RSS

どひゃあ! 人肉カプセル?

 ネットをウロウロしていたら、
 「人肉カプセル」 というのを見つけました。

 事件が発覚したのは 昨年らしいですが、
 私は 今頃見つけました。

 中国のどこやらで、
 死産など、 もしくは 生まれたての赤ん坊を 粉末にして、 カプセルを作っているらしい。
 それを 韓国に 薬として密輸したらしい。
 密輸が、 いまだに止まらないとか。
 飲んでいる人が居るんでしょうね。


 記事を読んで、 ぶったまげました。
 現在連載中の 「薬種狩り」にも、 薬種は 薬草ばかりではないと書きました。
 動物性の物や、 もちろん微生物、 鉱物まである とは聞いていましたが、
 人肉とは 思いきりましたね。
 その発想は 無かったです。
 取り入れたら、 全く違う物語になりそう。


 薬効は おそらく無い とのことですが、 感染症の危険は あるかもしれない。
 そう 記事には書いてありました。
 調べたところ、 人間のDNAが ちゃんと含まれているらしい。
 Y染色体も入っているので、 胎盤とかではなく、
 赤ん坊が成分になっていることは 確実らしいです。


 自然界には、 共食いする生物も いないことはないですし、
 極限状態で 生き残る為に食べる という物語もあったりはしますが、
 薬って……、 それもリアルに……。
 いやあ、 たまげました。
 人肉そのものではなく、
 粉末にして カプセルに詰めている ってことは、 完全に薬扱いですよね。
 天狗様、 どうなんでしょうか。

 今頃驚いている私は、 遅れていますか?


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1726:はじめまして。 by イッセー on 2013/11/02 at 20:57:14 (コメント編集)

なんでもアリの中国ですね。
しかし、日本でもかつては人間のパーツを薬として販売していた過去があります。
公儀介錯人だった山田朝右衛門は、死罪となった罪人の死体から肝を取ることを許されていて、それを丸薬にして売っていました。
また、人のミイラも粉にして薬として珍重され、ある薬種問屋が年に一度虫干しをするときは、大勢の人がミイラ見たさに寄ってきたそうです。

これらは江戸時代の話でご存知でしたら、スミマセン(謝)。
しかし、現代でもそんなことが行われているとは・・・買ってる人は原料が何なのか知ってるのでしょうか?

1727: by lime on 2013/11/03 at 08:23:27 (コメント編集)

うわあ、それはすごい。でも、中国なら、あっても不思議はない気がします。
人体を粉末にするって、すごく大変だし、べつにほかの動物でやってもいいわけなんだから、わざわざそれを実践するっていうことは、本当に効用があるって信じて作られてたんでしょうね。
呪術的ななにか?
医学的根拠はなさそうですもんね。

1728:ありそう… by 大海彩洋 on 2013/11/03 at 12:03:26 (コメント編集)

中国4000年の歴史……何でもありそうですね。
イッセーさんも書かれておられるように、肝の話は日本でもありましたよねぇ。河童のミイラ、とか言って売られていた妙薬も、多分何かの動物やもしかして死産の嬰児ってことはあったかも……
ただ、それを現代にやるのはやっぱりどうよ、ってことですよねぇ。
病は気から? 効くと思って飲んだら効くのかしら?
でも、やっぱり感染症はあるかもしれませんよねぇ。う~ん。
そういえば、中国から輸入した薬で、肝臓を悪くした人がいたなぁ。あるとき久しぶりに会ったら、顔が真っ黄色で……幸いやめたら回復されたのですが。
薬の中身はよく見たほうがいいんですね。でも「人肉」とは書いていないか…

1729:Re: はじめまして。 by しのぶもじずり on 2013/11/03 at 12:32:02 (コメント編集)

イッセー様、いらっしゃいませ。

代々の首斬り朝右衛門は、お役目がら特権があったとは、どこかで読んだ気がします。
そうですか。肝を取ったんですか。
初耳でした。
興味深いお話を、ありがとうございます。

そういえば、畠中恵作の「しゃばけ」に、ミイラが出てましたね。
主人公一家が営む薬種問屋が、薬種としてミイラを仕入れる話が。

案外驚くほどの事でもなかったのかしら。(オイオイ)

> しかし、現代でもそんなことが行われているとは・・・買ってる人は原料が何なのか知ってるのでしょうか?
知ってるみたいですよ。だから、人気?

1730:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2013/11/03 at 12:42:00 (コメント編集)

科学的な薬効は発見されていないようですよ。
でも、プラシーボ効果的な……的な。
で、韓国では人気があるみたいで、密輸が続いているのだとか。

昔は、強い敵と戦って殺したら、肉を食べて、相手の強さを自分のものにする。
そういう部族もあったらしいし、呪術的な 何か。
そうんな感じなのかしら。

なにしろ、中国四千年の歴史ですから、昔からあったのかもね。
死産とか、死んだ子ども(まさか、わざわざ殺してはいないでしょうから)が原料ですから、
感染症は怖いですね。

1731:Re: ありそう… by しのぶもじずり on 2013/11/03 at 13:01:45 (コメント編集)

大海彩洋様 こんにちは。

人肉だから人気があるみたいですよ。
しっかり「人肉」と表示されているんじゃないでしょうか。

現在の科学でも、何故、薬が効果を出すのかは、
よく分かっているわけではないようです。
だから、臨床試験が大事。

絶対に薬効がない とは言い切れないけど
(臨床試験をやっているとは思えない)、
飲みたくはないです。

1737: by 次席家老 on 2013/11/04 at 11:08:50 (コメント編集)

「中国ですから」
はい,このひと言で,
だれも驚きませんよ。

1742:Re: ご家老様 by しのぶもじずり on 2013/11/04 at 11:43:19 (コメント編集)

中国は何でもアリ。
みなさん、そう思っていらっしゃるみたいですね。

私は驚きました。
中国人は、イスとテーブル以外の四足をなんでも食べる、と言われますが、
二本足ですよ。
あら、赤ん坊は、まだ四足?  う~ん。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア