RSS

番外編 4

 リズムが大切なのは、 音楽ばかりではないと思います。
 広い意味で、 絵画の画面にも リズムがあります。
 カンデンスキー、 ミロ、 クレーなどの 抽象絵画は解りやすいですが、
 セザンヌの画面にも 美しいリズムを感じる人は多いと思います。

 文章にとっても、 ものすごく大事な要素だと思います。
 解りやすいのは詩ですが、 散文にだって もちろんリズムは大切です。
 リズム感に乏しい文章は、 読みにくい気がします。

 一口にリズムと言っても、
 主に ポップスのように、 インテンポの 解りやすいものばかりではありません。
 ストラビンスキーの 「春の祭典」 みたいなのもありです。
 むしろ散文では、 「春の祭典」方式 のほうになると思います。
 初めて 楽譜を見たときは、 目眩がしそうになりました。
 一小節ごとに 調子記号が入って、 変調している部分があるのですよ。
 でも、 演奏を聞いていると、 きちんとまとまったリズム感があります。

 文章に気持ちの良いリズムが感じられれば、 どんどん読み進めることができます。
 読み始めたら止まらなくなった。
 気が付いたら、 あっという間に読んでしまった。
 というのは、 たいてい 文章のリズムが素晴らしいです。

 音楽の授業で、
 テストの代わりに 何でも良いから 音楽に関係するレポートを出せ、
 と言われた事がありました。
 私は リズムについて、 ちょこっとしたことを書いて 提出したところ、
 「リズムを論じるのはタブー と言われているんだよね」
 ぼそりと 先生に言われました。
 おそらく、 リズムを とことん論じようとすると、 語りつくせず、
 ドツボにはまってしまう ということなのだと思います。
 深いです。
 深すぎます。
 なので、 ここらで退散します。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア