RSS

馬十の辻に風が吹く――登場人物

   ※物語が進むにつれ、追加していきます。


<真神門(まかみかど)一族>

 真咲(まさき)―― 体術は得意だが、呪術には自信が無い一族の姫。
 太久郎(たくろう)―― 真咲の兄。
 背衛(そともり)―― 真神門の当主。
 阿久り(あぐり)―― 背衛の妻。真咲たちの母。
 花澄(かすみ)―― 真咲の姉。宮中では卯白(うしろ)の女蔵人と呼ばれている。
 飛丸(とびまる)―― 真咲の弟子。少年。

<帝の家族>
 桜子皇女(さくらこのひめみこ)―― 十一歳。木五倍子(きぶし)殿に住む女御の娘。
 幸真千皇子(さきまちのみこ)―― 桜子の異母弟。八歳。母親は紅椿殿。
 東宮 ―― 明るく元気な人。
 美穂積皇子(みほつみのみこ)―― 第二王子。母親は身分が低い。

 北山院 ―― 先の帝。
 石切(いわきりの)親王こと大蔵卿 ―― 帝の弟。皇子時代は人気があった。
 太保以(おほい)―― 石切親王の息子。東宮坊の官吏。
 

<その他>
 葦若(あしわか)―― 惨殺された先の右大臣一家 石動原(いするぎはら)の生き残り。
 雪明りの式部―― ファッショナブルな女官。
 兄多遅(えだち)―― 石動原家の家人。葦若の護衛をしている。
 砂々姫(ささひめ)―― 熱密の姫君、使者団の責任者。あだ名はじゃじゃ姫。
 尾黒(おぐろ)―― 木五倍子殿に飼われている三匹の猫のうちの一匹。暴れん坊の問題児。
 新月―― 同じく 木五倍子殿の黒猫。
 茶帽子―― おなしく三毛猫。
 多万記(たまき)―― 葦若の叔父。都に居る葦若に代わり、領地を仕切っている。
 阿房(あぼう)―― 評判の占い師。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア