RSS

材料と道具が好き

重いのだ

 子どもの頃、クレヨンは宝物だった。
 以前そういう記事を書きました。
 クレヨンは、言うまでもなく画材です。
 そのまま描けてしまい、他に道具はいらないので、
 画材であると同時に道具でもあると言えるでしょう。
 わたし、材料と道具が好きなのです。
 材料と道具を見ると、
 何が作れるのかどうかはどうでもよく、つい、夢見ます。

 ということで、当てもなく、ふらふらと買ってしまうことがあるのです。
 ユザワヤや東急ハンズは興奮します。

 毛糸や布は、服や椅子カバーや袋物になりましたが、
 何を作ったらいいのか分からないガラス玉、ボタン、ビーズ、
 ハンダ、ペンダントトップの台座、
 がこれになりました。
 ハンダごてと接着剤少々を使用しました。

 ハンダごても好きなんです。
 思わず買ってしまってから、使い道に困り、
 東急ハンズで機械のキットを買って作ってしまいました。
 はい、ハンダごてとハンダが先です。

 写真のこれですが、
 ハンダを気前よく使ったら重すぎて、
 もはやペンダントトップには不向きです。
 無理やりしても、肩こりの原因にしかならない事は決定です。
 使用した台座は七宝焼き用なのでしょうか、
 ブローチにできるピンも付いていますが、 重すぎて服が垂れ下がります。
 ブログネタくらいにしかなりません(笑)

 そうです。
 最近の三枚の万華鏡写真は、これを覗いたものです。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2089:紫外線注意 by miss.key on 2014/04/12 at 21:19:14 (コメント編集)

 こんにちは。
 面白いデザインですが、確かに服に合わせるのは難しいかもしれませんね。そう言う時には帽子ですよ帽子。帽子の横っ側に付けるなら多少の重さも問題ありませんし、ちょっと位奇抜なデザインの方が寧ろ栄えます。今の季節、麦藁帽子が素敵ですよ。

2090: by ペチュニア on 2014/04/12 at 22:40:16

こういうのって作っている時が楽しいです。
子供の頃は「宝物」でしたね☆

2091: by なになにこ on 2014/04/13 at 01:16:09

半田ごても使われるの?
やりますねぇ~。
私も物つくり好きです。
考えて作ってる時間が楽しんですよね(笑)
万華鏡すぐ分かりましたよぉ♪

2092: by lime on 2014/04/13 at 09:42:05 (コメント編集)

材料だけを集めてしまう気持ち、わかります。
結局何にも使えずに、ガラクタになっていく姿が寂しいのですが。
ハンダごてで、ちゃんとこんな造形物をつくってしまうしのぶさんは、やっぱり芸術肌です。
これはもう、これでオブジェとして机に置いておくだけで、いいのかもしれませんね。
文鎮という見方も・・・。

2093:Re: 紫外線注意 by しのぶもじずり on 2014/04/13 at 10:59:39 (コメント編集)

miss.key様、いらっしゃい。
帽子も好きなのですが、どうでしょう。
やっぱり重すぎるような気がしないでもないです。
今度試してみますね。
ただし麦わら帽子ではあるません。

2094:Re: ペチュニア様 by しのぶもじずり on 2014/04/13 at 11:03:13 (コメント編集)

結局腕がないから、たいしたものは作れないのですが、楽しいです。
個人的には「宝物」ですが、世間一般では、たぶん「がらくた」というのでしょう。
でも、楽しいからOK!

2095:Re: なになにこ様 by しのぶもじずり on 2014/04/13 at 11:08:50 (コメント編集)

確かに、作っている時も楽しいですが、
材料と道具を前に、あれこれと妄想する時が、至福の時かもしれません。

キラキラされると、万華鏡で覗きたくなるのです。
分かりやすかったですか? ルン♪

2096:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2014/04/13 at 11:14:03 (コメント編集)

がらくたもオブジェと言って頂けると、気が楽です。
そうです、オブジェです(笑)

立派に文鎮として役に立つレベルの重さです。
文鎮!!! 良いかもしれません。
文鎮と思えば、また重いがらくたを作ってみようかな、という勇気がわきます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア