RSS

BLが人気なワケ

 女の言葉が、 男の脳味噌に届いていないと感じることがある。
 たぶん聞いてはいる。 耳には届いている。
 しかし、 脳味噌の中に到達する前に、 どこかに消える。

 男が十分に知っていると思い込んでいる事柄について、 女が男の知らない情報などを言っても、
 気づかなかったりする。
「ふうん」 と口では言っても、
 (何バカな事を言ってんだか) と思っていることが、 ありありと分かったりすることもある。
 すぐに、 そんなことは、 すっかり忘れてしまう。

 後で、 男の口か、 あるいは 信頼できる情報源から知って、
 せいぜい、 「あれっ、そうだったのか」 とちらりと思いだせば良い方だ。
 女に 得々と語ったりすることさえある。
 聞いていない証拠だ。

 わざとではないようだ。
 故意にバカにしているのとも、 ちょっと違うみたいだ。
 もちろん、 意地悪ではない。
 無意識の反応なのだろう。
 女の言葉は、 男の脳味噌まで届かない 事が度々ある。
 そういう構造になっているのかもしれない。


 女同士、 あるいは 男同士であれば、
 解らない事なら 「それは、どういう意味?」 と単純に聞き返す。
 が、 女が解らない事を言っても、 男はおおむね聞き流す
 そういう風にできているのだ としか思えない。
 女が必死に説明しても、 徒労 に終わることは間違いない。
 男には、 聞く気が全くないからだ。
 脳味噌に落とし込もうとする気がない。
 というか、 そういう機能が働かない。

 しかし、 レズでもなければ、 基本的に女は男が好きだ
 そこで、 女は 夢想 する。
 自分が もしも男だったら、 言葉が通じるのかもしれないと。

 BLの世界だからといって、 恋する二人の関係が 必ずしも対等であるとは限らない。
 力関係が偏っていたりもする。
 それでも、 少なくとも 人間としては対等な関係になれるのではないか、 と思う訳である。
 言葉が確かに通じるのではないか、 とも思う訳である。
 それを女は夢想して、 結果、 BLは 夢の世界になる

「女って、 ほんとにバカな生き物だよな。 まいっちゃうよ。 頭の良い女っていないもんかね」
 と 公言する男が偶に居る。
 そいう男に、 とびきり頭の良い女を紹介しても無駄である。
「あいつは女じゃない」
 そういう結論を出すだけで終わる。
 男女関係になることはない。

 男が、 一所懸命に 女の悪口をあれこれ言う時、
 好みのタイプを吐露しているように聞こえることがあるのは何故だろう。
 彼の愛する妻や、あるいは恋人が、まさに、その通りの人だったりするのも、いとおかし


 幸か不幸か、 互いに話が通じる男女が カップルになることがある。
 周囲の女たちからは、 理想に見える。
 だが、 やがて、 男が疲れたと言い出して、 破局したりする。

 そうして、 男は 女の話を聞き流すようになるのだろう。
 女は、 BLに夢を見るようになるのだろう。
 いやはや難しい。



≪蛇足かな≫
  知ってる人は知っているけど、 万が一知らない人のための解説。
  BLとは、 ボーイズラブ のことであります。 男同士の同性愛を扱った小説や漫画などを申します。
  愛好する女を『腐女子』と申します。 たまに、『腐男子』も生息しております。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1223:なるほど by こくう on 2013/04/01 at 20:32:10 (コメント編集)


確かにそうかも知れないなぁと思いました。(実は聞いてない男の所です)

「得々と語ったりすることさえある。
 聞いていない証拠だ。」
まさにこういう人が知り合いにいます、父と同年代のおじさんですが^^(私はホモじゃ無いです…)

どうしても男は女性に敵わないので、むくれてるんですよ。

1224: by blackout on 2013/04/01 at 21:39:13

>女の言葉は、 男の脳味噌まで届かない 事が度々ある。

これと逆のことを感じること、ありますねw
というか、何か言おうとすると遮られたりすることさえあったり(汗)

オトコとオンナは根本的に違う生き物ってことなんでしょうね

1225:Re: なるほど by しのぶもじずり on 2013/04/01 at 22:10:43 (コメント編集)

こくう様いらっしゃいませ。

言葉だけで理解し合おうとすると、難しそうです。
犬も食わないすったもんだを繰り返して、「理解」ではない分かり方をするしかないのかもしれません。

>まさにこういう人が知り合いにいます、父と同年代のおじさんですが^^
特に、年を取って、人生にそれなりの成果を上げている人は、
男女ともに、他人の話を聞かないことがままありますよね。

1226:Re: blackout様 by しのぶもじずり on 2013/04/01 at 22:13:47 (コメント編集)

逆もまた真なり。という事なのでしょうか。

男と女の間には、深くて暗い川がある
昔、そういう歌がありましたっけ。

1227: by なになに子 on 2013/04/01 at 22:18:56

まったくその通り!!!!
男は 女の言葉を聴いてない事が多いと思う。
まるっきしスルーして脳味噌に届いていない。
言葉が 届いていると思っていると摩擦が生じる(苦)女性側の意見です。

1228:Re: なになに子様 by しのぶもじずり on 2013/04/01 at 23:10:23 (コメント編集)

ほんとにね。
耳では聞いているらしいのに、聞こえたはずの言葉の意味を考えてませんよね。
どこで行方不明になるのだろうと不思議です。

回路が違うのかなあ。

1229:夜分に~ by ひーちゃん吹雪♪ on 2013/04/02 at 01:10:20

こんばんは、しのぶさん♪

小説カテゴリ、BL強いねぇ~
しのぶさんの、BL物読んでみたい気もしますけどぉ~♪

今回の記事、

だから面白いと思うか~?
だから面倒って、思うか~?

ひーちゃんは、だから面白いと思うのだ♪
人それぞれ、ムカつく事もあるけどそれも人それぞれ~
って、言えれば良いのだけれど~

ひーちゃんは、好きなら「男・男」「女・女」でも良いジャン派♪

そもそもひーちゃんは、女なのか?男なのか?
もう、みなさんのひーちゃんのイマジンがあるから~
言っては、駄目な気がするのでがんばってるけど~
きっと、バレテェ~ラ~♪

1230:Re: 夜分に~ by しのぶもじずり on 2013/04/02 at 11:31:41 (コメント編集)

怪しいひーちゃん様。

ええー――――っ!!!
四月馬鹿は過ぎちゃったよう。
ひーちゃんは、甘いもの好きで レズ系の オタク系の オバサンじゃないの~?
ひーちゃんは世をしのぶ仮の姿なの~?

ある時は、片目の運転手。ある時は、謎の中国人。
またある時は、二丁拳銃のハードボイルド探偵。
しかしてその実態は、「美少女仮面ポアトリン」だったりするの~?
セーラームーンは無いな。

1231: by 次席家老 on 2013/04/02 at 11:51:54 (コメント編集)

は~,なるほど。でも,
私は,女性の話は丁重にお聞きしますね~。
だって,女性を敵に回したら怖いですから。
男は敵に回しても屁のカッパ。

1232:Re: ご家老様 by しのぶもじずり on 2013/04/02 at 14:53:52 (コメント編集)

たぶんですけどね、男は女の言葉を無視しているつもりはないのだと思うのですよ。
だかしかし、
女は「ああ、届いていないなあ」と感じることがある。
そういうことです。

言葉の比重が違うのでしょうか。

「人類のメスよりも、オス犬のほうが理解できる気がする」
と言った人類のオスがいましたっけ。
敵ではないです。互いに、未知の領域が広がっている。
だから、もめることがあるし、だから面白い、と思うより仕方がないのかもしれません。

1288:BL by おのみちたかし on 2013/04/21 at 23:15:17

人気小説ブログの上位の多くがBL小説なんですよね。需要があるということで・・個人的には理解不能・・怒られちゃうかな。

1289:Re: BL by しのぶもじずり on 2013/04/22 at 00:39:25 (コメント編集)

おのみちたかし様 いらっしゃいませ。
基本的には、BLは恋愛小説なんですよね。
この記事に書いた理由以外に、もうひとつ大きな理由があると私は睨んでいます。

障害があるほど恋は燃えるっちゅうことです。
現代では、身分違い、家柄が合わない、金持ちと貧乏人、
などの障害は、様々な恋愛小説が色々なパターンで克服しています。
リアルでも、さほど問題にはならないなる時代になっています。

最後に残った恋の障害が同性同士。
そういうことかなあ と思うわけです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア