RSS

富士山の見つけ方 1

 いさ子の父親は 転勤族だった。
 おまけに 家族を引き連れて旅行するのも 好きだった。
 その上、 日本の何処にいても、 盆暮れには、東京にある母の実家を訪れた。
 列車に乗るのが 好きだったのかもしれない。
 いさ子は、 寝台車は未経験だったが、 グリーン車だって乗ったことがある。

「本来、 グリーン車は 立派な大人が乗るものである。
 子どもが乗る物ではい。
 騒いだら、 どこの駅であろうとも 引きずりおろして置いてゆく」
 と宣言された。
 いつでも本気の人だから、 お行儀よくしていたのは もちろんである。
 そんな家庭の事情があったから、 東海道線は 何度も行き来していた。


 修学旅行が東京だと知らされて、 三年生の教室は どこもにぎやかだった。
 長距離列車に乗るのは 小学校の修学旅行以来、 という子も多い。
 東京と言う目的地は 日本の首都だ。
 大都会だ。
 地方の中学生にとっては、 もちろん楽しみなのだが、
 大きすぎるし、 何でもかんでもありそうで、 かえって漠然としている。
 生徒がなにより喜んだのは、 車窓から富士山が見える、 という事だった。
 特急でも 四時間以上かかる移動距離である。
 途中の風景は、 とても分かりやすい楽しみだ。

 生徒たちの多くは、 ナマの富士山を見たことが無い。
「富士山は 二回見えるぞ。 右と左」
 担任の 謎の言葉に、 おおいに盛り上がった。

 そんなにぎやかな喧騒の中で、 いさ子は こっそりと優越感に浸っていた。
 何度も見たことがあるのは 自分だけらしい。
 他の子にとって、 富士山を見るのは、 大騒ぎに値するものらしい。
 さすがに 口には出さなかったが、
 他に自慢できることが無いいさ子にとって、 なんとなく ワクワクする気分だった。
 そんな修学旅行で、
 車窓から、 いさ子は 感動的な富士山を 発見することになる。


 それから四年が過ぎた。 
 いさ子が 大学生になった時、
 一家は 何度も引っ越しを繰り返して、 東京近郊に住んでいた。

 夏休みになったら、 富士山を見に行こう といさ子は思いたった。
 大学に入るにあたって、
 志望学部について、 ちょっとばかり 親とすったもんだがあった。
 そこを何とか乗り越えて、 そうして、 富士山を見に行こうと思った。

 修学旅行の列車の窓から見た 富士山に 会いに行こう。
 そんな計画だった。
 何処から眺める富士山が良いのか 分からなかったが、 箱根にしようと思った。
 その辺は適当である。

「夏休みに、 箱根に行ってくる」
 そう言ってみた。
 ついでに 箱根の森美術館を見て、 温泉に入って、
 温泉卵など食べるのも いいかもしれない。

「箱根かあ」
 何故だか、 父親が 楽しそうに答えた。
「うん、 箱根の森美術館を見たいんだ」
 とっさに 目的をずらしていた。
 富士山を見に行くというのでは、 何となく恥ずかしい。
 納得されそうな理由も 説明できない気がしたのだ。
 何故 富士山なのだ と聞かれても、 上手く言えない。

「箱根の森美術館というのは、 箱根の何処にあるんだ?」
「強羅」
「強羅温泉か。 良いな。 温泉にでもつかりに行くか~。
 よし、 旅館は俺が予約しておこう。
 夏休みだから、 おまえたちは いつでも良いよな」
「えっ、 おまえたち……」
「箱根も いいわね」
「今んとこ大丈夫。 部活も休みにするみたいだし」
 母親と妹も、 即座に同意した。

 一人で行くつもりだったのに、 家族旅行になってしまった。
 すっかりその気になっている家族に、 いまさら 一人で行くとは言えない。
 どっちでもいいか と思ういさ子だった。
 父親が言い出したら、 めったに簡単には引かない。


★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2247:とてもリアルな雰囲気ですね^^ by ヘタリーナ風鈴 on 2014/07/01 at 19:35:02

こんにちは。
拝読して、実際に一緒に(家族の一員として)
その場にいるような感じがしました。
描写というか流れというか…上手く言えませんが
とても現実的な雰囲気に、物語の世界に入った気持ちになりました(*^^*)
ご自分やご友人の経験などを元にしたりするのですか?

2248:Re: とてもリアルな雰囲気ですね^^ by しのぶもじずり on 2014/07/01 at 20:05:02 (コメント編集)

ヘタリーナ風鈴様 こんにちは。
ありがとうございます。
リアルな感じ出てますか。嬉しいです。
たまには現実っぽいお話も書きます。
記憶とかイメージの中にある風景を描写する感じでしょうか。

2249: by LandM on 2014/07/02 at 22:43:11

ま、家族は家族でいいもんですけどね。
家族も限りある命ですからね。
楽しめるときに楽しんだ方がいいと思うのは、
欲張りかもしれませんが。

2250:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2014/07/03 at 10:11:19 (コメント編集)

家族に限らず、すべてのものは限りある命ですから。
楽しめる時に楽しむのは、真っ当なやり方だと思います。
欲張りなんかじゃないと思います。
今の内 今の内♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア