RSS

私の文章修業 3のおまけ

<おもしろBing翻訳>

 如果你给了 (本文将总在最前面),欢迎它张贴自制和杂录 》 的故事。
 没有的快乐可能是更好地将赞赏,我觉得甚至有点可笑。
 要杀了你的时间,请不要看。

 このブログのトップ記事を Bingで<中国語簡体字>にすると、上記になります。

 私は中国語が解らないので、 念のため、 さらに 日本語に翻訳してみました。
 すると、 こうなります。

 (この記事は常に上に)、 与えた場合 掲示される自家製の物語 および文集。
 でも 少しばかげていると思う喜びかもしれないよりよくない、 いただければ。
 あなたの時間を殺すためにしたい 軽蔑しないでください してください。

 すごいでしょ。

 ちなみに 『静夜思』を翻訳するとこうなります。

  月の光を見てベッド
  地上の霜の疑い
  Ju のマウント ホープ ヶ月
  弓 SI 翔

 こんなにシュールな詩だったのでしょうか。
 原文の読み下しのほうが、 よほど解りやすいです。


  咲いた 咲いた チューリップの花が
  並んだ 並んだ 赤 白 黄色 どの花見ても きれいだな

 誰でも知ってる童謡「チューリップ」です。 内容も簡単です。
 それが こうなります。

  盛开郁金香盛开的花
  衬衬的红、 白、 黄
  清洁,是看看如何花

<さらに日本語に翻訳すると>
 咲き誇るチューリップが咲く花裏地赤の裏地、白、黄色のクリーニングを過ごす方法を参照することです。

 何故か、 衣類のクリーニングの歌になりました。

<コメントしようとした下書き>
 はじめまして、 しのぶもじずりと申します。
 Bing翻訳で読んでみました。 とんでもない文章になり、吃驚です。
 意味が分からない文章になりました。
 興味深いので、 そちらのブログの文章を 一部Bing翻訳して、
 私のブログに紹介してもいいでしょうか。

 我的名字是 もじずり 很高兴见到你,忍者。
 我在 Bing 翻译读。成为一个可笑的句子,是令人难以置信。
 要理解意思。
 一些 Bing 音译兄弟,你的写作很有趣,我来介绍一下我的博客吗?。

 はじめまして、 私の名前はもじずり忍者です。
 ビング翻訳を読みます。 ばかばかしい文になる、 信じられないほどです。
 意味を理解します。
 ビングの兄弟は言った、 あなたの文章は 非常に興味深い、 私のブログを紹介ですか。

 問題がありすぎます。 気分を害してしまいそうで、 心配です。
 しかも、 忍者になってます。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2305: by 困 on 2014/07/18 at 00:05:09

こんばんは~

しのぶ⇒忍者なんですね!

「Ju のマウント ホープ ヶ月」
腹筋崩壊、機械翻訳の再変換は面白いなぁ
突拍子のない結果にお腹を抱えてしまいます^^

2306: by はやとうり on 2014/07/18 at 06:02:21

おはようございます♪

先日と今回コメントをありがとうございます
それにしてもお肉のブロックに網が掛けられて売っている世の中も変わったものです
どこまで楽を出来るようになるのかこれは戦いですね
というよりも忍術でも使ってお料理出現出来るといいですね^^

2307:Re: 困様 by しのぶもじずり on 2014/07/18 at 17:39:36 (コメント編集)

いらっしゃいませ。
予想を超えるというより、予想もできないぶっ飛び加減です。
こんなに使えないとは、思いもよりませんでした。

特にここ → 「Ju のマウント ホープ ヶ月」
謎です。

もじずり忍者と名乗ろうかしら(笑)

2308:Re: はやとうりさんこんにちは by しのぶもじずり on 2014/07/18 at 17:49:26 (コメント編集)

お加減はいかがですか。
もじずり忍者です。

先日のテレビで、八十過ぎの奥さんが、大豆料理を紹介していたのですが、
「機械でガーッと砕けば早いんだけど、お味が違うのよね」
と言いながら、すり鉢を使っていました。

ほんとにそうですね。
コーヒー豆も、機械でガーッより、ゆっくりと手で回すミルのほうが美味しい。
分かってはいるんですけど、なかなかね。つい、手を抜いてしまいます。
人間て、弱い。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア