RSS

あなたも魔法使い

 電気のことを 英語で、 エレクトリシティと言いますよね。
 これは ラテン語のエレクトリカから来ているようです。
「琥珀のような」という意味みたいです。

 ギリシャ語で、 琥珀エレクトロンと言います。
 毛皮と琥珀をこすると、 軽い羽が吸い寄せられる。
 ご存じのように、 静電気のせいです。
 この現象は、 紀元前には すでに知られていました。

 琥珀 はきれいな石ですから、 宝石として 装飾品に使われました。
 ドレスアップして 琥珀を身に付けていると、
 人間は動きますから、 衣装とこすれて静電気が発生します。
 静電気が溜まって、 時に パチッと放電します。
 乾燥した冬に、 金属に触るとバチッとくる、 あの現象です。
 昔の人は、 悪霊や悪魔 から、 琥珀が 魔法で守ってくれるのだと考えました。
 今でも 琥珀はパワーストーンとされています。

 昔も居たんじゃないでしょうか。
「琥珀の魔法だって?  そんなものは迷信さ」
 と言った人が。


 16世紀をすぎるあたりから、 だんだんに科学と認められるようになりましたが、
 それまでの長い長い間、 琥珀は魔法の石でした。
 雷は、 神様のお怒り ということになっていました。
 電気は、 魔法や奇跡だったわけです。


 今、 私たちは 毎日 魔法で夜を明るくし、
 魔法を使った器具で チーンと料理をしたり、 食べ物を温めたりし、
 クソ熱い夏に 部屋を涼しくしたり、 寒い冬に 部屋を暖めたりし、
 はるか遠くにいる人と 直接話をし、
 一生行かないかもしれない場所の情報を 魔法の箱 で知ることができます。
 私は、 今現在 魔法で文章を書き、 ネットの乗せている訳です。
 昔の人が見たら、 腰を抜かすでしょう。

「科学で証明できない事を信じるなんて、 馬鹿だ」
 そう思いますか?

 もう人類は、 世界の秘密を 全部知っているのでしょうか。
 私は そうは思いません。
 全ての学問は、 未だ 発展途上にあると思っています。
 まだまだ 吃驚仰天するようなことが 発見 されるかもしれないと思っています。

 だから、 どんなに不思議なことも、
「そんな事は 科学で証明できない。 迷信だ」
 の一言で片づける気にはなりません。

 今は全然分からなくても、 そのうちに、
「ああ、 あれって、 そういう事だったのね」
 という日が 来るかもしれない。

 それまで、
 琥珀玉を集めたり、
 こすってみたりするのも
 面白いかもしれないと思うのです。




戻る★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1596:こんばんわ! by 赤鈴(アカスズ) on 2013/08/31 at 19:35:29

たしかに、その通りですね。

昔の人からすれば"携帯電話"や、"スマホ"なんて、それこそ考えられないような代物でしょうね。
きっと―

「彼の道具は神が造りし道具か!」

と驚くことでしょう。


同じように、今の我々では考え付かないような物を、100年後、200年後には当たり前のように使っているかもしれません。

そう思うと、なんだか不思議な気持ちになるのです。

1597: by lime on 2013/08/31 at 19:40:38 (コメント編集)

もう、これ以上の発展ってあるんだろうかと、いつの時代の人も思っていたんでしょうね。
わたしなど、20年後くらいの日本の通信機器が、どんな具合になってるか、想像もできません。ちょっと楽しみ。
この科学をもってしてもわからない、幽霊の正体、なんてのも、分かる日が来るのかもしれませんね。
琥珀。ちょっと欲しくなりました。
ああ!でも、静電気が!

1598: by Fancy Pool on 2013/08/31 at 21:42:32 (コメント編集)

ドラえもんのように
いろんな道具を持って昔にタイムスリップしたら
昔の人がそれを見たら、神にでも見えるのでしょうか。
でも、タイムマシーンって
現在でもまだありませんけどね。

Fancy Pool の思う
いちばん不思議なことは
人間が存在していることだと思います。

人間という
こんな不思議な生物がいるこの地球。
それは大きな青い琥珀です。

1599: by なになに子 on 2013/09/01 at 00:24:45

おっしゃる通りですね。
謎が解けて次の迷信と言われるものが出てくる
堂々巡りかもです。
だから 楽しい?

1600: by 大海彩洋 on 2013/09/01 at 03:35:47 (コメント編集)

世界には今でも分からないことが充ちています。
分かっていることなんてほんの少しだと、いつも思います。
発展は……このまま、どこへ向かうのだろうと思うことが沢山あります。それを遣う人類が、賢明であればいいのですが、技術だけが増殖している、そんな気もしたりします。技術や発展と一緒に、人間の賢明さも大きくなればいいのですが、そうは行っていないような……
琥珀。私も大好きな石です。
地球の記憶が閉じ込められている。

1601: by 富貴美 on 2013/09/01 at 10:01:14

はじめまして。
昔、宝石店で琥珀の招き猫を見つけました。
じーっと見てると店員さんが・・・来ますね(笑)
ちょっと質問していいですか?と私が聞いたのは
「これ、燃えます?」でした。
あのときの店員さんの顔ったら・・・(笑)
琥珀だから燃えてもおかしくないなぁ・・・と思ったものですから。

1602:Re: 赤鈴様 by しのぶもじずり on 2013/09/01 at 12:23:56 (コメント編集)

いらっしゃいませ

あたりまえに使っているものでも、よく考えると不思議でいっぱいです。
電気については学校でも習いましたけど、さて、その正体は?
と考えると、案外、いいかげんにしか分かってなかったりします。
そもそも、何故、原子や分子にも、プラスとマイナスがあるんでしょう。
やあ、不思議だわ~。

1603:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2013/09/01 at 12:26:24 (コメント編集)

おお! 幽霊の正体! 知りたいです。
私は、たぶん見たことはないですが、見ても、気づかないだけだという人もいますし、
枯れ尾花だけではないかも、という気もします。

エレキテルとか、エレクトロニクスとか、エレキギターとかの「エレキ」の元をたどったら、
琥珀にたどり着いた時は吃驚しました。
電気は魔法だったのか!
魔法使いたちの探究心に乾杯。

1604:Re: Fancy Pool様 by しのぶもじずり on 2013/09/01 at 12:30:54 (コメント編集)

いらっしゃいませ。
タイムマシーンも、そのうちにできるかもしれないですね。
潜水艦も、ロケットも、人型ロボットも、物語の中に登場した想像の産物でしたが、
実現化しちゃってますからね。

人間も不思議。人間が言ってるんだから、確かです(笑)
人間を含む生物そのものが、とっても不思議!
生命って何なのでしょう。
生命現象は、何に由来しているのでしょう。
生命をたくさん育んでいる地球は、奇跡の星ですねぇ~。

大きな青い琥珀!! ファンタジーです。

1605:Re: なになに子様 by しのぶもじずり on 2013/09/01 at 12:32:26 (コメント編集)

解ったと思った途端に次の謎が!
わくわくしますね。
世界は謎でいっぱいです。

1606:Re: 大海彩洋様 by しのぶもじずり on 2013/09/01 at 12:35:00 (コメント編集)

技術は使い方が問題ですよね。
ノーベルさんが願ったほどには「ノーベル平和賞」が警告になっていないかも。
ダイナマイトを発明するのは楽しそうだけど、
ダイナマイトを使って人殺しをするのは、全然楽しくなさそうなのにね。

琥珀は、見た目もミステリアスですよね。
魔法の石っぽい。

1607:Re: 富貴美様 by しのぶもじずり on 2013/09/01 at 12:37:24 (コメント編集)

いらっしゃいませ。

確かに、樹脂の化石ですから燃えそうですよね。
見た目も、燃えそうな感じがします。
店員さんは驚いたでしょうね(笑)

ダイアモンドは炭素の塊だから、きれいに燃えるらしいです。
誰が燃やしたんだろ?
誰が、琥珀で招き猫を作ろうと思いついたんだろ?
楽しいコメントをありがとうございます。

1608: by ROUGE on 2013/09/02 at 18:27:36

昔は科学を「錬金術」と呼んでいたんですよね~
魔法も結構、薬学だったり。

でも、理論では片付けられない事も沢山ありますよね。

色んな想像をしながら夢を見る
そういうのって心が豊かになりますね♪
琥珀は中に虫が入っていたりして・・・
すごく神秘的ですね(笑)

1609:Re: ROUGE様 by しのぶもじずり on 2013/09/03 at 10:52:43 (コメント編集)

おお!!!  錬金術!
そそられる響きです。

ROUGEさんの薔薇ガーデンは、魔法です。
半日かげの狭いお庭だとおっしゃりながら、あの豊富な種類と豪華な咲きようは。
絶対に魔法だ!

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア