RSS

私の文章修業 13

<過去形と現在形>

 なじみの店で買い物をした時、
 できる店員は、
 「毎度ありがとうございます」 と言います。
 「毎度ありがとうございました」 とは言いません。
 これは、 過去形にして、 お客とのつながりを断たない為です。
 過去形だと、 言い方によっては、
 「二度と来なくていいですよ」 と聞こえかねません。

 「過去形」と「現在形」は、 単に時制の問題だけではなく、
 言葉のニュアンスにも かかわって来ます。

  A.「良いよね」 と彼女は言った。
  B.「良いよね」 と彼女は言う。

 Aは、 出来事の記述。 完結しています。
 Bは、 まだ他に言いたいことがありそうです。
 状況が動いている途中なのです。
 散文で 現在形を使う事はあまりないですけど、
 詩で 見かける事があると思います。

  C.「良いよね」 と彼女は言った。
    「うん、解った」 と彼が言った。

  D,「良いよね」 と彼女は言う。
    「うん、解った」 と彼が言う。

 Cは、 確認のための会話です。
 仕事の打ち合わせでしょうか、 飲み会の連絡でしょうか。
 これだけでは、 さばさばしています。

 Dは、 いろいろ事情がありそうです。 ここから 何かが始まる予感。
 ややこしいことにならなければ良いのですが。

 ちょっとした言葉の端々で、 文章の印象が ころりと変わってしまうのですよ。
 「彼女は」 「彼が」 にしましたが、
 「は」と「が」を入れ変えるだけで、 変わります。
 言葉に対する感性を磨きましょう。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2386: by LandM on 2014/08/14 at 22:09:30

うむ。
勉強になります。
結構。私は言葉の節々で誤字が多いですからね。。
こういうのは注意したいものです。

2387:ここまで考えていなかった by miss.key on 2014/08/15 at 08:34:54 (コメント編集)

 こんにちは。
 ここまで考えて書いてらしたんですね。凄いです。
 わたしは「言う」「言った」「する」「した」は必ずしもそういう区分けはしてませんで(というか、考えても居なかった)、文章のリズムで掻き分けてたりします。断定でばかり終わらせてしまうと、いまいち文章のリズムが悪い感じがしていたもので。なるほど、そういうのも考えて書くといいのですね。勉強になります。

2388:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/08/15 at 18:18:10 (コメント編集)

誤字脱字は、文章力とは別の問題になると思います。
私も気をつけなくちゃです。

2389:Re: ここまで考えていなかった by しのぶもじずり on 2014/08/15 at 18:22:28 (コメント編集)

miss.key様
私も書いている時は、miss.keyさんと同じです。
リズムとノリでいっちゃいます。
読み返した時に、あれっ、なんか違うぞ、と思った分析の結果です。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア