RSS

まど みちお

 まど みちお
 童謡「ぞうさん」の作詞者である。
 母さんのお鼻も長いのよ、というあれだ。
 「日曜美術館」を見て、恥ずかしながら、初めて作詞者の名前を知った。
 名前は知らなかったが、作品は知っている。

 我が妹は、子どもの頃「やぎさんゆうびん」が大好きだった。
 白やぎさんと黒やぎさんの間で、
 果てることなく続くであろう手紙のやり取りが面白い。
 いつまで続くんだろうと心配にもなる。
 大人になって歌ってみても楽しい。

 手紙のやり取りがあっても、肝心の用事は果たされないままである。
 良いんだろうか。
 白やぎさんも黒やぎさんも、届いた手紙を読まない。
 でも、しっかりとお腹に入れてしまう。
 コミニュケーションが成り立っていないように見えて、
 やり取りがあった事実は確かである。
 何しろ食べているのだから。
 年賀状も暑中見舞いも、しっかりと意味があるのだろう。
 出して、受け取る。その事実に意味があるのだろう。
 そんなことを思った。

 意思伝達そのものは、いつも不確かかもしれないが、
 伝えようとする気持ちは残るのだろう。

 さて、白やぎさんが最初に出した手紙の「ごようじ」は、
 永遠に謎だ。
 それも楽しい。


W10をめぐるすったもんだ★★★やぎさんゆうびん

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3208:あ、妹さんと一緒 by 大海彩洋 on 2015/09/28 at 00:24:14 (コメント編集)

私も友人の1人も、子どもの時から「やぎさんゆうびん」が大好きで、学生時代、その話で盛り上がったことが。
あれは世の中の真実を語っているような気がいたします。途中からはきっと、しろやぎさん自身も最初の手紙に何を書いたのか、覚えていないんだろうなぁ。いや、あるいは白紙説もありかな。

3209:Re: あ、妹さんと一緒 by しのぶもじずり on 2015/09/28 at 19:11:37 (コメント編集)

大海彩洋さま いらっしゃーい。
そんなに美味しい手紙だったのかとか、
白やぎさんと黒やぎさんは、いつもパラペコだったのかとか、
いろんな想像や推理が出来ますよね。
うん、盛り上がりそうです。

3210:隠し味 by める 川*´v`*川し on 2015/09/28 at 20:45:32

しのぶさん こんばんは
ヨーロッパの何処かの国で、新年かクリスマスか
忘れましたが、親しい人に四つ葉のクローバーを
送る風習があるらしいです。
手紙に添えてもOKなので、そんな手紙でしたら、
ヤギさんがより美味しく頂ける隠し味になるのでは?

3211:Re: 隠し味 by しのぶもじずり on 2015/09/28 at 21:17:05 (コメント編集)

める 川*´v`*川し さん こんばんは。
クローバーの隠し味ですか。いいかもしんない。
もっと固い葉っぱの方が好きらしいですけど、クローバーも食べるみたい。
あ〜、いかんいかん。
花より団子の私を基準にしたら駄目なのね。
ロマンよね。ロマン。

3217:手紙のお話 by 月の住人 on 2015/10/03 at 00:57:29

手紙を食べたことが驚きでした。

3220:Re: 手紙のお話 by しのぶもじずり on 2015/10/03 at 17:43:23 (コメント編集)

月の住人様 いらっしゃいませ。
ん〜、「うっかり」なんでしょうね。
他に動機が見当たりません。
「うっかり」は最強?(笑)

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア