RSS

姫様爆走中 9(完)

 さて、 夕闇が降りると、 甲姫と平蔵の祝言が始まった。
 めでたく固めの盃も済み、 祝辞が述べられ、 いよいよ宴席となった。

 まずは 重臣の一人が 祝いの舞いを舞った。
 毎度おなじみの演目である。 バカの一つ覚えともいう。
 当人は、 これが無ければ宴席が始まらぬ と固く信じている。
 和やかなうちに 祝い膳が次々と運ばれ、
 ありがちな出し物が 二つ三つと進んでいき、 ほどよく酔いも回り始めた頃、
 南蛮渡来の巨大な四弦琴を抱えた剛手が 登場した。
 珍しいものを目にして、 その場の一同は 興味深く注目した。

 剛手は 大きく深呼吸をして、 弓を構え、 おもむろに演奏を始めた。
 グギギギ―― ギューン ガリガリガリ
 聴衆は うろたえた。
 どう理解したらいいのか 分からない。
 初めて耳にする 面妖な音であった。
 さすがは南蛮渡来。 上手いのか下手なのかさえ判断できない。
 和やかに進んでいた談笑が、 ぴたりと止まった。
 隣と顔を見合わせ、 なんなんだよこれ的な表情を見かわすばかりだ。
 戸惑いに充ち溢れる中、
 ギュギュ――ン バリバリ ギュギュ――――ン
 が何度か繰り返された その時であった。

 ドコドコドコドコ ドドドドン ド――ン
 太鼓の音が加わった。
 巨大な太鼓に向かって 撥を振るっていたのは、
「どこから出てきた為五郎!」
 宴席から 一斉に発せられた言葉の通り、
 あくまで無表情な為五郎だった。

 ギコギコ ギギギ―
 ドドドン ドンドコ
 ギュギューン ゴリゴリ
 ズドドドドドドン
 ギ――――ッ ギュギュギュン ギュルルルル―― ゴリッ
 ドドンドンドン ズダダダダ――ン ドドスコ ドドスコ ズンドコド

 頭の中と五臓六腑にしみわたる演奏は、
 もはや 上手いとか下手とかは どーでもいいところにまで達して、
 宴席を震え上がらせた。

 ズギューン ドドン

 終わった時に訪れた 形容しがたい静寂の後、 怒濤の拍手が沸いた。
「何か 人生観が変わった気がします」
「今まで生きてきて、 いま、世界の不思議に改めて気がつきました」
「いや、分かんないけど、すごい。 全然分かんないけど」
「ギュルルルル―― のところが良かったんじゃないか。
 魂が でんぐりかえりしそうでさ」

 様々な感想が飛び交う中、
 摩訶不思議な興奮とざわめきに包まれた彼等は、
 この後、 丙姫のどら声によって 地獄に突き落とされることを、
 まだ知らない。

          


戻る★★★次へ

 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2532: by キョウ頭 on 2014/10/03 at 20:55:04

「四弦琴を抱えた剛手」
も…もしかして…。
み…みやざ…

そういえば、ゴジラの咆哮は、コントラバスを弾いた音がモトだそうです。
この四弦琴の演奏も、ソレに迫るモノだったのでしょうか!?
って事は、丙姫の歌声は、ゴジラの咆哮に勝るのか(大汗)

2533:こんばんは(*^^*) by たけぞう on 2014/10/04 at 00:36:01

お疲れ様でした(*´∇`*)

私もギュルルーのところが良かったと思います笑笑

2534:こんにちは by カテンベ on 2014/10/04 at 08:26:12

姫の歌声はジャイアンみたいなもの、てイメージしてましたけど

まわりの人には災難だ、というのは変わらないんでしょうけど

時代の先を行き過ぎていて、時代にあわなかっただけなのかも、て思てしまいました^ ^

2535:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2014/10/04 at 11:31:11 (コメント編集)

宮澤先生ごめんなさ~い。(スライディング土下座再び)
【3】で、小奈鳩ユウ 様のコメントに突っ込まれております。

ゴジラのテーマ音楽は良いですよね。
緊迫感が押し寄せる感じが、しびれます。
個人的には、「ジョーズのテーマ」より好きです。

ゴジラの咆哮!
丙姫と共演させたいなあ♪

2536:Re: こんばんは(*^^*) by しのぶもじずり on 2014/10/04 at 11:35:00 (コメント編集)

たけぞう様、こんにちは♪

ギュルルーを気に入って頂いて嬉しいです。
魂がでんぐり返って頂けましたでしょうか(笑)

2537:Re: こんにちは by しのぶもじずり on 2014/10/04 at 11:38:51 (コメント編集)

カテンペ様、いらっしゃいませ。

丙姫のハタ迷惑は時を超える……なんちゃってね。
迷惑ネタを思いついたら、丙姫が再登場するかもです。

2540: by LandM on 2014/10/04 at 14:41:04

う~~。
終わってしまうのが名残惜しいですね~。
また読みたいですね。
ひとまず、お疲れ様でした。

2543:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/10/04 at 17:04:56 (コメント編集)

ネタを思いついたら、丙姫様に再登場してもらうかも。
がんばりまっす。

2546:お疲れ様でした! by ネット on 2014/10/05 at 16:42:23 (コメント編集)

遅ればせながら、キャストの妄想を~
表情の無い二枚目「為五郎」は、①要潤か、②堺正人^^
「丙姫」は、能年玲奈…(歌い上げる)熱演が見たいです!
再登場をお待ちしています♪

2547: by 小奈鳩ユウ on 2014/10/05 at 17:40:32 (コメント編集)

民衆が前衛音楽を楽しみ始めるw

丙姫が現れないラストは不思議な余韻を感じました。丙姫は今、どの辺りまで来てるのだろうか、山道を歩いた後だから着物を着替えるだろうか、ひとっ風呂浴びるかも、もしかしたら丙姫の歌声とギュギューンがマッチするかも、デスメタル発祥の地となるやも知れぬ~、とか。
自然に丙姫のことを考えてしまいました。
多分、皆さん読み終わった瞬間、頭の中が丙姫でいっぱいになったと思います(笑)

2548:お疲れ様でした by ×丸@チルド on 2014/10/05 at 17:50:54 (コメント編集)

完全に丙姫様に振り回されるてんてこ舞いなお話でしたね。
と思ったら最後にこんな展開が……

やはりこの姫にしてこの家臣(&聴衆)ありといった感じなのでしょうね。

こうなると他の3人の姫様や将鞭さんがどんな人か気になるところ。
ぜひスピンオフ期待しています(笑)

2549:Re: お疲れ様でした! by しのぶもじずり on 2014/10/06 at 10:44:32 (コメント編集)

ネット様 こんにちは。

為五郎は、①ノイメージが近いかな。
贅沢を言うなら、もう少し年上が良いけど、
「タイムスクープハンター」の無機質な感じが、ふむふむ良い感じ。

丙姫は能年ちゃんも良いけど、
同じく「あまちゃん」で、アキの親友ユイちゃん役の橋本愛ちゃんも捨てがたい。
「あまちゃん」で立派な音痴っぷりを披露しましたしね。
眉毛も凛々しい。
二人を足したい。(二で割ってはいけません)

いつもありがとうございます。
贅沢を言ってすいません。

2550:Re: 小奈鳩ユウ様 by しのぶもじずり on 2014/10/06 at 10:52:43 (コメント編集)

内緒ですが、剛手と為五郎の演奏を伴奏にして、
控えの間で準備体操をしていたようです。
丙姫をヴォーカルにして、トリオ演奏をする日が来る?
いやいや、聞きたくねぇ~!!

2551:Re: お疲れ様でした by しのぶもじずり on 2014/10/06 at 10:59:19 (コメント編集)

×丸@チルド様 こんにちは。

九十谷の人々は柔軟だと思って下さい(笑)
秘境で生きています。
すれていない。
そういうことで、ひとつよろしく。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア