RSS

ずぼらなユン、やぶれかぶれ 第一章ー1

 胡枇最大の百貨店 星白(ほじろ)屋前の広場に、 息せき切ってたどり着いたときは、
 集合時間ぎりぎりだった。
 早めにやって来た 開店を待つ客たちが、 すでに三々五々集まり始めている。
 定休日開けの乙日だから、
 星白屋の催事が新しくなるのを目当てに、 いつもより人が多い。
 屋上から
 『コメダワラ・リュウの世界』 と開催日程が派手に書かれた 垂れ幕が下がっている。
 催し物のお知らせは 常時 大きな電光掲示板に流れているが、
 古式ゆかしい垂れ幕方式のほうが、 何といっても目立つ。
 止められないところだろう。
 何しろ 商売上手で有名な 星来の一族が経営しているのだ。
 見た目のかっこよさより 実利を重んじた なりふりかまわぬやり方は、
 ご先祖様からの伝統に のっとっているらしい。

 入り口で開店を待っている人々の中に、
 場違いっぽい汚い学生が 集団になっている場所を見つけて急いだ。
 うちの科は 何せ少人数だから、 遅刻なんてしようものなら目立って仕方がない。
 出席をごまかすなんて不可能なのだ。

「ちょっと、ちょっと、 全員来てる?  虚維(そらい)、 あんた遅いわよ。
 いつもやることがノロイわね。 ちゃっちゃとしなさい」
 あはっ、 また怒られた。
 わめく加太和布教授の声に 振り向く人がいる。
 どこかで聞いた声だと 思い当たるのかもしれないが、
 コロコロした姿を見つけると、 不思議そうな顔をしながら視線を戻す。
 テレビで聞いた声の印象と 姿が一致しないのだろう。

「十一人いる?  十人しか居ないじゃないの。
 来てないの誰!」
 加太和布先生の頭から もう一つの頭が生えていた。
 とっ君である。
 先生の真後ろに立っていたのは、 我が科では三人しかいない男子の一人だ。
 『とっちゃん』 とうっかり間違えて呼ぶと、 風雲急を告げることになるので、
 呼ぶ時は神経を使う。
 なんせ 見るからにとっちゃん坊やなのだ。

 三流に位置する芸大の 美学・美術史学科などに通う男子であるからには、
 三人とも 得体の知れない連中だ。
 興味をそそられて 志望動機を聞いたことがあったが、
 わけが分からんかったり、 意味不明だったり、 ちんぷんかんぷんだったりしたものの、
 どうやら、 全員が理論武装目的の、 好き勝手に妙な絵を描く 変態ばかりらしい。
 もしかして、 私と同じ? 
 いやいや、 私は もちろん変態じゃない。
 三人とも 私と違って 着々と理論武装を固めつつあるからには、
 やっぱり変態に違いないと睨んでいる。

 とっ君は 饒舌だ。
 加太和布先生の影響なのか、
 自分勝手に、 意味不明の「ありえないだろう理論」を 機関銃のように連射して煙に巻く。
 うっかり 『とっちゃん』と呼んでしまった哀れな級友が、
 果てしない連射の餌食になり、 大学を去った。

 対して おっ君は無口だ。
 無口な人間が理論武装すると 禅問答になる。
 彼は 『おっさん』が禁句だ。
 これも 見るからにおっさん面(づら)なので 要注意である。
 無口をあなどって、 論争を仕掛けた奴が 自信たっぷりに一言 言い返され、
 意味が分からないまま 気になって夜も眠れなくなり、
 神経症に陥って 大学を去った。

 間貫(まぬき)君は その二人のちょうど中間だ。
 もう一人 我が校を去った。 ナミアムダブツ。

 かくして 最初は十五人居た 美学・美術史学科は、 今や十一人しか居ない。
 残る一人は 受講説明会の後、 すぐに消えた。
 理由は不明である。
 何でだろう。 ちょっと気になる。

 一方、 女子学生のほうは、
 絵は好きだけど下手だから、 理論を勉強すれば 少しはましな絵が描けるかも、
 という「前向き思考は認めるけど望み薄だわねそりゃ派」 一名と、
 芸大生って なんかお嬢様っぽくて モテそうな気がするじゃない、
 の「アクセサリー派」二名と、
 大学には行きたかったけど 難しいのは嫌いなの、
 だから 楽そうだし、競争率の低いとこ探したのよ、 という「確信犯派」三名、
 そして、 「なんとなく成り行き派」一名 に分類できる。

 どれも まともな志望動機である。
 私も近頃は、 聞かれた時に、 そのうちのどれかを拝借することにしている。
 ちなみに、 美学・美術史に興味があって、 という人は、
 間違いなく 他の大学校に行く。
 そんな十一人が 無事 加太和布教授のもとに集まった。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2588: by LandM on 2014/10/26 at 07:24:24

学術においてなんとなくは大切です。
(*´ω`)
本能に従っているともいえますからね。
私も結構それに近いですし。

2591:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/10/26 at 10:29:27 (コメント編集)

なるほどなるほど。
でも、ほったらかしはまずいような気がします。
なんとなくは、あくまで出発点じゃないでしょうか。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア