FC2ブログ
RSS

赤瑪瑙奇譚 第四章――4



 宿に着いて、帳場に姫様からの労(ねぎら)いを ことづかってきたと言うと、
 奥から驚きの声が上がった。

「ユン!」

 カムライだった。
 後に 困った顔をした ホジロもいる。

「ユン、 戻ってきたのか。 また助手をするのか」
 ユキアの胸に 赤瑪瑙があるの見て、 カムライが 嬉しそうに眺めた。
「いえ、 今度は 姫様一行の衛士を、 臨時だけど」
「ユン、 会いたかった。
 ホジロが意地悪で、 ユンの住まいを教えてくれないのだ」
「住所不定なのよ。 ちょっと こっちに来て」
 ユキアは カムライを 物陰に連れて行った。 喜んで 付いて来る。

「ねえ、 わ……ユキア姫と結婚したら、 新居は 何処になるの、 教えて。 姫様に頼まれたの」
「あ、 あのう、 断りたいのだ。
 いろいろ手違いが…… と言うか、 思い違い……ん、 何だろう、
 とにかく 私は ユンがいいのだ。
 好きだ」
「……………………………………えっ」

 ユキアは 焦った。
 わたし、 結婚前に浮気されてる? 
 それも 相手がわたし。 冗談じゃないわよ、 と 思うわけだった。
 でもこの状況で、 自分がユキアだとは 言いづらい。
 ええい、 正体不明の覆面女に向かって、 なにトンチンカンに とち狂っているのよ。
 浮気は 許さないわよって、 言ってもいいのだろうか。 複雑……。

 ややこしいので 一時棚に上げておこう。
「うるさいわねえ、 それより新居は何処になるのよ。 教えなさい!」
 カムライは 勢いに負けて、 春の離宮の場所を 詳しく説明してしまった。

「ユン、 私の言ったことを、 聞いているか?  春の離宮を どうするのだ?」
「明日の朝、 調べに行ってくるの」
「では、 案内する。 夕方までは 空いているのだ。」
 知っている。
 夕方から、 祝賀興行の舞台を 一緒に見る予定なのだ。

 陰でこそこそしている二人をみたメドリが、 ホジロの腕をつかんで、 小さな声で 問い詰める。
「あの人、 カムライ殿下よね。 仲がいいじゃないのよ。
 それに 王子様ったら顔を上気させて、 まるで 恋する青年みたいじゃないの」

「何でもかんでも 僕に聞かないでよ。
 そういう人間関係とか、 人情の機微とか、 惚れたはれた には詳しくないんだ。
 ねえ、 マホロバの ウケラ城の住所って分かる?  あそこは何丁目何番地になるの? 
 しつこく住所を聞かれたけど、 僕そういえば 知らないなって思ってさ」

 ホジロは、 どうでもいいような 役に立つのか立たないのか分からないことには、 変に詳しいくせに、
 実生活上の こまごましたことには、 本当に疎い。
 はっきり言って 馬鹿に近い。

「じゃあ、 手紙は どうやって出しているの?」
「マホロバ王国ウケラ城宛で、 ……あ、 それでいいのか」
 コクウ担当の調査責任者が出てきて、 話は それまでになった。


戻る★★★次へ


トラックバック
by まとめwoネタ速neo on 2012/05/28 at 13:27:24

 宿に着いて、帳場に姫様からの労(ねぎら)いを託(ことづか)ってきたと言うと、 奥から驚きの声が上がった。「ユン!」 カムライだった。 後に 困った顔をした ホジロもいる。「ユ...

トラックバック送信先 :
コメント
108: by ポール・ブリッツ on 2012/05/28 at 08:16:18

「恋は男を盲目とし、シリアスでまじめな男を幼子へと変える」太宰治

……ウソです(^^;)

109:Re: ポール・ブリッツ様 by しのぶもじずり on 2012/05/28 at 12:11:52 (コメント編集)

「しのぶもじずりは 激怒した」         by太宰治

冗談です (*^^)v

428: by blackout on 2012/08/14 at 23:22:35

同一人物とわかったときのカムライの反応が楽しみですねw

429:Re: blackout様 by しのぶもじずり on 2012/08/14 at 23:45:20 (コメント編集)

ありがとうございます。
私も、書きながら、そこが楽しみでした。
さて、どうやって分からせようかとワクワクしながら書いてました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア