RSS

謎が解けました

 「富士山の見つけ方」の 「あとがき」に、
 小泉八雲の小説の題名が解らない と書いたら、
 ネット様が教えてくださいました。
 「とある保守主義者」というのが、 その作品の題名です。

 もともと物覚えが良い方ではありませんが、 すっかり忘れていたのは、
 たぶん、 その題名が 気に入らなかったのも原因だと思います。
 作品中に 政治的な部分は、 かけらもありません。
 何故 この題名なのだ。

 でも、 改めて教えて頂いたことで、 気が付いたことがあります。

 ばっちゃんの名にかけて、 推理してみました。

 この作品は、 有名な「怪談」と 同じパターンなのではないでしょうか。
 「怪談」は、 日本の様々な怪談を 聞き書きした作品です。
 これも 同じなのではないのでしょうか。

 「とある保守主義者」は 実在の人物で、 若い時の冒険譚を聞いたのではないかと。
 海外を渡り歩いた人物ですから、
 ラフカディオ・ハーンとの会話に 不自由はしなかったことでしょう。
 その話を 小説に仕立てたのが、 「とある保守主義者」なのではないでしょうか。
 あの青年は、 海外の辛い体験を経て、 すっかり保守主義者になったのでしょう。
 なるほど、 ドキュメントだったのですね。


富士山の見つけ方 あとがき★★★雑文の目次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2299:遅くなりまして by ネット on 2014/07/16 at 12:49:45

文中リンク、ありがとう御座います。
お役にたてて、良かったです♪

私も題名と、内容に違和感を感じましたが、なるほど理由があったのですね!

2300:Re: 遅くなりまして by しのぶもじずり on 2014/07/16 at 14:19:31 (コメント編集)

ネット様 こんにちは
こちらこそありがとうございました。
おかげさまで、ネタになりました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア