RSS

あやめと花菖蒲は どっちがどっち?

六月だというのに、 関東では雨が降らないです。
お洗濯にはありがたいけど、 暑いです。
もう 夏みたいです。

 でも、 植物は間違えていないみたい。
 あちらこちらで「あやめ祭り」 という名の 花菖蒲の観賞会が始まっています。
 「アヤメ」で画像検索すると、 花菖蒲がいっぱい出てきます。
 花菖蒲、 あやめ、 杜若、 いちはつ。 何だか みんなそっくりです。


 いちはつは、 一番先に咲くから、 イチハツらしいです。
 素直なネーミングです。
 これは、 葉っぱが分かりやすく違うので、 見分けやすいです。
 平たい印象の比較的浅い緑色の葉が、
 茎から重なるように、 枝分かれするように 出ています。

 生の杜若(かきつばた)は 見たことが無いかもしれません。
 絵画や工芸品の図案では けっこう見かけます。
 国宝「燕子花図屏風」をはじめとして、 名品があります。

 この時期に、 あやめ祭りや観賞会で見るのは 花菖蒲です。
 あやめは 水はけの良い土地でしか育たないらしいので、
 水辺の風情では 楽しめないのです。
 掘り出せば、 根の状態も違うらしいです。
 私は掘った事がないので、 確認はしていません。
 花の中心部は、 よく見ると 違いがあります。 
 名前の通りに あやめ――網々になっているのが アヤメ。
 黄色い筋があるのが 花菖蒲です。

 ですが、
 パッと見で、 華やかな印象があるのが 花菖蒲 だと思えば、
 たいがい 合ってます。
 背が高くて、 豪華な花を咲かせます。
 押し出しが立派です。


 で、 昔、 とある植物学の先生から、 あやめと花菖蒲の見分け方について、
 もう一つ ポイントを教えてもらいました。

 片方は、 葉の先っちょが、 ほんのちょっぴり鉤型に曲がっているのです。
 もう一方は、 あくまで 剣のように鋭く 真っ直ぐなのです。
 よ~く見ないと 分からないくらいの差です。

 さて、 どっちがどっち でしょうか。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1394: by lime on 2013/06/18 at 20:15:07 (コメント編集)

本当にこれって、よくわかりませんね。
あやめもしょうぶも、漢字で書くとどちらも菖蒲。これって、いいの?って感じです^^;

あやめ、菖蒲、花菖蒲、杜若、どれも違う花なんですね。
もう・・・一緒でいいじゃん。とかいうと、怒られそうですが^^;

イチハツという名前は、初めて聞きました。
画像検索すると・・・やっぱりそっくり^^;

私の中で、さらに混乱しています。笑

1395:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2013/06/18 at 22:34:02 (コメント編集)

わっはっは、分かりにくいですよね~。

イチハツは、けっこうありますよ。
普通の花壇でも育ちますから。

特に、菖蒲(五月五日にお風呂に入れる奴)は、
名前が似てるのに、花菖蒲とは花も種類も別物、ってとこが、さらにややこしいです。

1396: by なになに子 on 2013/06/19 at 09:20:18

おはようございます^^。
はははっ! ほんと分かりにくいですよね。
むかーし昔 生け花を習っていた事があります。
その時 何とかと何とかの違いは(爆)それを忘れてる。
葉先のつめとも言える微かなカーブ?が
花に向かってうち向きになっているのが何とかで・・・・(爆)これだけ覚えています。
検索してみましたが 裏付け情報はありませんでした。
私の記憶もまんざらではないi-236
失礼しました~。

1397: by かよ☆かあちゃん on 2013/06/19 at 09:59:32

こんにちは、はじめてコメントします。
私の出身地のそばに菖蒲という町があります(近隣の町と合併してしまいましたが)。菖蒲園とかはなかったような。
菖蒲といえば、小さい頃、時期になると毎年菖蒲湯につかったことを思い出します。あの独特の香り、なつかしいです。
アメリカにもあるのか、後で調べてみようかな。

1398:Re: なになに子様 by しのぶもじずり on 2013/06/19 at 10:48:32 (コメント編集)

そうです。「何とかと何とか」です。

実は、植物学の先生は、植物画を描く時に、そういうところに注意すると、
らしく描けると思うから、と教えて下さったのでした。

でも、その後に花菖蒲を描く機会があった時、
細密画ではなく、墨絵でしたから、あまり役には立っていないかも。
濃い墨一色で、薄墨も使わず、勢いだけで描いたので、
葉先にまで 神経が行きとどかなかった気がします。
ダメじゃん。

1399:Re: かよ☆かあちゃん様 by しのぶもじずり on 2013/06/19 at 10:58:52 (コメント編集)

ようこそ いらっしゃいませ。

端午の節句にお風呂に入れる菖蒲は、全く別物で、サトイモ科らしいです。
アヤメ科ですらない。
花も 蒲の穂みたいな地味な奴です
ややこしすぎますよね。絶対に混同します。

菖蒲湯の良い香りは、私も大好きです。
体が丈夫になると聞いて、私は頭が良くなるようにと 鉢巻きにした記憶があります。
迷信でした。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア