FC2ブログ
RSS

特異点について、恐れ多くも説明してみます

 limeさん へのコメ返で、
 数学的に 特異点に居合わせたせいで、 予知夢を見たのかもしてない、
 などと勝手な妄想めいた説を 書いてしまったのですが、
 ちょっと不親切なコメだったかと思い、 少し説明してみます。

 自慢じゃありませんが、 私は 数学で赤点 を取るのを得意にしていました。
 その私の説明ですから、 専門的ではなく、 ど素人の説明です。


 まず、 遊園地のジェットコースターの線路をイメージしてください。
 幅もあり、 二本線だったりしますが、 無視して、 一本の線に変換してください。
 それが、 三次元空間における曲線です。
 交点も、 先の尖った点も無い曲線です。
 そうじゃなければ、 ジェットコースターは走れません。

 そこに、 太陽から燦々と光が降り注いだと思ってください。
 地面に、 線路の影ができるはずです。 いや、できます。
 その影が、 三次元から二次元に投影された図です。

 太陽の位置や角度によって、 影には 交点尖った点ができることがあります。
 それが、 三次元から二次元への投影における特異点 です。
 三次元空間では離れている位置が、二次元に投影されることで、重なってしまうのです。
 太陽の位置によって、 特異点は変わりますし、 出来なかったりもします。
 四次元から三次元、五次元から四次元のように、下位の次元に投影されることで、
 現れるのが特異点です。

 もっと詳しいことが知りたい方は、
 広中平祐先生関連か、 もしくは それ相応の数学関連書籍等で調べてください。
 コメ返にも書いたように、 数学の世界では、
 ずいぶん前から、 四次元、五次元、六次元とか 当たり前のように扱っているみたいです。
 私には、 これ以上の説明は 無理!


 さて、 ここからが 私の妄想 です。

 私たちは 三次元空間に居る。 そのはずです。
 でも、 1時間前の私は、 今この瞬間に居る私とは少し違っています。
 1時間の時間経過のせいです。
 姿勢や考えていることは元論違いますが、
 その間に 死んだ細胞や、 生まれた細胞があるかもしれません。
 だから、 生まれてからこの年まで生きてきた「私」は、
 三次元空間だけにとどまっていた訳ではないのではないか と考えました。
 四次元と無縁ではないのかもう。
 そんな風に思っちゃうわけです。

 何かの拍子に、
 四次元か、 あるいは もっと高次元の「特異点」に遭遇すれば、
 予知夢を見ることもあるのかな、 とか思っちゃいました。


 以上、 あくまで私の妄想です。



【予知夢を見ちゃいました】★★【宙に浮かぶ白い点々を見た】

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1636: by lime on 2013/09/15 at 18:19:54 (コメント編集)

あ、面白いことに気づきました。
しのぶさんの説明された特異点は、数学的な特異点なのですね?
私が理解している特異点は、物理学的な特異点で、少し意味合いが違うようです。

物理学では、重力が無限大になり、通常の物理学の常識が成り立たない点・・・たとえば、ブラックホールのような点です。
数学の特異点って、次元の変換点のような感じなのでしょうか。
どちらにしても、通常の常識が通用しない、ある点、という感じですよね。

で、本題ですが。
おっしゃるように、次元の関係かも・・・とか。
何かの弾みで、時間と空間がスライドして、意識だけが別の次元に飛んだのかも。

体は時空を超えないけど、意識だけは超えたのか。

うう、でも、私は、未来は一秒先も、作られてはいないと思うタチなので、そこで止まってしまう。しのぶさんは、未来は決まってると思われる方ですか?
だけど、私も予知夢を見たことがあるので、悩みます。

予知夢の研究、このまま、続けましょう。^^

1637:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2013/09/15 at 19:02:30 (コメント編集)

次元の変換点ではないと思います。
本来、離れている点どうしが、低位の次元に投影されると、交わってしまう。
そういう点のことです。

物理学の特異点だと思ってしまわれたんですね。そっちもあったか。

時間の流れは、そもそも一直線なのか、という問題もありますよね。

> 予知夢の研究、このまま、続けましょう。^^
うわお。
コメントを下さった彦星さんも、予知夢を見られたようです。
もっとサンプルが欲しいですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア