FC2ブログ
RSS

赤瑪瑙奇譚 第七章――7



 イマナジが、 うっすらと笑みを浮かべていた。

 その昔、 モクドの巫女になる為には、
 皆 『妖精王の瞳』 を身に飾り、 真の姿をさらす試練を 受けねばならなかったのだ。
 いつしか その力は失われていたが、 モクドの宝には 違いない。
 長い戦乱の中で 行方不明になっていた宝玉と巡り会えた。 喜びの笑みだった。

 だが、 占いは やっぱりハズレだ。
 ユキア姫には 必要ない。
 この姫は 自分自身の中に、 しっかりした 『瞳』 をすでに持っている。

 人は 誰でも 持っているのだ。
『己(おのれ)自身の 瞳の種』 を。
 見つけて 育てる気さえあれば、 翠の宝玉が持つ 奇跡の力は 万人のものだ。

 メギドの末娘は、 これから 美しくなっていくだろう。
 ツクヨリの姿もまた、 己が育てたものに他ならない。

「何故、 何故だ。
 後から生まれたという ただそれだけで、 兄上のような戦馬鹿に、 私がことごとく 負けねばならぬのだ」
 しぼり出すような 恨みのこもった声だった。

「分からん」

 カムライの 簡単すぎる答えに、 ツクヨリは さらに激怒した。
 手首に巻いた首飾りを、 むしり取り、 投げつける。
 反射的に手を出して 捕まえたメギドが、 慌てて 卓の上に置いた。

 ツクヨリが、 剣に手をかけた。
 ユキアを庇うように 前に出たカムライが、 静かに言った。
「戦馬鹿の剣に 勝てるのか」
 指摘されるまでも無い。
 ツクヨリが、 剣で カムライに勝てたためしは なかった。

「うわあ――っ」
 ツクヨリが、 悲痛な叫び声を残して 飛び出して行き、 去った。

 残された静寂の中で、 メギドが力なく くず折れた。
「メギド公、 今、 配下の衛士が、 城に知らせに走りました。 覚悟してください。
 それから姫、 怪しいものを わざわざ口にしないでください」
「どなたが止めるのか 知りたくて。 でも、 あれは 一口くらいなら死にません。
 止める人がいなければ、 不味いと言って やめるつもりでした」
「あの茸を ご存知でしたか」

「はい、 以前教えてくれた人がいました」
 ホジロである。
 この庭の隅に生えていたのを持ち帰って 見せたら、 ホジロに叱られたのだった。
 ツクヨダケ、 自分と似た名前の茸を、 ツクヨリは 知っていたのだろう。
 この屋敷の庭に生えていることも、 おそらくは……。
 度々出入りしていた王子の指示に、 料理人は 逆らえなかったものとみえる。

 本当は 食べても意外に美味しいらしい。 しかし、 猛毒である。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
219: by 十二月一日 晩冬 on 2012/06/30 at 20:41:20

ツクヨダケが気になりますw
どんな味でどんな見た目なのか・・・ツクヨリみたいなのは名前だけですよねw

220: by lime on 2012/06/30 at 21:33:24 (コメント編集)

6、7話、特にドキドキしました。
ツクヨリ、何かしでかすと思っていましたが・・・。
でも、なぜかツクヨリに、少しばかり同情してしまいます。
先に生まれていたら、・・・と、誰しも思ってしまいますよね。
そんな思いが、ひねくれた心を育ててしまったのかも。

どちらにしろ、ユキアに、本当に恋心があるのだとしたら、
やっぱり可愛そうな気が・・・^^;

221:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/06/30 at 23:06:18 (コメント編集)

ごめんなさい。ツクヨダケというのはありません。

ツキヨダケという毒キノコはあります。
闇夜で光るから、こんな名前なのでしょうか。
よほど運が悪くなければ死なないようですが、ひどい目にあうらしいので、気をつけましょう。

222:Re: jime様 by しのぶもじずり on 2012/06/30 at 23:14:39 (コメント編集)

やっと、ファンタジーっぽくなってくれました。
可哀相と思っていただけたなら、うれしいです。 (やっぱり、私は ドS?) e-351

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア