RSS

ドラッグより冒険を

 脱法ハーブと呼ばれていた物を、 危険ハーブと呼ぶことにしたらしいです。
 はっきり言って、 麻薬でしょ。
 麻薬の定義だって はっきりしていないのだから、 麻薬で良いんじゃないでしょうか。
 人間にとって危険なものを、 「危険」と付けただけで、
 ミツバやパセリと同じように呼んで いいはずが無いです。


 脳内麻薬というものがあります。
 現在 20種類ほどが発見されているらしいです。
 ドーパミン、 アドレナリン、 ノルアドレナリン、 エンドルフィン、
 βエンドルフィン、 セロトニン、 内因性カンナビノイド、 エンケファリン、
 その他、 後は分かりません。
 脳内麻薬は 麻薬に似ています。
 いいえ、 逆です。
 麻薬の構造が、 脳内麻薬に似ているのです。

 ただし、 脳内麻薬は、 人体にとって想定内。
 だから、 不要になれば、 分解酵素などで、 速やかに無くなってしまいます。
 麻薬では、 それが出来ません。
 ばかりか、 脳内麻薬に構造が似ているために、
 分解酵素が間違えて 分解しようとして、 逆に 働きを封じられてしまうらしいです。
 是が危ない。 歯止めがなくなるわけです。
 人によっては、 一発で狂う可能性があります。
 ロシアンルーレットをするようなもので、
 いつ 人格崩壊が来るか解らないのです。

 βエンドルフィンの別名は 脳内モルヒネ。
 内因性カンナビノイドの別名は 脳内マリファナ。
 ドーパミンは コカインなみ。
 どうせなら、 自前ですませた方がいいです。
 作用は、 麻薬よりも、 ものによっては 何倍も何十倍も強烈です。
 その上、 ただ。 お金がかかりません。
 高いお金を出して モルヒネを買うより、 マラソンをして ランナーズハイになろう。
 セックスをしよう。 βエンドルフィンが出るよ。
 出産時も大量に出ます。 痛くても何人も産めるのは、 そのおかげなんだとか。
 コカインを買わなくても、 美味しい料理をべたり、 グルメ番組を見ればいい。
 良い仕事をして褒められても ドーパミンが出ます。
 ちょっとした冒険で、 ドキドキワクワクすれば、 アドレナリンが楽しめます。

 同じ手を出すなら、 ドラッグではなく 冒険がお薦めです。
 アドレナリンとノルアドレナリンが 味方です。
 エンドルフィンが 冒険仲間です。
 冒険には 危険が付きものですが、 成功だってあります。 ドーパミン大放出。
 失敗しても、人格崩壊するほどではないでしょう。たぶん。
 セロトニンと内因性カンナビノイドがありますから。
 太陽の光を浴びて 深呼吸したら、 さっさと次の冒険に出ましょう。
 はじめは、 小さな冒険でいいのです。
 通った事のない道を歩くとか、入った事のない店に一人で入るとか、
 やった事が無いものにチャレンジするとか。
 充分ドキドキできるはずです。
 小さな冒険の小さな勇者でも、 脳内麻薬は味方です。
 冒険に向かって、 一歩足を踏み出せば、 すでに勇者です。
 麻薬に頼るより ずっと経済的だし、 健康に良いでしょう。


雑文の目次★★★【人間は戦争が好き】

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
<注意!!>
 ただし、 脳内麻薬も 依存症になることがあるようです。
 パチンコ依存症(けっこうなりやすいらしい)
 アルコール依存症、
 博打の依存症などには ご注意ください。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2335:管理人のみ閲覧できます by on 2014/07/27 at 16:30:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2336:つまり子作りは苦痛 by miss.key on 2014/07/27 at 20:21:13 (コメント編集)

 こんにちは。S〇Xで脳内麻薬が出るのは苦痛を和らげる為なんですね。つまり、人間とはそもそもはとても面倒臭がりで、放っておいたら子孫を残さない。そこで神様は考えた。
神様:よし、ご褒美を付けよう。そしたら人間も子供を作る気になるかも知らん。
天使:ご褒美って何ですか?
神様:麻薬だよ、麻薬。イヒヒヒヒ。
 そうして麻薬漬けにされてしまった人間は、今日もいそいそ子孫繁栄!
天使:神様ー、それが、人間は避妊なんて事してまして、子供は全く増えません。
神様:なんだとー。そりゃずるいぞ。気持ち良いのはおまけだよ、おまけ。おまけだけもらって義務は無視かい。
天使:子供を育てるのが大変なのが一番の問題だと思うんですが・・・。

 なんか何書いているのか判らなくなってきました。

2338:Re: つまり子作りは苦痛 by しのぶもじずり on 2014/07/27 at 21:59:27 (コメント編集)

miss.key様 いらっしゃい。

いやいや、βエンドルフィンは強烈な快感を起こします。
つまり、ニャンニャンする → βエンドルフィンが出る → 快感♥
という段取りです。
出産時は、快感で苦痛を無かったことにします。

神様は、脳内麻薬を操って、子作りと出産をさせようとするのです。
生まれた赤ん坊は、大人の庇護欲を誘って、大変な子育てをさせます。
哺乳類の幼生は、成体の本能をくすぐる力を持っているのですよ。
子犬が咬みついても、成犬は仕返しをしません。
余計なストレスさえなければ、自然は上手いことできてます。

2340:おはようございます by ☆バーソ☆ on 2014/07/28 at 09:26:05 (コメント編集)

脳内麻薬の話。いいお話です。ためになりました。勉強になりました。
お役人が考える名称は、ほんとうに感性が欠如していますね。
昔、国電がE電と名付けられたことを思い出しました。

自前の麻薬はすごいもんですね。いろいろありますね。
私の場合、「太陽の光を浴びて深呼吸」もあまりしてませんが、
何かきれいなものを見たり、優しさを感じたときに感動し、
文字通り熱い涙が出てきて心地よくなることがあります。
これも内因性のナントカフィンの一種なんでしょうかね。

「小さな冒険」に向かう「小さな勇者」ですか。なるほど。
これを、ちょっとずつでも心がけていこうかと思います。

2341:Re: おはようございます by しのぶもじずり on 2014/07/28 at 09:53:57 (コメント編集)

☆パーソ☆様 おはようございます。

「ハーブ」ということ自体が間違ってます。
あれは裏社会の隠語でしょう。
マリファナを「はっぱ」とも言っていたようですから、
マリファナが始まりかもしれません。

元々のハーブは香草や薬草のことですから、昔から人々の役に立ってきたものです。
ミント、ラベンダー、ローズマリー、パクチー、ドクダミ、お茶、etc.
裏社会の手口に乗ってはいけません。

「太陽の光を浴びて、深呼吸」で出てくるのは、セロトニンです。
リラックスできる脳内麻薬です。
「涙が出るほどの感動」は、たぶんドーパミンです。
真剣に生きていれば、人間は上手く出来ているのですよ。
お互いに、楽しくやっていきましょう。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア