RSS

姫様爆走中 7

「うん、 暑気払いにもなるであろう。
 疲れた時は、 その酸っぱさが ちょうど良い」

 涼しい顔で、 さらに二三本差し出す丙姫を、 睨む気力もない。
(ぜーったい、 城に着いたらぶち殺す。
 ぼっこぼこにして、 切り刻んでやる)
 頭の中では 威勢の良い罵詈雑言を連発している口に、
 丙姫が、 親切にも 草の茎を突っ込んだ。
 なさけなく顔をしかめて 草を齧らされる山田屋だった。
 もはや 周囲の観察どころではない。

 すぐだと言ったはずなのに、 またもや険しい斜面になり、
 空腹をこらえて 山肌を這うようにして進んだが、 なかなかたどりつけなかった。
「すぐって言ってなかったか。 言ったよな」
「そちがいなければ、 とっくのとうに着いておる。
 途中で置いて行ったりはせぬ。 日暮れまでには間に合うじゃろ。
 しかし、 問題は発声練習じゃ」
 山田屋の脳内に、 再び罵詈雑言が駆け巡った。
 あふれそうだ。
(昼飯も食ってないのに、 日暮れまで歩くだとーっ。 聞いてないぞ)
 が加わった。

 やがて、
「ほれ、 あそこが城じゃ。
 ぎりぎりかな。 発声練習しながら行くか」
 やっと 城の一角が見えた時、
 精も根も付き果てた凶悪犯は、 山田屋の仮面を脱ぎ捨てることにした。
 どうせ たいした役には立っていない。
 場所が分かれば、 娘は用済みだ。
 お気楽そうな金太郎眉毛が、 わざわざ殺さなくてはならぬほど、
 この先の 逃走の障害になるとは思えないが、
 クソ酸っぱい草を齧らされ、
 吐きだすこともできないうちに、 無理やり追加の草を口に突っ込まれたのだ。
 あの屈辱と恨みは 晴らしておきたい。

 懐に手を入れ、 匕首あいくちをつかんだ。
 使いなれた凶器が、 ぴたりと手に収まる。



戻る★★★次へ

 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2526:はじめまして(*^^*) by たけぞう on 2014/09/29 at 19:32:57

私も頭の中では威勢の良い罵詈雑言ですが、口に出すとしどろもどろで嫌になります(笑)

珍道中楽しみにしております(*´∇`*)

2528:Re: はじめまして(*^^*) by しのぶもじずり on 2014/09/29 at 23:22:23 (コメント編集)

たけぞう様、はじめまして。
罵詈雑言も、カッコ良く決めるのは難しい?
そうかもう♪
コメントをありがとうございます。

2538: by LandM on 2014/10/04 at 14:33:17

やはり草の恨みは深いのか。。。
(*´ω`)

斬新でも面白いと読んでいる方は思ったのですけどねえ。。。やっている人はそうでもないか。

2541:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/10/04 at 16:59:54 (コメント編集)

こういうストレートなギャグは大好きです。
でも、私ってば、根が真面目だから、
考えるのは楽しいけれど、書くのは意外に大変。
読んで下さる方が、どこまで面白いと思って下さるかも心配です。

だから、LandMさんのコメントは、とっても嬉しいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア