RSS

姫様爆走中 8

 しかしながら、 ついて行くのがやっとの状況では、
 凶悪犯にとって 分が悪い。
「おい、 娘」
 立ち止らせようと声をかけたその時、 怖ろしいまでの音痴が男を襲った。
 しかも、 信じられない大声である。
「うわああああああ――」
 腰を抜かした。

 その後のことは、 何がどうなったのか分からない。
 我に返ってみれば、 匕首は取り上げられ、 投げ飛ばされ、
 がんじがらめに縛り上げられていた。
 身動き一つできない。
 耳をふさぐことができない。
 地獄だ。

「丙姫様、 ご無事で何よりでした。
 こいつを牢にぶちこんでおきます。
 姫様は、 この場で 心おきなく発声練習をなさってください。
 明日の朝まで じっくりとなさってはいかがでしょう」
 どこから現れたのか、
 無表情な渋い二枚目が 耳を押さえながら、 音痴なドラ声に負けじと怒鳴った。
 耳を塞ぐことが出来ない凶悪犯にとっては、 地獄の二乗である。
 若い男前も居て、 取り上げた匕首を手にしたまま、 ちゃっかり耳を塞いでいる。
「た……頼む。 早く牢に入れてくれ」
 懇願してしまう凶悪犯であった。

「行くぞ、 銀次郎」
「はい、 為五郎様」
 凶悪犯を哀れに思ったのか、 自分たちが耐えきれなかったのか、
 二人は そそくさと凶悪犯を引き立てて去った。

「おぬしらは馬鹿か。
 朝までやっていたら 本番が出来ぬではないか」
 置いて行かれた丙姫は、
 残された時間を有意義に使って 練習したのだった。
 どこから聞こえるのか、 子どもが泣きわめく声が遠くから加わった。



戻る★★★次へ

 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2530: by キョウ頭 on 2014/10/01 at 20:34:19

「発声練習」という言葉から、お話の展開が予想できましたが…。
こんなにまで思った通りの展開だと、清々しいですw

2531:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2014/10/02 at 17:56:17 (コメント編集)

わっはっはっは、 登場人物も、設定も、ストーリーも捻って無いですね。
何を隠そう実は…… というのは期待しないでいただきたいです。
おバカな話と思って頂ければOKです。

2539: by LandM on 2014/10/04 at 14:38:43

そうそうそうそうそう。
これこれこれこれ。
( ;∀;)

こういう話を見たかったんですよ。
しのぶもじずりさんのこういう馬鹿らしさのある話を私は期待して見ていたんだと。


文章では言い表せないぐらいに感動しております。!(^^)!

2542:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/10/04 at 17:02:54 (コメント編集)

すべってないですか?
ベタもたまにはいいですよねっ、ねっ!

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア