RSS

ずぼらなユン、やぶれかぶれ 3−13


 翌日、星来は大学を休んだ。
 連絡をしてみると、しばらく休むとのこと。
 火梛も 姿を見せない。
 何してるんだろう。

 我が家には 平穏な日々が戻ってきたが、世間では大騒ぎだった。
 二人と会えない日々の間にも コメダワラ事件は続いていたのだ。
 あの料亭飯綱瑞祥庵が つぶれそうになっていた。
 産地直送と謳っていた食材は、普通の市場から値切って仕入れたものだった。
 最高級梅竹牛肉も、
 余波(なごろ)地鶏も、
 印旛湖(いんばこ)豚も嘘だった。
 魚介類にいたっては大嘘だった。

 やっぱりそうだったのか というしかない。
 仕入れ伝票やらなんやらの証拠が、
 流通監視委員会に コメダワラ作品の切れ端と共に送られてきたらしい。
 報道各社にも写しが届いた。
 老舗で腕を認められたという板前さんも、
 実は三日で辞めていた という事実が添えられていた。

 さらには 人気作曲家コモドオオトカゲの家に泥棒が入った、
 というニュースが流れたが、
 後日、この事件もコメダワラ事件と発覚した。
 現場に コメダワラの切れ端が残されていたのだ。
 作曲用の電子頭脳作業配列設計が、
 保存領域ごと消えていた ということらしい。
 この事件が大醜聞になった。

 それは、一昨年亡くなった音楽好きの いかれた科学者、
 下北沢博士が 趣味で作ったものだとバレタのだ。
 発表前に博士が急死したのをいい事に、
 試作品を手に入れていたコモドオオトカゲが、知らんぷりで使っていたのだ。
 音楽科の連中の間では、
 彼の曲は怪しい、よく出来ているが機械的な匂いがする、
 と以前から噂になってはいたらしい。

 ちなみに 下北沢博士の死因は事故死。
 時空移動機の実験中に、事故を起こしての爆死だったという。

 星来がいない。
 ましてや火梛もいない私の生活って、なんて地味なんだろう。
 近所のいじめっ子に説教したり、
 隣町から出張ってきた不良集団を潰すくらいしか 楽しみが無い。

 そんな事を思いながら 日々を送っていたある日。
 その日は 一日中一般教養ばかりだった。
 よく分からない授業内容との不利な戦いに敗戦を喫しつつ、
 やがて 力点が睡魔との闘いに移行して、
 これにも敗色の色が濃くなったと思われたとき、
 後ろから ぽんと背中を叩かれた。

「では、今日はここまで」という先生の声と、
 一斉に立ち上がるバタバタとした音に囲まれて、戦いが終わったことを知った。
 振り向くと 星来がいた。


戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2809: by キョウ頭 on 2015/02/23 at 21:19:46

「隣町から出張ってきた不良集団を潰すくらいしか…」
ユンが番長キャラだったとは、思ってもみませんでしたw

にしても、ナゼにコモドオオトカゲ…。
身長が4メートルぐらいある作曲家さんなのでしょうか?

2810:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2015/02/24 at 18:40:10 (コメント編集)

あれ?
町のお祭りとか、ちょっとした行事の時なんかに、
隣町からちょっかいを出してくる悪ガキたちを、つぶして追い返したりしませんでしたか。
番長というほどのことではないですよ。

「コモドオオトカゲ」は、「キダ・タロー」とか、「つんく」みたいなものです。
本名ではないと思います。芸名? もしくは筆名? みたいなものです。
人間です。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア