RSS

迷惑な子ども――1


「部屋は、 空いてるっちゃ 空いてるんですけどね。
 女の人が独りというのは……」

 気の良さそうな旅館の女将は、 迷惑そうな表情を取り繕うこともせず、
 それだけ言って、 押し黙った。
 女将と言っても、 見た目は 普通のおばさんだ。

「お部屋が空いているなら、 何とかお願いします。
 決して 怪しい者ではありませんから。
 ほら、 そこにマルダンがあるじゃないですか。
 私、 そこで 一週間仕事をしなくちゃならないんですよ」
 星子は 必死に頼み込んだ。
 怪しく見えないように、 明るい笑顔も付けてみた。
 近くに自殺の名所はないはずだ。

 しかし、 女将は困った顔をますます顰める。
「うーん、
 実は、 以前にも 仕事できたという女性のお一人様をお泊めしたんですけどね。
 後から男の方が合流して、 部屋で 大喧嘩を始めるわ なんだかんだで、
 えらい目にあった事があるんですよ」

「男も 借金取りも 追いかけてきません。
 急な駆け込みで 申しわけないとは思いますが、 ご迷惑はかけません。
 F駅前のマルダンでも 先週仕事してきたんですよ。
 住所が似ていたので、 駅前のビジネスホテルから通えるかと思ったんですけど、
 こんなに遠いとは思っていなくて。
 しかも、 電車がちょうどいい時間に全然ないじゃないですか。
 泊めて頂けないと、 ほんとに困ってしまうんです。
 お願いします」

 一応、 県庁所在地である。
 だからと言って 都会というわけではない。
 賑わっているのは 市の中心地であるF駅の周囲だけと言っていい。
 ちょっと離れれば、 たちまち静かな田舎町である。
 これから仕事をする場所は、 F駅からたった一駅ではある。
 ただし 私鉄はないから、 長距離列車の各駅停車に乗っての一駅だ。
 けっこう距離がある。
 しかも 本数が少ない。
 一時間半から二時間に一本あるかないかなのだ。
 バスは走っているようだが、 初めての町で賭けてみる気にならない。

 やっと見つけた旅館は、 小さな安宿で、 隣りは畑である。
 他に泊まれそうなところは ありそうになかった。

 星子は、 すがりつくような目で、 必死に頭を下げた。
 勝った。
 星子は 宿を確保した。

 勤め先の本社は東京にある。
 仕事は主に関東だが、 時折 地方の仕事も舞い込む。
 大きな町だと、 二人で行くこともあるが、 売り上げの見込みによっては、 一人のことが多い。
 デパートや大型スーパーで、 子ども相手の出張写真館の仕事である。
 小さなスタジオセットごと移動する。
 一応 カメラマンである。

 女将の気が変わらないうちに、 そそくさと荷物を下ろし、
 朝晩の食事も頼み、 挨拶と打ち合わせのため、 店に赴いた。


 行ってみれば、 予想以上に立派なスーパーだ。
 先週仕事をしたF駅近くの店舗よりも広そうでさえある。

 先週は 調子が良くなかった。
 地元のバイトを一人 手配してくれるよう、
 マルダンに依頼してあったのだが、 捕まらなかった。
 一人きりで、 全部やる羽目になった。
 それは良い。
 珍しい事ではない。

 しかし、 同時期に同じ店に入った 干物を扱う業者の男には困った。
 しつこく飲みに誘われた。
 酒は飲まないと言ったのに、 毎日誘ってきた。
 泊まっているホテルを聞き出そうともする。
 鬱陶しいったらありゃしない。

 星子の仕事も 似たようなものだが、
 大型店が目先を変える為に、 一週間単位で 催事めいたテナントを入れることがある。
 こま物とか、 金物とか、 焼き物とか、 印鑑とか様々あるが、 干物屋もその手の業者だ。
 そういう業者は 年中全国を渡り歩いて商売する。
 結婚していても、 なかなか家に帰れなくて、
 自分の子どもに、 よそのおじさん扱いをされたりするらしい。
 寂しいのだろう。
 しかし、 寂しいからといって、 仕事先で知り合った女を追いかけまわすのは違う、
 と思う星子であった。

 今回は、 そういう催事めいたテナントは、 他には入っていないようだ。
 バイトも手配できたという。
 星子は 気分を変えて頑張ろうと思った。

 旅館の食堂で夕食をとりながら、 心中 秘かに気合を入れてみた。
 狭い食堂も、 どんぶり飯の食事も、 まるで下宿屋みたいだったが、
 泊まれただけで、 特に不満はない。
 お代わりを勧められて、 意気揚々と どんぶりを差し出した。



★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア