RSS

犬派のねこまんま 33である

<私はネズミを殺したことがある>

 小学校の二年か三年の事だった。
 我が家に ネズミが出現した。
 穀倉地帯のド田舎なので、珍しい事ではない。
 母は ネズミ取りを仕掛けた。
 かかった。

 さて、そのネズミである。
 捕まえたは良いが、 ネズミ捕りの籠の中で生きている。
 最終的に、 殺さなくてはならぬ。
 全くの野生であり、 可愛いとも思えず、 ペットにする気はないし、
 せっかく捕まえた 迷惑な奴であるからには、 逃がすなどは論外だ。
 わが母は持て余した。
 そこで、 吾輩にお鉢を回したのであった。
 籠ごと川に沈めて 殺してこい、 と。
 吾輩は唯々諾々と従った。
 父は長期で出払っており、 他に方法が無い。
 父が不在の場合、
 女ながらも 長子である吾輩がやるしかない、 と判断したのだった。
 けなげである。
 誰も言ってくれないので 自分で言う。
 けなげである。

 水の中で、ネズミは暴れた。 もちろんである。
 断末魔の苦しみが、 籠を持つ手に伝わった。
 必死に押さえて 使命を果たした。
 なんとも言えない や~な気分だった。
 虫なら 葛藤もなく殺せるお年頃だ。
 蚊もゴキブリも 一撃必殺だ。
 ミミズや蝶や蜻蛉、などなども あまり気にせず殺したような気がする。
 初の哺乳類である。
 けっこう ビビった。

 そんな経験からだろうか、 ネズミは苦手である。
 世界一有名なネズミのキャラクターも、 可愛いとは思えない。
 アニメ作品を毛嫌いするわけではない。
 「魔法使いの弟子」 は名作だと思う。
 しかし、 キャラクターは、特に好まない。
 何故世界中で あんなに人気があるのか、 理解できない。

 唐突ではあるが、 マイケルジャクソンは好きだ。
 かなり好きだ。
 彼が映画「ベン」のテーマソングを歌っている。
 14歳のマイケルが歌う 繊細なハイトーンボイスがとても良い!

 ということで、 映画「ベン」を観た。
 いや~もう~、ねえ、 ネズミが出るわ出るわ。
 クライマックスシーンのネズミの大群。
 そんなにたくさん出さなくても良いんじゃないかってくらい、 出る。
 ネズミ好きにはたまらないのかもしれないが、
 単純なストーリーなのに、 観終わって疲れた。
 たぶん、 疲れたのは吾輩だけだ。


 一時期、 首都圏付近で、事あるごとにネズミを見たことがあった。
 ニュースにもならなかったが、
 かなり大量発生していたのではないかと推測している。
 近頃では見かけないので、 おそらく 何らかの対策を立てたのでろう。
 よく地下鉄の駅構内で、 線路の陰を走っていたりした。
 私鉄駅に近い喫茶店の天井で、 運動会をしている足音を聞いた。

 ある時、 ターミナル駅に隣接している地下街の軽食店で、
 足元に 子ネズミがいたことがあって、
 さすがに ちょっと悲鳴を上げてしまった。
 子ネズミは素早く逃げた。
 あいつらのすばしこさは半端ない。
 ゴキブリに匹敵する。
 早さは、 時に脅威でもある。
 さして混んではいなかったが、
 他の客の注目を集めてしまったので、 謝罪した。
「すいません、 何でもないです。
 足許にネズミがいただけです。 お騒がせしました」
「ベン」を観たことで、 トラウマが いくらか解消されたのだろうか。
 その頃には、 それなりに落ち着いた対応が可能になっていた。
 他の客は全員、 店を出ていった。
 まあ、 そうだろうな。

 これも推測だが、 線路伝いに広がっていたのではなかろうかと思う。
「ネズミ算式に増える」という言い方があるくらいだ。
 増える時は 一気なのではなかろうか。
 いまのところ、 吾輩の暮らす町では大丈夫そうである。



32へ☆☆☆34へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2682: by なになにこ on 2014/12/13 at 19:48:56

小学校低学年で よく頑張られましたね。
私は したことはないのですが 
その光景うちの方でもやってましたね。
思い出しました。

2683: by LandM on 2014/12/14 at 09:45:44

・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・・・・。

ネズミを見るたび思い出す。
ディズニーでネズミが出てくるからなあ。。。
生殺与奪は人の常とはいえ。
トラウマは誰でもあるものですね。

2684:Re: なになにこ様 by しのぶもじずり on 2014/12/14 at 10:08:35 (コメント編集)

頑張りました。
哺乳類を殺す感覚というのは、虫とは全然違いますねえ。。
抵抗できないのを一方的、というのが、また、嫌だったのかもお知れません。
襲ってくるネズミを返り討ちなら、案外平気だったのかも。
狩りとも違いますしね。
やる気になれば、人間は残酷なことができるものです。

2685:ネズミを叩いて焼いた事もある(残虐注意 by miss.key on 2014/12/14 at 10:08:50 (コメント編集)

 そこはそれ、慣れですよ慣れ。ハエを叩いて殺した事数知れず。日常茶飯事。蚊取り線香は夏の風物詩。豚の蚊取り器は風情が有りますなぁなんて、蚊の大量虐殺。ついでにわたくしチキン大好きにて生涯に何千羽の鶏を犠牲にするか見当もつかず。ネズミ位何ぼのもんだ(笑。
 昔の古い家にはネズミがよく出まして、ハエ叩きで叩きのめした事も何度かあります。台所のフライパンを入れた袋に迷い込んだ、まさに「袋のネズミ」をそのまま閉じ込めて、五右衛門風呂の窯に放り込んで火をつけた事るありますぞ(うわわわわ)。気にしません。ネズミが多産なのはそういう運命が数知れずある事を想定したものです。命の重さって奴は同じではないのですな。残念ながら。

2686:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/12/14 at 10:17:46 (コメント編集)

トラウマといっても、軽いものだったのでしょう。
パニックになるほどではないです。
ただ、ネズミは好きになれません。
あまり好き嫌いは無い方なのですがね。

2687:Re: ネズミを叩いて焼いた事もある(残虐注意 by しのぶもじずり on 2014/12/14 at 10:58:01 (コメント編集)

miss.key様 
戦って殺したのなら、また違ったと思います。
世界は弱肉強食ですから。
食べる為に鶏の羽をむしるのは平気でした。
抵抗できないやつを嬲り殺しというのが、気に障ったのだと思います。
年齢も七、八歳ですし、初心だったのでしょう。

2688: by sado jo on 2014/12/14 at 15:17:21 (コメント編集)

同様の経験をいたしました^^
死刑執行(溺死)の際に随分「チュー、チュー!」暴れますよね。
子供心に面白がって見てた様な気が…いや、今思えば、子供って結構残酷なんですね~
今は虫も殺しません…って、夏場は随分ゴキブリ退治をしてる様な気が(笑)

2689:ねずみ^^ by lime on 2014/12/14 at 16:23:58 (コメント編集)

田舎に住んでいれば、そんな経験もしょっちゅうですよね。気持ちのいい体験ではないですが、そうやって、生きることとか、理不尽さとかに折り合いをつけていくんでしょうね。
しのぶさん、ネズミ、苦手なんですね。
あれも、けっこう凶暴な生き物で、うっかりすると噛みつかれてしまいます。
避けて生きたほうがいいかも。
私はそれでも、けっこう好きだったんですが^^;でもネズミには悲しい思い出がありまして。話すと長くなるので割愛しますが・・・。
あ、ハムスターはどうですか?
ネズミは嫌いでも、ハムスターが好きと言う女の子は多いように思えるんですが。
どうなんでしょう。

2690:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2014/12/14 at 16:24:48 (コメント編集)

かなり暴れます。命がけですものね。
必死に押さえている手に、暴れようが直接伝わるのが、
ねっ、何ともいえません。
殺している実感が、生々しいです。

ゴキブリを、うっかり素手で捕まえたことがありますが、
握りつぶすのは、できませんでした。気弱なネコジャラシです。

2691:Re: ねずみ^^ by しのぶもじずり on 2014/12/14 at 16:46:59 (コメント編集)

lime様
「ベン」を観たせいか、
案外飼えば、可愛いのかもしれないという予感がしますが、
あえてネズミを飼いたいとは思いません。

妹がハムスターを飼ってました。逃げられました。
見つかりませんでした。
私はノータッチでした。何もしていません。
ウサギは、思っていたよりのんびりしていて良い感じでした。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア