちゃ。 


報道しない自由とか★★★sado jo様へのお返事

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

「報道しない自由」と言っちゃっているようです


 加戸前愛媛県知事の発言をマスコミで見かけない。
 そういうコメントをいただきました。
 続きの閉鎖中審議で、加戸さんが自ら言及していましたよ。

 【報道しない自由】があるからと言って、
 マスコミは、加戸前知事の発言を流さないようにしている。
 ってことらしいです。
 あんなに面白いのに、もったいない。
 あ、そうそう、この時の発言も、ほとんど報道されていないみたいです。

 そんな勝手な事をして、いいのかしらねえ。
 自分の首を絞めてますよねえ。
 都合の悪い事は報道しないなんて、
 ますます信用されなくなるよねえ。

 今は、きちんと取材できる人材さえ集められれば、
 輪転機が無くても情報媒体を興す事ができます。
 有料配信というてもあるし、
 アクセスが増えれば、スポンサーもつくでしょう。
 一番大事なのは、【いかに信頼を得る事ができるか】になるでしょう。

 こうして時代が変わって行くんですね。

 繁栄を築いたものが落ちぶれて行く時って、
 自ら落ちることを選ぶものなんですね。
 勉強になります。


国会中継を見ていたら、頭が痛くなった★★★広く考え過ぎたかも

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

国会中継を見ていたら、頭が痛くなった。


 頭が単純にできている私には、ほとんどが意味不明でした。

 獣医学部は必要なんですよね。
 必要ないという話は出ていなかったように思います。
 私もそのように思います。
 なにより、五十年も新設されていなかったことに驚きました。

 昔、獣医に関してある噂を聞いた人が居ます。
 当時の事を考えると、五十二、三年前のことのようです。
 獣医はぼろ儲けができる。そんな噂です。
 この場合は、ペット獣医のことです。
 健康保険が無いから、全てが自由診療ですし、
 動物は文句を言いませんから、やりたい放題らしい……と。

 例えば、二回投与すれば効果が認められるはずの薬を、
 三回に分けて投与すれば、治療代を五割り増しにできる。
 そんな事をしている獣医が居るというのです。

 獣医が増えれば、そういう不埒者は淘汰されると期待できると思うんですけど。
 五十年! 増えていないんですよね。

 テレビ情報ですが、最近はペットロスが問題になっているそうで、
 飼い主のケアも大変らしいです。

 畜産関係では、鳥インフルエンザ・口蹄疫等、病気に対処するのはもちろんですが、
 今や「和牛」は国際ブランドになりましたから、
 ブランド価値を守る事も大事なんじゃないでしょうか。

 ペット医も畜産獣医も、どっちも増えて良いと思うのは、素人考えでしょうか。
 ねえ、獣医学会の偉い先生方。

 野党の人たちも、岩盤規制に穴をあける事には賛成らしいです。
 意味が分かりません。



 ニュースを見ていたら、
 オリンピックスタジアムの建設現場で働いていた人が、
 過労から自殺なさったそうです。
 スケジュールが押せ押せで、泊まり込みで働いている人たちも居るそうです。

 覚えていますか。

 最初のデザインが、予算の問題で着工が遅れに遅れていた事を。

 あのとき、阿部総理の鶴の一声で、デザインの見直しが決まりました。
 
 本来なら、オリンピック準備委員会とかが討議の上で決定するのが
 「筋」だったんじゃないんですか。

 「手続きが違う。運営がゆがめられた」
 そういう文句が、野党からもマスコミからも出なかったのは何故ですか。
 そんな事で揉めていたら、今頃どうなっていたのでしょうね。


 必要も無いのに、賄賂をもらって強引に作るということなら問題ですが、
 中継を聞いていても、そんな事は出てきません。
 必要だということは同意しているみたいです。

 乱暴な言い方になりますし、程度問題ではありますが、
 もしも、総理大臣の権限で強引に事を進めたのだとしても、
 万が一、そのために個人的な伝を利用したのだとしても、
 行政が良い方向に進むのなら、良い事なんじゃないかとさえ思いますけどねえ。
 

 中継を見ていて思い出しました。
 阪神淡路大震災の時のエピソードです。

 避難所に避難物資が届きましたが、
 避難民の数に足らないからと配布されず、
 腐って無駄になってしまった物があったとか。

 物資を寄付した人の善意
 避難所を調べて手配したり梱包したりした人の働き
 途切れた交通路の不便の中、苦労して運んだ人の努力
 それらが、いたずらに無になりました。

 避難所を管理していた人の誰かが、
 【筋】や【手続き】にこだわらずに、声を上げていたなら。
 そんな風にも思います。
 

参議院閉鎖中審議が★★★報道しない自由と

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

参議院閉鎖中審議が面白かった

 参議院の閉鎖中審議っていうんですか。
 証人喚問をしているところがテレビ中継されました。
 証人はお二人。
 前川前事務次官 VS 加戸前愛媛県知事

 座右の銘は「面従腹背」です。
 と臆面もなく言っちゃう胡散臭さ満載のおっちゃん(笑)が、
 手続きがおかしい。行政がゆがめられている。
 と、他人を小馬鹿にしたような顔で言ってました。

 すいません。個人的な感情が入りました。
 「面従腹背」とか、大っ嫌いです。
 正面から文句を言われたら、
 喧嘩を買うなり謝るなりしますが、
 分からなければ対処のしようがありません。
 こういう人とは付き合いたくないです。

 に対して、

 まっすぐに突き進んできたんだろうなあ、という感じの爺様の名調子。
 加戸節と言いたい。
 他の人の発言をうっかり忘れそうなインパクトです。

 現在、獣医の98パーセントは箱根から東側に居る。
 鳥インフルエンザ、口蹄疫、狂牛病と、
 次々起こる問題から国民の食物の安全を守るために、
 愛媛県にも獣医師が欲しい。
 しかるに、獣医師会は、要請しても鼻も引っかけてくれない。
 ほんとに、鼻も引っかけなかった。
 (大事な事だから二度言ったのではなく、
 怒っちゃったから、一度では気が済まない……って感じ?)
 獣医を募集しても、来てもらえない。
 獣医学部を作りたいと、何度も要請・申請しても駄目だった。
 やれる事は片っ端からやった。
 そんなとき、幸いな事に、県議会議員と加計学園の事務局長がお友達だったので、
 協力してもらう事になった。
 それの何処が悪いんですか。

 加計学園が申し出なければ、話が具体的にならなかったということなのでしょう。

 加戸節炸裂!
 「加計学園ありき」は、ここ一年二年の話じゃないんです。
 十年、ずうっと「加計学園ありき」で来たんです。
 行政特区が岩盤規制にドリルで穴をあけてくれて、
 本当に感謝している。

 今回のことで、行政がゆがめられたのではなく、
 ずっと歪んでいた行政が、やっとまともになったのです。


 わっはっは。
 マスコミが、また喜んで、
 県会議員と事務局長が<お友達>とか騒ぐんだろうなあ。


戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア