FC2ブログ

 ・クロウ日記 二 ・クロウ日記 一

RSS

カテゴリ:クロウ日記のエントリー一覧

  • クロウ日記 二

     マホロバ王国 ホヒコデ王の 第四王子として生を受けた クロウは、  幼い頃から 紛れもなく 美少年だった。 美少年が そのまま 美しい青年に育つ とは限らない。 二十歳過ぎたら ただの野卑な阿呆面(あほうづら) ということも、 ままあることだ。 しかし クロウの場合は、 長ずるに従い ますます美しさが際立ち、 いっそ恐ろしい といえるまでに 成長した。 空を飛ぶ鳥が、 クロウの美しさに 驚いて落ちた、 という 怪しげ...

  • クロウ日記 一

     およそ自然界においては、 雄のほうが はるかに美しい。 百獣の王、 獅子の勇姿を象徴する鬣(たてがみ)も 雄のものである。 優美な鹿の頭上を飾る 見事な角も、雄鹿のみが 持つ。 鳥類でも 孔雀をはじめとして、  より華麗な彩りの羽をまとっているのは 決まって雄のほうだ。 求愛の踊りを踊る鳥も、 身を震わせて啼く 虫たちも、 見栄えのしない雌に対し、命の限りを尽くして 愛の告白を 繰り返す。  闘魚 と呼ばれる魚...

≪前のページ≪   2ページ/2ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア