RSS

あなどれない箱


 箱は、概ね開けなければ中身が見えません。
 うれしいプレゼントが入っていることもあるけど、
 開けて悔しい玉手箱、ということもあるわけです。

 「箱」といったら思い浮かべた箱が三つありました。
 まず、パンドラの箱。
 ギリシャ神話に出てくる有名な、あの箱です。

 プロメテウスが天上の火を盗んで人間に与えたことに怒ったゼウスは、
 火の恩恵を思い知らせるために、美しく魅力的な人間の女を作らせました。
 パンドラです。
 火の恩恵と相殺されるのが女って。オイオイ。
 古代ギリシャ人は、女を相当厄介な存在だと思っていたようです。
 それってどーなんでしょう。
 女の身としては、納得しがたいものがあります。

 手みやげに、決して開けてはいけないと箱を渡して、
 プロメテウスの弟エピメテウスに送ります。
 開けるなと言われれば開けたくなるのが人情です。
 浦島太郎は、絶望に打ち拉がれるまで玉手箱を開けませんでしたが、
 パンドラは「あらあ、だって気になるわよね」と開けてしまいます。
 うん、厄介かもしれません。

 箱からは、ありとあらゆる厄災が出てきちゃいます。
 あわてて閉めたので、箱の隅に「希望」だけが残りました。
 そういうお話です。

 この世の厄災は、女のせい?
 んなわけ無いだろ! と言いたい。


 「星の王子様」に出てくる箱も気になります。
 飛行機乗りの「ぼく」が砂漠に不時着したときでしたっけ、
 星の王子様に、羊の絵を描いてと言われ、描いてはみたものの、
 「そんな羊じゃない」と難癖をつけられたあげく、
 面倒になって描いた箱です。
 その箱には、小さくて長生きする羊が入っているらしい。

 箱は、時に、オールマイティの力があるらしい。
 いいんかい。


 よく分からないのが、猫が入っている箱です。
 シュレディンガーが入れたらしい。
 量子力学の思考実験らしい。
 猫の他にも、ラジウムとガイガーカウンターも入っているらしい。
 おまけに青酸ガス発生装置まで入っているとか。
 物騒な箱なのです。

 粒子の確率分布と観測結果の矛盾が問題らしい。
 重ね合った状態と確率解釈の問題だったりするらしい。

 箱を開けてみるまで、猫の運命は分からない。南無。

 
 あなどれぬ 箱を眺めて 夢一夜  (しのぶもじずり)


「えっち」について★★★何を考えているのでしょう 謎です

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

花だね


 春だね


 我が家のベランダに咲いている子たちです。
 久々の画像です。

薔薇★★★盆栽もどき


戻る★

「えっち」について


 ネットを見ていたら、
 「まち針」を「待ち針」と書いてあるのがあって、
 あれっ? と思ったのでした。

 年寄りに聞くと、昔は「小町針」といっていたらしいです。
 商品のパッケージに「小町針」と書いてあるのもあったみたいです。

 六歌仙にもなっている小野小町の小町らしいです。
 小野小町は、深草少将をはじめ、ことごとく男を振ったことから、
 小野小町は穴無しだったんじゃないかと言う下世話な冗談が
 江戸時代に流行ったらしい。

 穴が無い針だから「小町針」
 そういうことらしいです。
 案外日本人て、こういう ちょっとひねった言い回しが好きですよね。

 さて「えっち」ですが、
 戦後ベビーブーム生まれの、いわゆる団塊の世代が小学生から中学生になる頃
 といいますから、およそ今から五十五〜六年前でしょうか。
 子どもたちの間に流行った言葉らしい。

 その頃になると、外国の映画やドラマでキスシーンを見ることも当たり前になっており、
 国産の映画でも、キスシーンごときで大騒ぎもしないようになっていました。
 子どもだって見ることがある訳で、興味津々。
 よく分かってないけど、それとなくリビドーを刺激されたのでしょう。
 なんかいやらしい。なんかドキドキする。
 でも「すけべ」という大人の言葉にはたどり着けなかった子どもたちが、
 使いはじめて、あっという間に流行りました。

 その心は HENTAI の頭文字 H です。
 子どものすることですから、ひねりが足りません。

 えっちな話でした。


不適切な表現★★★あなどれない箱

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

不適切な表現


 古めの映画がテレビで放映された時、
 近頃は、最後にアナウンスが流れたりします。
 「作中、不適切な表現がありましたが、
 作品を尊重し、そのまま放送しました」
 みたいな。

 どれが不適切な表現だったのか分かったためしがないけど、
 まあ、いいことなんじゃないでしょうか。


 1963年の映画で「拝啓天皇陛下様」という映画があります。
 わりと評判が良かった作品みたいです。
 無学な男と後に小説家になるインテリが織りなす
 軍隊生活と戦後を描いたコメディータッチの映画です。

 だいぶ以前になりますがテレビで放映されたのを観ました。
 戦後の場面で、台詞にピー音がかぶせられました。
 ある場面では、ピー音だらけになって、驚くやらおかしいやら。
 訳の分からないシーンになっていました。
 果たして、ピーで消された言葉が何なのか、
 ものすごく気になりました。

 鋭い観察と推理の結果「労務者」もしくは「日雇い労務者」が、
 ピー音で消された言葉と判明しました。
 無学な男が、最後に事故に遭い、小さな新聞記事が画面に出るのですが、
 そこに「労務者」と書いてあったのです(笑)

 今風にいえば、非正規雇用の肉体労働者というところでしょうが、
 当時は、ごく普通に使われた言葉らしいです。
 いつのまにか放送禁止用語になってしまったのでしょう。
 でも、「労務者」を「非正規雇用の肉体労働者」に差し替えたら、
 終戦直後ではなくなってしまいます。

 言葉は時代と共に生きていますから、
 時には、言葉一つで時代を表現することもある訳で、
 ピーピーやれば済む話じゃないですよね。

 そこんところに気がついてもらえたなら、うれしいです。
 

有名歌手の担任★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

有名歌手の担任


 前の記事にたくさんのコメントをいただきました。
 それで思い出したことがあります。

 昔、横浜の中学校に、ハーフの少女がいました。
 学校の成績は悪かったようです。
 <彼女>は歌手になり、大ヒットしました。

 <彼女>の担任をしたことがある教師は、
 <彼女>が、いかに勉強のできないおバカな子だったかを、
 面白おかしく生徒たちに話したらしいです。

 以下は、当時テレビ局のディレクターだった人から聞きました。
 <彼女>は、物覚えが悪く、しかし、それを充分に自覚していたらしいです。
 誰よりも熱心に練習していたらしいです。
 特に新曲のときなどは、新人のバックダンサーよりも早くテレビ局に来て、
 必死に振り付けを練習していたようです。
 半分泣きながら、がんばる姿を見たと言います。

 次々ヒット曲を出し、日本中の人気者になり、
 <彼女>の歌と踊りを、プロアマ問わず真似をする人も出ました。
 歌番組にもよく登場しました。
 歌番組には、何人もの歌手が出演しますが、
 他の歌手が歌っている時には、案外真剣に聞いたりしないそうです。
 他の歌より、自分の歌、自分の出番が大事でしょうから、
 そういうものなのかもしれません。
 でも、<彼女>が歌うと、他の歌手たちが注目したんだとか。


 一方、件の教師は、
 入学してくる生徒を相手に、<彼女>がどれだけ馬鹿な子だったかを、
 飽きもせずに、毎年毎年吹聴していました。

 何故私が知っているかと言うと、
 その中学の卒業生に知人が居るからです。
 その人は、心底嫌そうな顔で、件の教師を馬鹿にしていました。
 他にも、うんざりしていた生徒はたくさんいたようでした。


 物覚えが悪いというハンデを努力で克服し、
 ライバルにさえ注目させる迫力に変えた歌手がいました。
 それを小馬鹿にし続けた教師がいたことは、
 本当に残念です。




 困っちゃうな〜〜♪


ありがちなこと★★★不適切な表現

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア