RSS

薬種狩り 八の2

「教えの書には、
 わいらが より良き生を全うする為に、
 遠ざけなくてはならぬ悪しき事柄が ことごとく書き記されておるのだ。
 『美辞麗句で惑わそうと近付く者を 遠ざけよ』
 『ねえ、 今晩お暇?  あたし寂しいの。 あっためて欲しいわぁ~ん。
 などと色気で惑わす 怪しい女を遠ざけよ』
 わいら自身を守り、 一族の誇りを守る為に、 心して あらゆる悪を遠ざけよ。
 いささかでも教えの書に背く事があれば、 日々悔い改めよ!」

 何という迫力だ。
 一言一言 睨みつけるように聴衆を見回しながら、
 一人も逃さないように話しかける。

 恐ろしげな声は、
 よく磨かれた壁や天井に反射して、 部屋の隅から隅まで わんわんと響きわたり、
 いまにも鼓膜が破れそうな勢いで突き刺さる。
 内容にツッコミを入れる気も起きない。
 そうだ 悔い改めてしまおう。
 間違っていました。 ごめんなさい という気になってしまう。

「悪しき習慣を遠ざけよ。
 真実を覆い隠す嘘を遠ざけよ。
 日々新たに悔い改めよ!」

 お空の雲が白いのも、 天狗の鼻が赤いのも、 みんな私が悪いのよ。
 そんな気がする今日この頃、 とばかりに、
 部屋に埋め尽くされた村人たちの肩が ずりずりと下がっていった。
 じっと聞いているだけで げっそりしてしまう。
 平気そうな様子をしているのは、 もはや村長一人である。
 それだけのことで、 うっかり尊敬してしまいそうになる。

 永遠とも思える 長く重苦しい時の流れに 溺れ死んでしまいそうになった頃、
 やっと講義が終わった。
「では、 九日後の教えの集いまで、 皆、 気を引き締めて 滞りなく過ごすよう」
 九日に一度、 毎回こんなつらい目に遭っているのかと思うと、
 村人たちが気の毒になってしまった。
 よそ者相手に 憂さ晴らしをしたくもなろうというものだ。
 耳の中が、 ついでに 頭の中までジンジンしている。
 三人は、 何をしにここまで来たのかまで 思い出せなくなっていた。

 村人たちは、 気力を使い果たしたように うなだれてぞろぞろと部屋を出ていく。
 その中に、 一人だけ 穂田里にガンを飛ばしてきた若いのが居た。
 寝床山に登ろうとした時に、 棒を持って殴りかかってきた男だ。
 おかげで 正気のかけらを取り戻した。
 責任者に直談判するのだった。

 聴衆は すっかり出て行ってしまい、
 残ったのは 三人の他には、
 声の大きな大男と 置物のように動かない 皺だらけの村長だけになった。

 村長に声を掛けたが、 反応がない。
 皺に埋もれた目は 明いているのか 瞑っているのか 判断に迷う。
 もしや気絶していたのではと、 顔の前で 掌をひらひらと動かしてみると、
「おお、
 わざわざ導師の説教を聞きに戻るとは、 おまんらあ、 たいそう物好きだら」
 動いた。
 耳障りな大声で言いながら、 耳の穴から耳栓をはずす。
 導師と呼ばれた大男は 先刻承知しているのか、 それを見ても 特に文句を言う様子がない。
 あなどれない村長である。



戻る★★★次へ

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア