RSS

姫様爆走中 4

 狭い領地である上に、 険しい山と谷しかない。
 よそ者が入り込める場所は 限られる。
 丙姫の指摘に 間違いはない。

 丙姫は、 怒濤のように駆け抜けて、 思い当たる場所に行ってみた。
 だが、 人影はない。
 特技を生かし、 さらに野性に戻って、気配を探っても、 何も感じられない。
「手間のかかる凶悪犯じゃ。 さっさと捕まりに来ぬか」

 凶悪犯は、 意外にも険しい山に慣れた人間なのかも、 とは考えない。
 まだ たどり着けないだけに違いない。
 いわゆる、 女の勘である。
 九十谷に出入りする場所も ほぼ決まっている。
 地形に慣れた領民でさえ、 めったに他からは出入りしない。
 まずは、 そこを目指して ひた走る丙姫なのであった。

「居た!」
 間もなく、 地獄耳が 凶悪犯の居どころを突き止めた。

「見つけた! 
 わざわざ 身動きもままならぬ場所に入りこんで 身を隠すとは、
 裏をかいたつもりか。
 猪口才な凶悪犯め」

 進むも退くも出来ない場所で もがいていた男は、
 ギョッとしたように 身をこわばらせた。
 しばらく息を整えると、 やっと返事を返した。
「凶悪犯とか、 裏をかくとか、 何のことでございましょう。
 土地の方ですか。
 わたくしめは 山田屋太郎と申す しがない商人でございます。
 初めて こちらにご挨拶に立ち寄りましたところ、
 難儀な場所に 往生しておりました。 どうかお助け下さい」
 慣れない愛想笑いをしながらも、 必死の形相を隠せない。

「偽名臭い名前だ。
 しかも、 商人が 何故こんな辺鄙な場所をうろついている」
「考える暇が無くて……、 いえ、 本名です。 販路拡張です。
 何でもいいから 早く助けて」
 丙姫は、 少し離れた場所から、 ひょいひょいと男の上に出て、 手を伸ばした。

「左手を放して 斜め上の出っ張りをつかめ。
 右足の少し上に 足がかりになるところがある」
 指示をしながら、 男を引っ張り上げた。
「ありがとうございます。 ったく、 なんて場所だ」
 男は振り向いて、 自分がはまり込んでいた場所を、 忌々しげに睨んだ。
 取って付けたような愛想笑いを取り戻し、 丙姫を じろりと見る。

「ついでと言っちゃあ何ですが、
 人家のあるところまで行きたいので、 道を教えてもらいたいんですが」
「販路拡張だったっけ。 無理だぞ」
 凶悪犯に、 営業地域を拡張させるわけにはいかない。
 丙姫は、 そっけなく応じた。

「まずは、 調査をしてみなくちゃね。
 出来るかできないかは こっちの判断。
 けちけちしないで、 道を教えてくださいよ」
 窮地を脱して安心したのか、 男の態度が少し大きくなった。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2514: by LandM on 2014/09/23 at 11:44:08

しのぶもじずりさんらしさを感じますね。
どう言えばいいのだろうか。。。
言葉にしにくいのですが。
勿論良い意味です。
久々にしのぶもじずりさんの小説らしさを感じて嬉しかったです。

2515:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/09/23 at 17:31:25 (コメント編集)

おお! らしいですか。
私のスタイルのようなものが出来てきているのでしょうか。
だったらうれしいな♡

2516:こんばんは〜 by 八少女 夕 on 2014/09/25 at 04:37:53 (コメント編集)

おかげさまで、Macのサファリでも絶好調になりましたよ! ありがとうございました。

今回のお話、コメを入れる所を様子見していたのですが、なんか凶悪犯(じゃないですよね、きっと)が姫様に負けない強烈キャラで面白くて、出てまいりました。

お姫様よりも若干ひよわっぽいですが、口が達者な所が最高です。

続きも楽しみにしていますね。

2517:Re: こんばんは〜 by しのぶもじずり on 2014/09/25 at 17:25:46 (コメント編集)

教えて下さってありがとうございました。
自分で気づくのは無理でした。

山田屋太郎(偽名)は、どこからどう見ても凶悪犯です。
丙姫が相手なので、調子がくるっているだけす。
悪そうに見えないとは、困った奴です。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア