RSS

次回作予告



 次は、 短編に行きたいと思います。
 題名は 「迷惑な子ども」 です。
 前回の短編が 「泣きわめく子ども」 でしたが、
 子どもシリーズ というわけではありません。
 たまたまです。


 実は、 自作の曲がありまして、
 その曲とコラボした作品を書いてみよう と思ったのがきっかけでした。
 曲と同時発表しようかな、 なあんて事も考えました。
 ところが、 書いてみたら、 曲と全く合わない。
 当初考えていたストーリーは 変えていないのに、
 言葉を使い、 文章にしてみたら、 雰囲気が全然違っちゃいました。

 いやあ、 書いてみるまで分からないものですね。
 だから 面白いんですけどね。
 あるんですよ。
 おお、 ここで これ が出てきたか! とか、
 なんで こうなる? とか、
 私って、 こんなこと を考えていたのか、 とか、 とか。
 書くと、 発見したりするのです。

 そういうのが無いと、 書いても楽しくないですからね。
 プロットと登場人物が同じでも、 書く人間が違えば、 違う物語になる。
 そんな気がする 今日この頃です。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1495: by flowerh on 2013/07/21 at 07:41:55 (コメント編集)

こんにちは~

歌は短いだけに、
受け取り方も変わってくることがありますね。

話していると、
あれ?
って、かみ合わなくこともたまに(^^;

短ければ短いほど深くなりますね。

1496:Re: flowerh様 by しのぶもじずり on 2013/07/21 at 09:17:05 (コメント編集)

いらっしゃいませ。

確かに歌詞だけだとそうですよね。
でも、音は情報量が多いですから、言葉とは違った情報が盛りだくさんに入り込みます。
だから、曲と、短編作品の雰囲気がすっかり違ってしまったのではないかと思います。

音楽に、メロディ・リズム・ハーモニーがあるように、
文章にもリズムはもちろん、それぞれの単語が持つイメージばかりでなく、組み合わせや順番で、
様々なハーモニーが生まれるのではないかと思います。

私の作詞は、全然自信がありませんが、
詩のように短いものは、短い故の難しさががありそうです。
読むスピードは、長文より、詩のほうが遅くなりますよね。
う~む、確かに深いです。

コメントをありがとうございました。
おかげさまで、自分が考えていたことも、少し整理できたように思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア