RSS

私の文章修業 17

<登場人物の容姿>

 容姿を どこまで描写するのかは 難しいところです。
 あまり事細かに書いてしまうと、
 読者のイメージを 損ねることがあるように思います。

 「正倉院鳥毛立女屏風」 をご存じでしょう。
 教科書に載ってましたね。
 昔の美人らしいのですが、
 今見ると、 明らかに しもぶくれで 眼も細く、 ぶっとい眉毛が目立ちすぎ。
 美人といわれてもねえ、 という感想を持った人は多いと思います。
 美の基準は 時代によっても変わりますが、
 個人の好みにも 大きく左右されます。

 美少女を登場させるとします。
 ぱっちりとした二重の大きな目が 美少女の定番だと思う人もいれば、
 切れ長の涼しげな眼が 美しいに決まってるだろう と考える人もいます。
 ふっくらとした唇が美しい と感じる人もいれば、
 美少女というなら、 冷たそうな薄い唇がきれいだ と思う人もいます。
 作者の好みに任せて 詳しく書きすぎると、
 読者が 付いていけなくなることがあるのではないか と思います。
 何が何でも美少女なんだ と書きたい時は、
 いっそ 「誰が見ても美少女だ」 で片づけた方が いい場合もあります。


 「佐竹本三十六歌仙絵巻」 というのがあります。
 秋田の佐竹家に伝わっていた 鎌倉時代の名品です。
 原型が残っていれば、
 間違いなく 国宝に指定されていただろう ともいわれていますが、
 大正時代に売りに出された時、 あまりの高値に 一括で買える人が無く、
 バラバラに切り離されて 売られてしまいました。

 三十六歌仙ですから、
 絶世の美女と伝わる 小野小町 も描かれています。
 後ろ姿なのですよ。
 後ろ向き小町 ともいわれています。
 顔が描かれていないので、
 時代が変わろうが、 好みがどうあろうが、 問題なく絶世の美女なのです。
 描写は大事ですが、 あえて書かない という選択もあるのです。

 書きゃあ良い、 というもんでもないのです。
 むしろ 読者の想像力に任せる方が 良い場合もあるのです。



戻る★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2417:申し分のない美人である by miss.key on 2014/08/25 at 12:49:03 (コメント編集)

でごまかす(笑い

2419:Re: 申し分のない美人である by しのぶもじずり on 2014/08/25 at 17:26:44 (コメント編集)

そうそう♪
ごまかした方が、想像の翼を広げられることもあります。
そこはてきとーに。うふっ、

3233:世界観とか by める 川*´v`*川し on 2015/10/09 at 20:19:46

しのぶさん こんばんは
わたしの好きなチバユウスケさんの歌詞も
独特ですよ。
オレンジが太陽とかはストレートな表現な方。
でも世界観とか雰囲気は伝わってきます。
何曲か聞いてみて下さい。
でも、もしロックが嫌いだったら
止めておいた方が良いかも。

3236:Re: 世界観とか by しのぶもじずり on 2015/10/09 at 21:12:51 (コメント編集)

める 川*´v`*川し 様 こんばんは
チバユウスケさんは知りませんでした。
ロックの歌詞は、音に載せることが前提でしょうから、独特になるんでしょうね。
機会があれば、聞いてみたいです。

3238:オススメ by める 川*´v`*川し on 2015/10/10 at 00:27:05

しのぶさん 度々おじゃまします・・・・

チバさんがヴォーカルしてる曲で
好きな曲は一杯ありますが、
今 思いついたオススメは、

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
ミッシェル時代では、
カルチャー
ジプシーサンデー

ROSSO時代では、
千のタンバリン

The Birthday時代では、
愛でぬりつぶせ
涙がこぼれそう
LEMON

ってとこです。
どの曲もyoutubeで聴けますよ♪

3240:Re: オススメ by しのぶもじずり on 2015/10/12 at 18:32:39 (コメント編集)

める 川*´v`*川しさんいらっしゃい。

> The Birthday時代では、
> 愛でぬりつぶせ
> 涙がこぼれそう
> LEMON
を試しに聞いてみました。

すいません。私の好みじゃないようです。
もしくは、今の気分じゃないようです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア