RSS

私の文章修業 11

<擬音語>

 日本語は 擬音語が豊富です。
 所謂 オノマトペというやつです。
 漫画では 盛大に使われて 効果を上げています。
 イメージが湧きやすいんですよね。 便利です。
 日本語は オノマトペの宝庫です。

 さらに日本語には、 分類上は副詞になるのに、
 擬音語から派生したのではないか と思われるものがあります。

 どっさり、 もっさり、 どきどき、 わくわく、 どっしり、 ずきずき、
 あたふた、 しとしと、 うずうず、 ぴかぴか、 うろうろ、 ぎゅうぎゅう、
 きょろきょろ、 くねくね、 ちくちく、 からから、 かりかり、 がりがり、
 ころころ、 ねばねば、 ねとねと、 おろおろ、 ぱさぱさ、 その他多数

 これらは全部、 すでに立派な日本語です。
 
 しかーし、 擬音語は、 使いすぎると バカみたいになります。
 要注意です。

 ヒューヒュー、 風が吹いた。
 ガシャーン、 どこかでガラスが割れる音がする。
 ミシミシ、 メリメリ、 古い建物が悲鳴を上げている。
 ドドーッ、 ザザーッ、 いよいよ本格的に 台風の襲来だ。

 ここまでやると、 もはや、 描写を放棄していると言えます。
 言葉使いの下手さを 自白しているようなものです。
 むやみやたらと使うのは 止めましょう。
 使いどころが大事です。 効果的な使い方を 気にしましょう。
 上手に使えば、 日本語の面白さを発揮できると思います。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア