FC2ブログ
RSS

犬派のねこまんま  その30である

<ウサギは寂しがりやなのさ>


 ウサギは 寂しいと死んでしまう。
 そういう伝説だか、 神話だか、 ファンタジーだかを お聞きになった事があるだろうか。
 まことしやかに伝えられているが、 真偽のほどは分からない。

 ただし、 寂しがりやというのは、 本当であると思われる。
 少なくとも、 耕助に関しては 真実と言わざるを得ない。
 なにかっちゃまとわりつく。
 ベランダの戸を開けると、 すぐに飛びついてくる。

 ある時、 ぐらりと来た。
 地震だ。
 ベランダの戸を開けたら、
 次の瞬間には、 耕助が 吾輩の胸の中に すっぽりと納まっていた。

 親が用意した避難袋があった。
 緊急の際には 個人的に持ち出したい物もあった。
 しかし、 耕助で手いっぱいである。
 他に何も持てない。
 何かあった時、 吾輩は 耕助だけを抱いて逃げる羽目になるのだと、諦めた。


 吾輩が ゆっくりと読書の時間を楽しもうと、 本を開くとする。
 だが、 文字を追う吾輩の視線を、 無遠慮に遮るものが出現する。
 耕助だ。
 目前の視界が、 耕助の間抜け面でいっぱいにふさがれる。
 他には 何も見えなくなる。
 邪魔である。
 あまつさえ、 吾輩の顔を ぺろぺろと舐める。
 何も見えない。

「邪魔だよ」
 言いながら、 吾輩は耕助の頭を下に押さえて、 視界を確保する。
 しかし、 耕助は諦めない。
 またもや 視界が遮られ、 頭を押さえこむ ということを何度か繰り返せば、
 耕助は ついに気が付いた。
 吾輩が邪険にするのは、 がいけないらしいと。

 くるりと振り向き、 本を咥えて 投げ飛ばしたのだ。
 本は、 一直線に部屋の隅まで吹っ飛んだ。
 たいした力である。
 吾輩は 読書を 諦めた


 ウサギには、 自分自身では けっして届かない場所がある。
 耳と耳の間 である。
 大きな耳が邪魔をして、 長い後ろ脚でも 掻けないのだ。

 ちょっとした気まぐれを起こした吾輩は、 そこを やさしく掻いてやった。
 かなり気持ちが良いらしく、
 耕助は うっとりと眼を閉じて、 満足げであった。
 吾輩も満足して、 手をひっこめた。

 足りなかったらしい。

 無造作に置いた吾輩の手の下に、 耕助の頭が もぞもぞともぐりこんできた。
 もっとやれという催促だ。
 というか、 吾輩の手を 便利に使おうとしている。
 仕方なく、 耳の間を掻いた。
 いい加減飽きたので、手を引っ込めると、
 またもや 便利な道具を求めて、 頭を突っ込んでくる。
 満足するまで、やらされた。
 その後も、 度々 吾輩の手は、 耕助の耳の間掻きとして使用された。

 良い飼い主になるのも大変である。


 ある時、 吾輩は暇を持て余して、
 だらしなく寝ころんでいた と思いたまえ。
 すると、 耕助が寄り添うように、 隣りに寝転んだのだ。
 すっかりくつろいで、 長々と寝そべっている。
 二本の丸太が転がっているような塩梅だ。

 たまたま部屋を覗きに来た母が言った。
「あら、 二匹が、 おんなじ恰好で転がってるわ」

 聞きつけた妹も見物に来て、 笑い転げた
 まあ、 笑われても、 添い寝されるのは、 悪い気分ではなかった。




29へ☆☆☆31へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1762: by キョウ頭 on 2013/11/16 at 21:13:37

「ウサギは寂しいと死んでしまう」という説が一般化したのは、「あのドラマの影響かなぁ」と思っていますが、さて!?

私の手元にある雑学本によると、「ウサギはそもそも群れて行動をするのは苦手で、1羽でもまったく問題なく生きていける」だそうです。
もともと、一匹狼気質の持ち主なのですねぇ。
まぁでも、「中には甘えん坊がいても、おかしくはない」とは思いますヨ

1763:可愛いw by 赤鈴(アカスズ) on 2013/11/17 at 04:04:56

耕助可愛いw
甘えん坊さんなんですね(*´∀`*)


うちの愛犬ナナは俺が近寄ると逃げてしまいます。
どうやら、かまいすぎたらしいw

完全にウザがられてますw


今なら思春期のお子さんを持つ親御さんの気持ちが少し分かる気がします。

1764: by lime on 2013/11/17 at 07:49:34 (コメント編集)

やはり、耕助は並外れて知能が高いうさぎなのではないでしょうか。
学習能力もすごい。
私は庭でゲージ飼いだったので、そこまでなつくことはなかったのですが、一緒に住むとそんなに愛らしい姿を見せてくれるのですね。
ううーん、すごおくかわいいぞ耕助。
耳の間、いっぱい掻いてやりたい><

1765: by 次席家老 on 2013/11/17 at 10:27:55 (コメント編集)

へぇ~,
うさぎって,そんなに
いちゃついてくるんですか。
人には慣れないのかと思ってました。
知ってれば,もっと可愛がったのに・・・。

1766:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2013/11/17 at 17:29:22 (コメント編集)

ウサギは。群れで行動するのが苦手だったんですかあ。
「ウォーターシップダウンのウサギたち」のせいでしょうかしら。
群れが得意なイメージを持ってました。

じゃあ、耕助は変わり者だったのかあ(笑)

1767:Re: 可愛いw by しのぶもじずり on 2013/11/17 at 17:34:24 (コメント編集)

赤鈴様こんにちは

愛犬にウザがられるって、どんだけ かまい倒したんですか。
赤鈴さんの片思い?   かわいそう!

1768:Re:lime様 by しのぶもじずり on 2013/11/17 at 17:39:43 (コメント編集)

実際に飼ってみないと分からないことってありますよね。
ウサギがあんなになつくというのは、予想外でした。

飼い方にもよるのかしら。
誰かがすぐに部屋の中に入れてしまうので、同居状態でしたから。

1769:Re: ご家老様 by しのぶもじずり on 2013/11/17 at 17:52:16 (コメント編集)

「動物会議」って言ったかな?
歌をご存じないですか。

 ♪キツネはずるくはないんだと
  ロバはのろまじゃないんだと
 みんなで相談したという

動物に固定したイメージってありますものね。
亀は思ったより速いし、ウサギは案外のんびり。

獣医さんに聞いた話では、ブタは賢いみたいです。
助けてくれた獣医さんを、一年近くたっても覚えていて、
すぐに駆け寄って、なついてきたそうです。
「ブタ野郎」という罵り言葉は、ブタに失礼だわ。

イソップとか、昔話の影響でしょうか。

1770: by かよ☆かあちゃん on 2013/11/18 at 05:20:47

私もうさぎ飼ってみたいなあ。今は犬が二匹もいるから放し飼いができないから、無理だけど。
私のずっと昔の同僚もうさぎを飼っていて、やはりとても人懐こかったそうです。そのこのトイレは部屋の一角にあったらしく、家の人間に怒ったりすると、自分のうんちを後ろ足でぽーんとその人に向けて蹴飛ばして、怒りの表現をしていたそうです。はは。

1771:Re: かよ☆かあちゃん 様 by しのぶもじずり on 2013/11/18 at 11:32:37 (コメント編集)

いらっしゃいませ。

うんち飛ばしですか。なかなかの攻撃技術ですが、ダメージは少ないですね(笑)
うんちは黒くて、一見弾丸に似ていますが、軽い!
乾いているので、臭くもないし、可愛いだけだわ。
やって見せて欲しいくらいです。

ウサギの特技もそれぞれなのですね。
面白いです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア