RSS

犬派のねこまんま  5である          byねこじゃらし 

<貧乏人の海苔>

 故郷のボロい借家には、 が生えている庭があった。

 きれいなシャボン玉を作るレシピには、松脂(まつやに)が重要なアイテムである。
 削った洗濯石鹸、 番茶の出がらし、 そして松脂が基本の材料だ。
 番茶はつややかな七色にする為、 松脂は大きく壊れにくいシャボン玉にする為 である。
 ……たぶん。

 幼い吾輩がシャボン玉遊びをする度に 、松は皮を剥ぎ取られて 傷になっていったから、
 記憶にあるのは、 あちこち削られた 傷だらけの松である。

 吾輩は 相当な遊び人だったようだ

 庭の真ん中に立つ松は、 地震の時の 父の避難場所 でもあった。
 グラッとくる度、 父は家族を省みることなく、 一人でさっさと松にしがみつくのが慣例だった。
 無論、 家族の顰蹙(ひんしゅく)を買ったことは 言うまでも無い。

 父曰く、 しっかりと根を張っている松は 地震に強いそうである。
 竹薮のほうが 頼りになるらしいが、 生憎 さして広くもない庭に 竹薮は無かった。
「俺の生まれた年に 大震災があったから、 地震には 平静でいられないのだ」
 というのが言い分だ。
 生まれて一年にもなっていない赤ん坊の、
 それも震源地から遠くはなれた地で トラウマになるとは、 地震恐るべし。
 とは、 毎回 置いてけぼりにされる母の嫌味である。


 その庭の隅には、 毎年勝手に 赤紫蘇 が大量発生していた。
 それを使って 祖母は 梅干を漬けた。
 塩漬けにして おむすび に巻いたりもしていた。
 海苔は 高価だったので、 助かっていたようだ。
 何しろ、 元が 無料である。
 近所からも、 ねこじゃらしさんちの海苔 といわれて有名だったらしい。
 翻訳すると、 貧乏人の海苔 という意味になる。
 美味しい。 今も、 たまに青紫蘇で作っている。


 玄関先は ささやかな花壇になっていて、
 ピンクの 芝桜デイジー(サラコバナと呼んでいた)が植えてあり、
 万年青(おもと) の鉢があった。
 現在でも 愛好家がいらっしゃるようだが、 当時 ブームになっていたのではないだろうか。
 祖母が それはもう大切にしていた。

 夏の暑い日のことである。
 吾輩は バケツに水を張り、 金魚屋さんごっこをしておった。
 始めは 葉っぱを金魚に見立てて 浮かべていたが、 なんとなく 地味 である。
 ふと目に付いたのが、 赤くて きれいな 万年青の実。

 これを 見逃す手はない。

 全部 採って、バケツに浮かべた。

 可愛くて満足したが、 祖母に 大目玉を食らってしまった。
 祖母が 可愛い孫の吾輩を あんなに叱ったのは、 あれが最初で最後だったように思う。

 今頃反省


4へ☆☆☆6へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
by まとめwoネタ速neo on 2012/05/12 at 19:23:14

<貧乏人の海苔> 故郷のボロい借家には、 松 が生えている庭があった。 きれいなシャボン玉を作るレシピには、松脂(まつやに)が重要なアイテムである。 削った洗濯石鹸、 番茶の

トラックバック送信先 :
コメント
69: by lime on 2012/05/13 at 11:50:34 (コメント編集)

犬派のねこまんま、すっごくたのしいですね。
これは雑文というより、すごく本格的なエッセイですよね。ひとつの作品になってる。

いったい、しのぶさんはどんな方だろう。
なんか、非凡な感じがして。
ますます興味が沸きます。

70:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/05/13 at 14:44:24 (コメント編集)

恐縮です。

たのしいと言っていただけると、調子に乗ります。

私は 興味を持って頂くほどの人間ではない と思います。
だいたいのところ、ぼうっとしています。

77: by ポール・ブリッツ on 2012/05/15 at 17:32:20 (コメント編集)

うわーッ(^^;)

よく命がありましたねえ(^^;)

孫にブログの全データを消されるようなものですからねえ、その筋の愛好家には(^^;)

うむむ。

79:Re: ポール・ブリッツ様 by しのぶもじずり on 2012/05/15 at 17:58:58 (コメント編集)


生きていることは いつでも奇跡なのですよ。
なぁんちって。

84:管理人のみ閲覧できます by on 2012/05/16 at 10:19:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

85:Re: 鍵コメ様 by しのぶもじずり on 2012/05/16 at 10:58:30 (コメント編集)

ありがとうございます。

がんばります。

363:こんにちは by パンとぶどう酒 on 2012/07/31 at 13:17:25

貧乏人の海苔
実家の母が今でも作っています。
味は美味しいですよね。
無性に食べたくなることがあります。

オモトの実、名前だけしか知らなかったので
画像検索しました。
おばあさまが怒られるのも無理ないですね(笑)
楽しく拝見させて頂きました☆

366:Re:パンとぶどう酒様  こんにちは by しのぶもじずり on 2012/07/31 at 16:57:22 (コメント編集)

> 貧乏人の海苔
> 実家の母が今でも作っています。
わあ! 美味しいですよね。

> オモトの実、名前だけしか知らなかったので
> 画像検索しました。
> おばあさまが怒られるのも無理ないですね(笑)
そりゃあ、もう、こっぴどく叱られました。
子供は、目を離したら何をするか分かりません。

828: by on 2012/11/13 at 00:12:47 (コメント編集)

>祖母に 大目玉を食らってしまった。

怒ったことが無い祖母、ショックだったのでは?
でも、叱らないといけないときは、それが愛情ですね。

829:Re: 雫様 by しのぶもじずり on 2012/11/13 at 01:12:54 (コメント編集)

ん~、愛情というより、単純に怒ったんだと思います。
そりゃあ可愛がっていましたから。

祖母の自慢は、かわいい孫の他には、唯一万年青だったような。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア