RSS

馬十の辻に風が吹く 第一章―8

「真咲だ」
「新しい先生です。 花のことを教えてもらっていました。
 白くて とても小さな かわいらしい花を見つけたのです」
 幸真千と桜子が 口々に紹介した。

「それはそれは、 私も見てよろしいですか。
 皇女様が見つけられた花を、 ぜひ私も拝見したいものです」
 宰相が にっこりと華やかな笑みを浮かべて近づいてきた。
 豪華絢爛な笑顔である。
 桜子が こころなし頬を染めた。
 十一歳にまで色目を使うんじゃない!  と真咲は心中で吠える。

「知らない草花を不用意に触られるのは いかがなものでしょう。
 毒などあっては大変でございます」
 とりつくろうつもりか、
 雪明かりの式部が 余計なことを言いながら、 宰相の後に続いた。

「毒ではありません。 薬草です」
 むっとして、 真咲が言い返す。
「そうですか。 どんな効能ですの?」
 先ほど見られた場面から、 できるだけ話をそらそうというつもりだろう。
 式部が食いついた。

 真咲は、 そんな式部をじろりと見て、 おもむろに続ける。
「肌がつやつやになり、 顔色が良くなって 美しさが増します」
 式部は、わずかに目を見開いて駆け寄った。
「煎(せん)じて飲めば良いのかしら」
「花が咲く頃に摘み取ります。
 煎じることが多いですが、 そのまま噛んでも大丈夫」
「味は?」
「…… そうですね…… 味は………… 恋の味でしょうか。
 皇女様、 皇子様、 お部屋に戻って お勉強の続きをいたしましょう。
 参りますよ」
 真咲は二人の手を掴んで、 足早にその場を後にした。
 二人を引きずらんばかりにして急いでいると、
 ウギャーッ
 後ろから 式部と宰相の悲鳴が聞こえる。

「真咲先生、 そういえば、 まだ花の名を聞いていません」
 心配そうに振り向いた桜子が たずねる。
「千振(せんぶり)です」
「あら、 聞いたことがあります。
 …… ええーっ、 もしかして、 苦くて有名な 胃の薬ですか」
「正解」

 千振は 苦い物の例えに使われることで有名だが、
 胃の薬としては 乾燥したものを粉末にして飲んだり、 煎じたり、
 あるいは 他の薬種と混ぜて 丸薬にしたものが一般的である。
 生薬に詳しくなければ、 生の実物を知らないことも多い。

「でも、 さっきは お肌がつやつやになるとか、
 顔色が良くなって美しくなる とか言いませんでしたか」
「胃の腑(ふ)が健康になれば、 そうなります」
 もちろん、 わざとである。
 腹が立ったあまりに、 思わず意地悪をしてしまった。
 腹の虫の居所がおさまらない真咲は、 反省と後悔を 棚の上に上げた。

「真咲、 恋の味がするとも言ったぞ。 絶対に言った。
 恋とは苦いのか」
 幸真千が 鋭い所を突いた。
「大人になったら 分かります」
 時に、 恋は苦い。 特に初恋は。

「とっても勉強になりました。 深いわ。
 真咲先生、 好きです」
「余が先に好きになったのだ」

 この先、 幸真千皇子は
 「にがいのは嫌いだから、 余はこんりんざい恋はしないぞ」
 と、 しばらくの間 言い続けることになる。



戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1939: by lime on 2014/01/29 at 21:28:14 (コメント編集)

ああ~、あの少年が、こんな風になっちゃったのですか。恋は、思っているうちが花ですね。
片思いの相手に20年ぶりに会って、がっかりした記憶がよみがえります。(まあ、お互い様かな)
でも、あきらめずに恋しなさい、少女よ。

1940:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2014/01/30 at 10:01:25 (コメント編集)

> 片思いの相手に20年ぶりに会って、がっかりした記憶がよみがえります。(まあ、お互い様かな)

おお! limeさんにそんなことが!!
会わないから、余計に美化しちゃってたりもするのかしら。
会わぬが花ということもありますよね。

芦若の宰相は、かなりガッカリしてもらえましたでしょうか。

1941:配役は by ネット on 2014/01/31 at 21:59:30 (コメント編集)

美しくセクシーで、ひ弱な宰相、一番に浮かんだのは、「岡田将生」ですね♪
古傷で腕力がない(と見せてる)のは、敵を欺くためで、終盤の活躍に期待したいです~

ただ、真咲16歳のイメージが…
個人的には、新垣結衣・岡田将生のコンビは好きだけど、アクション、年齢に難点ありかな^^
アクション・殺陣の出来る女優は、福田沙紀、北乃きい…
10代のデーターは、ないですね~若く見えるなら「能年玲奈」♪
アクションも、やりたいと言っていたし^^

お邪魔にならない程度に、妄想しております!

1942:Re: 配役は by しのぶもじずり on 2014/02/01 at 10:06:30 (コメント編集)

岡田将生君ですかあ。いいですねえ~♪

真咲ですが、16歳は気にしなくてもいいと思います。
知り合いにも大人っぽい高校生が居ますし、高校生に見える20代も居ます。
アクションシーンがありますから、得意な人のほうがいいかな。
福田沙紀ちゃんも、北乃きいちゃんも可愛いぞ。迷うなあ。
能年玲奈ちゃん! 面白そう。

ネットさんの妄想は楽しいです♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア