RSS

泣きわめく子ども  7(完)

 いさ子は号泣した。

 廊下の真中で 泣きわめく子を見た級友たちは、 訳も分からずうろたえる。
 女子の学級委員が、 皆におされて慰めにかかろうとした。
「どうしたの?  大丈夫?」
 泣き声が大きくなっただけだった。

 困り果てた級友の何人かが、 「先生を呼んでこよう」と 駆けだす頃には、
 他の教室からも、 泣き声に驚いた子どもたちが、 ぞくぞくと飛び出してきていた。
 ぐるりと取り囲んで、 目を丸くする。


 駆けつけた恵比は、 ただ狼狽した。
 生徒たちが作る人だかりの真中に、 ひたすら泣きわめく いさ子が居た。
「どうしたの?」
 言いながら、 立ち上がらせようと掛けた恵比の手を、 いさ子は全力で振り払った。
 ほんの少しでも 触られるのが嫌だった。
 それでも 立ち上がらせようとした恵比が、 力を入れて腕をつかめば、
 いさ子は 悲鳴を上げて暴れた。
 取り囲んだ生徒たちが怯えるほどの、 悲痛な悲鳴だ。

 もはや、 誰の目にも明らかだった。
 いさ子が 全身全霊で 恵比を拒否していた。
 さらに大きくなった泣き声だけが、 沈黙した校舎内に 滔々と流れた。
 為す術を知らない人垣は、 取り囲んだまま、 動かない。

 誰も邪魔しないことを悟ったいさ子は、
 うつむいていた顔を上げ、 天に届けとばかりに泣いた。
 そうして、 取り囲んだ生徒たちの姿が 視界の中で揺れているのを見た。

 涙に滲んで、 ゆらゆらと揺れている子どもたちを包む 莢(さや)を見た。
 大きかったり、 小さかったり、 厚そうだったり、 薄かったり、
 丈夫そうだったり、 ゆがんでいたり、
 それぞれ様子は違っていたが、
 子どもたち一人一人が 莢に包まれ、 護られているのが分かった。
 ああそうか、 何か分からないけれど、 納得した途端に、
 いさ子は 泣いていることに飽きたと気が付いた。
 泣き声が、 少し小さくなった。

 折よく、 恵比に連れてこられた男性教諭が近づき、 なだめるように立ち上がらせた。
 隣のクラスの担任で、 いさ子は、 やっぱり好きじゃなかったけど、
 気が済んだところだったので、 もういいやと思って されるがままになった。
 その後がどうだったのかは、 よく思えていない。 どうでもいい事だった。
 溜まっていた何かが抜けて、 さっぱりした気分になれた。
 すがすがしくさえあった。



 放課後、 久しぶりに 土手の「隠れ家」に行った。
 しばらく ぼうっとしていたいさ子は、 小さな小さな声で 独り言を漏らした。
「私の莢は、 壊れて飛び散ったのかなあ」
 その頃になって、 心配になってきたのだ。
 吐息のような小声だった。

「そうだね。 吹っ飛んだねえ」
 いつか聞こえてきたのと同じだ。

 小柄なお爺さんだろうか。
 でも、 男なのか女なのか、 年寄りなのか 若いのか 判然としない声に感じる。
「今度は もっと大きな莢になるよ。 もっと丈夫な莢になるよ。 すぐだよ」
 周りを見回したが、 誰の気配も無い。

 隠れ家の天井は、 枯れかかった枝だ。
 粗雑に開いた隙間から、 いさ子は 小さな空を見上げた。
 ゆっくりと白い雲が通り過ぎる。

「ふわふわだといいな」
 大きな声が出せた。


                       




★★戻る

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1169:どもども ども。ごろ デス。 by ごろぉ on 2013/02/27 at 19:03:19

しのぶもじずりさん こんばんは。
やっとのことで アタマの中、整理がついてね
あの 泣きわめく子ども の読後感想をば。
えぃやぁ!とやってしまったら、毎日の文章と同じに
粗雑なものになってしまいますからねぇ。
  それほど粗っぽいのです、てへへ。

話が逸れました、読後の。
すがすがしい いい物語だと考えていました。

感性と云うのか 知恵って云うのか 
そう云う処で ちょっと大勢とは離れている子どもの
その育つ過程で
古く 固まってしまった殻を破る一瞬をよく表現していると
そんな風に 思えました。

恵比先生、隠れ家の暢気な声の 小柄なお爺さんの設定
これは見事ですね。
恵比先生の名前 意味が深く感じられますね。
恵み与える と 比較、検討、観察、支配する そんな名づけだろぉと。


で、
分野は違えているとは云え、同じモノづくりの○○として
付け足して云わせていただくとね、
冒頭のおかぁさんの個性表現が少しキツ過ぎるように感じた。
別の作品で この個性をもっと深堀するとして
ここでは 普通のおかぁさんで良かったかも… と 考えてます。

その代わりに
主人公のひさ子さんが プチンと何かが弾ける音を聞いた
その直後に あの暢気な声が聞こえる。
  ぬけがらを造る時期だなぁ~  か
  泣けぃ! と 云わせるか そこは貴方の世界だね。

そのように あの暢気な声を三度、登場させるのもイイかもと。

生意気なようですけど、あなたが抱えているモノ、
好いと思います。
と 云う、読後感想でしたぁ。

長文の読後感想 読破、ありがとうございました。    ごろぉ

1172:Re: ごろぉ様 by しのぶもじずり on 2013/02/27 at 22:09:02 (コメント編集)

いつもていないなご感想をお寄せいただき、ありがとうございます。

先生の名前は、そこまで深く考えていませんでした。テヘッ。
聞かれる事があったら、ごろぉさんのお説を拝借しても良いですか。


お母さんが、きついですか。
普通のお母さんのつもりで書きました。
男の子から見るお母さんと、女の子から見るお母さんは少し違うのかもしれません。

子どもは、辛くなったら、思いっきり泣いて、暴れて欲しいなと思います。
我慢しなくって良いと思います。
いつでも、見えない何かが守っているのだから。


いつも本当にありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
(香美位山、三行書き足しました)

1258:また来ます! by みに on 2013/04/14 at 09:26:52

私、3児の母として、子供の友達の母子家庭の子や共働きの子と友達のひとりのように過ごしたりするんですが、こういった場面にはよく遭遇します。大人から見ると見過ごしがちな子供の日々の心のさざ波が丁寧に取り上げられていて、大人に訴えてくる点が素晴らしいと感じました。ひさ子のように泣けずに、つくり笑いや小さな嘘を身に付けて、人と目を合わせられない子が増えていってるのを憂いてます。

1260:Re: また来ます! by しのぶもじずり on 2013/04/14 at 12:08:20 (コメント編集)

みに様いらっしゃいませ。

子どもを育てるって大変ですよね。
「親は無くても、子は育つ」という言葉がありますが、
「親があっても、子は育つ」と言った人がいました。
親も子も、それぞれに色々あって、成功例も失敗例も、それぞれで、
ほーんと、一筋縄ではいきそうにありません。

今時の子供は、好き勝手をやっているように見えても、そうじゃなさそうな気がします。
色々と我慢をしていそうに見えます。
ものがあり過ぎるせいでしょうか。でも、それだけでもなさそう。
大人も子供も、もっとのびのびと失敗ができれば面白くなるのに、とか思っちゃいます。

1284: by モモ太 on 2013/04/17 at 14:52:33 (コメント編集)

こどもにとって理不尽なことっていっぱいありますよね。
自分自身も感じていたなあ~。
今の社会はもっと複雑で、こどもたちの世界も難しくなってると感じます。
守ってくれるふわふわな莢が壊れてしまっても、もっと強くて大きな莢を作っていける、そんなふうにしなやかに育っていってほしいです。
味わい深いお話をありがとうございました。

1285:Re: モモ太様 by しのぶもじずり on 2013/04/17 at 16:21:01 (コメント編集)

こちらこそ、読んで頂いてありがとうございます。

子どもは、自分のペースで育ってゆける力があるんじゃないかと思います。
いっぱい失敗して、いっぱい叱られて、いっぱい恥ずかしい目にも遭って、
ゆっくりと育って行けたら良いのにと思います。
現代は、ちょっと失敗したからって責め過ぎるような気がします。

大人もね。

1384: by レバニラ on 2013/06/13 at 22:59:12 (コメント編集)

どうも、こんばんはです、
久しぶりにしのぶさんの物語を拝読しました(^^ノシ

こういう、ひさ子ちゃんみたいな「ぼーっ」とした感じの子、うちの近所にも居ますねぇ(^^;
相手はこっちの事なんて全然意識にないから、車で走っている時にこの子に出くわすとドキッとするんですよね、車が来てるのに普通に車道を横断しそうで。
なのである日、その子が何処かに行っちゃうまで自分も車の中で「ぼーっ」としてたら、
何かのどかで幸せでした(笑)

「じゃあ、あの子にとってこの世界ってのどかで幸せなんだろうなー・・・」と、思うと羨ましい気もしますが、
車には気を付けて欲しいのが大人としての本音です。

1385:Re: レバニラ様 by しのぶもじずり on 2013/06/13 at 23:42:26 (コメント編集)

こんばんは

そうですか。居ますか。
本人はそれなりに、真面目にやってるつもりなんだと思います。
車には注意するように言っておかねば、ですね。
危なっかしく見えるかもしれません。

1707: by ぐりーんすぷらうと on 2013/10/23 at 09:09:41

とってもすっきりとした読み終わりでした。
でも子供を持つ母親としてはちょっと身につまされるものがありました(笑)
うちの子もどちらかと言うと面倒になったらほったらかしにしてしまい、後へ後へと伸ばしてしまう性質がありまして(笑)
でもひさ子ちゃんのようにやっぱり周囲に怒られるのを怖がっている部分(特に私?)が大きいのかも?なんてちょっと自分を省みてしまいました。

でも子供の感情の爆発って普段やっぱり上手くやっていこうとするだけに突然訪れたりするんでしょうね。
大人が思う子供のイメージって直情的な感じがしますけど、自分の幼いころを思うと決してそんな事はありませんものね。
なんかわけのわからない事をツラツラと書いてしまいました。
また他のも感想とか書かせて頂くかもしれません。長々と失礼いたしました。

1709:Re: ぐりーんすぷらうと様 by しのぶもじずり on 2013/10/23 at 11:16:39 (コメント編集)

いらっしゃいませ。

子どもは、まだ上手く言葉で説明できないけれど、感情は一人前。
感覚は大人以上。そんな風に感じます。
だからなんでしょうね。突然爆発するように見えたりする。
怖いものも、実はよく分かっていない。

大人になると、何が怖いかを知った分、よけいに臆病になる部分がありますよね。

ご丁寧な感想をありがとうございました。
うれしいです。
これからも宜しくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア