RSS

チョコレートと子どもの宝物

 以前の記事で、
 ある理由があって、 大好きな明治の板チョコを しばらく買っていない、
 と書きました。
 今日は、 その「ある理由」を書こうと思います。

 コマーシャルに 腹が立ったからです。
 たいした理由ではありません。

 小さな男の子が、「半分こ」と言いながら、 クレヨンをポキポキと折る。
 最後に、「半分こ」と言って、 折ったチョコを 妊娠中のお母さんに渡す。
 そういうコマーシャルです。
 かなり長い間放映していたから、 覚えておられる方もいると思います。

 あんな小さな子には、 一度に板チョコ半分は多すぎる、
 というツッコミは 置いておくとしても、
 クレヨンを折るのは けしからんのです。
 出演している子どもに 罪はありません。
 悪いのは、 作った大人です。
 それでも、 眼に入ると、 腹が立ちました。


 子どもの頃の私にとって、 クレヨンは宝物でした。
 心躍らせる宝物でした。
 それと同時に、 無くてはならない必須アイテムでもありました。
 大事な大事なクレヨンなのです。
 ポキポキ折るとは 言語道断なのであります。

 折りたくなんかなくても、 クレヨンは折れるのです。
 夢中になって描いていると、 肝心なところで ポキリと折れるのです。
 たいてい、 お気に入りで よく使う色から折れます。
 折れると、 悲しいです。
 夢中で描けば描くほど 次々と折れて、
 クレヨンの箱が、 小さな悲しみで埋まって行くのです。
 私の場合は、 赤が真っ先に折れました。
 赤は、 特に夢中になりやすい色です。

 そんな悲しみを経験して、 「手加減」という大事な事を覚えていきました。
 折れたクレヨンは、 しかし、夢中で描いた証しでもありました。
 わざと折っていい物ではないように思うのです。

 もちろん、 ごく個人的な感傷であることは 十分承知しています。
 それでも、 あのコマーシャルには 腹が立ったのでした。


 今は放映していないようなので、 心安らかに食べています。
 美味しいです。




戻る★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1954:今になって解ける謎 by miss.key on 2014/02/09 at 21:42:58 (コメント編集)

 こんにちは。
 思い当たりましたわ。昔、同級生の女の子にクレヨンを借りました。先生の指示にしたがって強くしっかり塗りました。半分くらいになってしまいました。そして返した時、女の子は泣き出しました。いあ、まいったまいった。こういうことでしたか。反省。

1956:Re: 今になって解ける謎 by しのぶもじずり on 2014/02/09 at 22:42:54 (コメント編集)

miss.key様 いらっしゃいませ

わ~い泣かせちゃったんですね。
いーけないんだ いけないんだ(笑)

お絵かき大好き少女には、悲しい結末ですね。
でもね。わざとじゃないんですものね。
それは、しょうがないのではないかと思います。
わざと折ってはいけません。

1964:安全なクレヨン by レバニラ on 2014/02/13 at 12:02:34 (コメント編集)

どうも、お久しぶりです。
クレヨンのお話、自分にも思い出があるのでコメントさせて頂きます。

自分も昔はお絵かき少年(今はお絵かき中年ですが)だったので、よく画用紙とクレヨンを持って外へ遊びに行ったりしてたのですが、
ある時、画用紙にケーキの絵を描いて野山羊に
「ほーら、美味しそうなケーキだぞ~」
と、食べさせてみたら、見事に「べっ!」と、吐き出された事がありました、
多分、クレヨンの味が口に合わなかったのだと思います。

最近のクレヨンは子供が間違って食べても大丈夫なように食紅と蜂蜜を固めて作っているそうなので、
今の子は紙に描いたケーキを山羊に食べさせる事が出来るかもしれませんっていうか、
いっそ紙も食べられるようにして、絵に描いたようなご馳走を・・・(^^;

1965:Re: 安全なクレヨン by しのぶもじずり on 2014/02/13 at 16:52:27 (コメント編集)

レバニラ様、いらっしゃいませ。

う~む、そもそも山羊が紙を食べるというのは、本当なのでしょうか。
そこから、ちょっと怪しい気がします。
しかも、絵に描いた餅ならぬ、ケーキを食べさせるって(笑)
純粋なお絵かき少年だったのですね。

食紅と蜂蜜のクレヨン!
甘くておいしそうな感じがします。
食べてみたいかもう。

楽しいコメントを ありがとうございます♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア