RSS

天州晴神霊記 第五章――13


「あわわわわ、
 不穏な世情をひっくり返して、 天州晴に 大平穏を取り戻す大作戦よ」
 斎布は焦った。
 とりあえず、 嘘ではない。
 もしかして 志信は、
 斎布が 朝廷をひっくり返す謀反を企てていると 本気で思っているのだろうか。
 危ないったらありゃしない。

「その大作戦には賛成だ。 一緒にやろう。
 うん、 気が合うな」
 四郎五郎は 嬉しそうに笑った。
「同じ目的を持つ同志だ。 連絡を取り合おうではないか。
 何処に行けば、 きりこ殿に会えるのか知りたい」

 斎布は困った。
 身元を明かすのは まずい。
 屋敷に来られたりしたら、 ものすごーくまずい。
 枝の隙間から見える夜空に目を泳がせて 言葉をなくしていると、
 閼伽丸が しれっと口を出した。
「今宵の祓い会が評判になれば、 都も落ち着くのではないでしょうか。
 そうなれば 作戦終了です」

「物事には詰めが肝心だ」
 四郎五郎は 当然反論する。
 むしろ、 その後が 四朗五郎にとって大問題なのだ。
 政略結婚を白紙に戻さなくてはならない。
 その上で、 気に入った女を手に入れる。
 閼伽丸は 困ったような視線をちらりと送る。
 四郎五郎が うるさそうに睨み返す。

 視線で戦う二人をよそに、 斎布が見上げている方向をたどった志信は、
 勝手に納得して ニッコリ笑った。
「あれ良いなあ。 あれにしようぜ。
 おい、同志」
 四郎五郎と閼伽丸を 指先でちょちょいと突いた。
 振り向いて 志信が指し示す先を追えば、
 炎の揺らめく明かりがやっと届くあたりに立つ 欅の高い枝にたどり着いた。

「連絡事項は あの枝に結びつける。
 秘密の大作戦っぽい」
「そうですな。
 何にしろ 作戦は行き当たりばったりよりも、
 一つ一つ計画的に推し進めるのが良策というものです。
 焦ってはいけません」
 閼伽丸が、 志信にというより 四郎五郎に言い聞かせるように、 落ち着いて答えた。


 その時、 にわかに地を轟かすかのような咆哮が上がり、
 依代から 火柱が高く吹きあがった。
 四郎五郎が 柄に手をかけて身構える。
 が、 咆哮は やがて長く尾を引いて収まり、 炎が燃え尽きたように小さくなった。

 黒焦げになった依代が、 カタリと倒れた。

 四郎五郎が警戒を解いた時には、 斎布と志信は その場から姿を消していた。


             第六章につづく


戻る★★★次へ



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1333: by キョウ頭 on 2013/05/18 at 21:38:23

何やら、ドでかい事件が起こりそうな雰囲気満載ですが…。
ひょっとして、霧呼姫のラブな展開も!?

1334: by 大海彩洋 on 2013/05/18 at 23:30:41 (コメント編集)

身近な謎からこつこつと…
そして身近な恋からこつこつと…
うーん、斎布がどんどん可愛くなってきています。
そして、結構いいところで口を滑らしてくれちゃう志信に感謝ですね(読者としては)。
今後の展開、楽しみにしております(*^_^*)

1335:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2013/05/18 at 23:52:40 (コメント編集)

クライマックスはこれからだ!
ということで、この先、どんどんおおごとになっていきます。
そのはずです。
斎布は、まだ恋に恋するお子様なので、どうなります事やら。

1336:Re: 大海彩洋様 by しのぶもじずり on 2013/05/19 at 00:02:54 (コメント編集)

志信が、こんなに良いフォローをしてくれるようになるとは思いませんでした。
この先、盛り上がっていけるよう、がんばります。

私んとこは、脇キャラが目立ち過ぎるきらいがあるので、
主役には、負けないようにがんばってほしいです。

1337: by lime on 2013/05/19 at 08:13:21 (コメント編集)

なにげに、斎布というヒロインが、今までで一番好きです。
なんとも可愛らしい。そして、賢いひと。
志信も、健気にいろいろ頑張っていて、好感がもてるんだけど、このふたりは、恋仲にはならないんでしょうか。ちょっとそんなことも気になります。

1338:Re: タイトルなしlime様 by しのぶもじずり on 2013/05/19 at 17:18:36 (コメント編集)

> なにげに、斎布というヒロインが、今までで一番好きです。
ありがとうございます。
主人公を気に入って頂けて、嬉しいです。
やっぱり物語は、そうじゃなくちゃ駄目ですよね。

志信にも幸せになってもらいたいです。
さて、この先、どうなりますやら。乞うご期待!

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア