RSS

リメイクって なかなかに難しそう

 過去の名作映画をリメイクする というのがあります。
 昔評判になった作品なのだから、 オリジナルは 間違いなく面白かったわけで、
 上手くいけば、 美味しいはずです。
 でも、 そうは問屋がおろさない。
 オリジナルが名作ゆえの難しさがある と思われます。
 比べられちゃいますしね。


 古い話で恐縮ですが、
 黒沢明の 「隠し砦の三悪人」 をリメイクしたのを観ました。
 私は、 残念ながら、 オリジナルを見ていないのです。
 だから 単純に楽しめると思った訳です。
 嵐の松本潤くんが 髭面で出てきますしね。

 オリジナルを見ていない私が言うのもなんですが、
 たぶん別物でしょう。
 まったくの不出来かというと、 そう言い切ってしまうのも気の毒な気がします。
 でも、 なんていったらいいのでしょうか。
 リメイクだと思ってみたせいなのか、
 オリジナル作品というものが持っている 熱気というか、 力強さみたいなものが感じられない。
 もしくは、 観る側に過大な期待があるからなのか、
 薄い。
 オリジナルを越えるくらいの勢いがないと、 リメイクは難しいのかもしれません。


 フランス映画の名作 「死刑台のエレベーター」 のリメイクも観ました。
 阿部寛 吉瀬美智子 主演のやつです。
 これは もっと難しい。

 ポイントになるエレベーターが、
 現代日本のものと 昔のフランスのものとは 別物になっているからです。
 エレベーターに閉じ込められた阿部寛が、 抜け出そうと奮戦するところで、
 笑っちゃいます。
 いまどきの日本で、 いくら古いビルのエレベーターとはいえ、 あれはない。
 そう感じてしまうのです。
 結果、 阿部寛がおバカに見えてしまう。
 エレベーターに対する感覚が 違うのですね。
 いやはや、 リメイクは思ったより大変だわ。

 ただし、 この映画は音が良かったです。
 場面が 屋外から室内に代わる時、
 町中の雑踏越しに 通りの向かい側にある店内の会話が聞こえる時、
 音質がそれらしく変わる。
 それでいて、 とても聞きやすい音になっているのです。
 そこはとても気持ち良かったです。

 もっと昔の話になりますが、
 評判の(宣伝の生き届いた) とある日本映画を見に行きましたところ、
 音が悪くて、 早口の台詞のほとんどが聞きとれずに、
 意味不明のまま 終わってしまったことがあります。
 台詞の多い映画でしたから なおさらです。

 二本立てのもう一本は、 ちゃんと聞きとれて、 良い音でしたから、
 映画館の音響設備の問題ではないはず。
 映画は 音も大事だ、 とつくづく感じました。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1356: by 茶坊たがわ on 2013/06/02 at 21:24:51

はじめまして。
この前、椿三十郎のリメイクみました。
これも薄かったです。

三船敏郎さんは好みの男性ではありませんが(笑)、演技がうまい!
やっぱり世界のミフネだったんだなあと納得しました。

1357:Re: 茶坊たがわ様 by しのぶもじずり on 2013/06/02 at 22:17:38 (コメント編集)

いらっしゃいませ。

そういえば、私も「椿三十郎」観ました。
これはオリジナルも観ています。
リメイクは、観たことをうっかり忘れていたくらい、薄かったです。

三船敏郎の演技は上手いのかどうか、イマイチはっきり分かりませんが(笑)
画面の中の存在感が すごいと思います。
さすが、世界のミフネです。

1358: by momo太 on 2013/06/02 at 22:53:26 (コメント編集)

こんにちは♪
リメイクは難しいですよね。
私もいつもオリジナルの方が面白い気がします。
リメイクというよりオマージュなんですが、「十二人の怒れる男」を基にした「十二人の優しい日本人」は面白くて好きでした。
リメイクするならこれぐらい捻ってほしいと思います。

1359:Re: mono太様 by しのぶもじずり on 2013/06/03 at 09:41:41 (コメント編集)

いらっしゃいませ。
題名まで違っていますから、リメイクというより、捻る気満々ですよね。
そこまでやってくれると面白そうな気がします。

気合いだ! 気合いだ! 気合いだ!
ものづくりには気合いが大事。 だね。

1373: by 次席家老 on 2013/06/09 at 09:52:37 (コメント編集)

「隠し砦の三悪人」
リメイクされてたんですか。
オリジナルは観たことあります。
あれは三船敏郎以外考えられないですよ。
少なくとも,松潤はないでしょ。
「東京物語」のリメイク「東京家族」を観ましたが,まるでダメでした。
時代背景が違うのに,無理やりつじつま合わせようとして・・・,
観るに耐えなかったです。
「スパイダーマン」は面白かったけど。

1376:Re: ご家老様 by しのぶもじずり on 2013/06/09 at 13:22:40 (コメント編集)

> あれは三船敏郎以外考えられないですよ。
> 少なくとも,松潤はないでしょ。
松本潤の役は、三船敏郎のやった役とは別です。
三船敏郎の役は、阿部寛がやりました。
松本潤は、オリジナルでは、お笑い担当の百姓二人組のうちの一人です。
でも、主役なんですよね。
御想像できると思いますが、話が変わってしまっています。

> 「東京物語」のリメイク「東京家族」を観ましたが,まるでダメでした。
> 時代背景が違うのに,無理やりつじつま合わせようとして・・・,
> 観るに耐えなかったです。
そうそう、時代が違うというのが大問題ですよね。
物語は、時代背景があってこそです。
時代が違うということで、根本の大事なところが変わってしまう気がします。

> 「スパイダーマン」は面白かったけど。
そういえば、「スパイダーマン」はかなり昔に作られていたんでした。
ああいう単純な話だと違和感はないですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア