RSS

蜻蛉の願いはキンキラキン 第八章――4



 さらに歩いてたどり着いたのは、 寂れた小さな村だった。
 低い山々がボコボコと連なり、 平地が少ない上に 交通の便も悪い 辺鄙な場所だ。
 それでも、 わずかな隙間に 古くて小さな小屋がいくつか見えるが、
 無人なのか 傾きかけたものさえある。

 その中でも いくらかマシに見える小屋に 近づいてみることにした。
 へろへろになった星白も 何とか追いつく。

 ウウーッ、 突然物陰から不穏な唸り声がした。
 姿を現したのは 黄色い犬。
 野良犬なのか、 汚れている。
 おまけに ひどく不機嫌そうだ。
 さらに性格も悪いに違いない。
 いやな目つきで睨み、 歯をむき出して一同に吠えた。

 星白は、 重い荷物によろめきながら、 それでも蜻蛉をかばおうとする。
 健気(けなげ)な青年である。 あんたは偉い。

 ワンワン、 キャンキャンと喧しく吠える犬を どうしたものか思案していると、
 今度は 突然小屋の戸がガラリと開いて、
 薪雑棒(まきざっぼう)を振り立てた ごついおばちゃんが登場した。
「こらーっ!  やかましい。
 また盗みに来たがや。 そうはいかせんで。 あっちに行きゃあせ。
 この性悪(しょうわる)犬が!  しっ、 しっ」

 犬は危うく退散した。
 おばちゃんの完全勝利である。

「こんにちは奥さん。 見事なお手並みでござる。 助かりもうした」
 一郎が 如才なく話しかけた。 やはり、 女なら誰でもいいらしい。

「いやー、 ムキになってまった。
 見ない顔だけど、 何処から来やーした」
「はい、 眞籠国から旅をしてきました。
 丁度良いところで 素敵な奥さんに会えてよかった。
 どこか近くで 泊まれる所はありませんかな」
「ええ男だなも。
 やあっと歩いて来やーしたみたいだがなも、
 村に 宿は無えがや。
 うちに泊まってもらいてやぁけど、 亭主がやきもち焼きだで、 そうもいかんがや」

 おばちゃんは しばらく考えていたが、 近くの空き家を教えてくれた。
 つい最近離村した人が住んでいたらしい。
 古い鍋釜とせんべい布団がまだそのまま残っているから、
 不便だろうけど 泊まれないことはないとのことだ。

 一郎が 自慢の笑顔で礼を言うと、
「あとで 米と野菜を持ってったるで、 食べてちょ」
 おばちゃんは親切だった。


 空き家は、 なるほど使えそうだった。
 星白たちが よろよろしながら背中の荷物を下ろしている隙に、
 桜は蜻蛉を物陰に引っ張り込んだ。
「宝珠は近いのだな」
「うん、 ここだ」
「では、 おまえが持っている宝珠を出せ。
 星白をわたしの魅力と宝珠で 足止めしておいてやる」
 蜻蛉は、 宝珠を手放すのが惜しそうだったが、 結局逆らえない。
 いやいや宝珠を渡した。

 桜は 縁切り札を剥がし、 入った袋ごと 見えないように腰に付けた。
「よし!  これで星白はわたしの虜だ。 おまえは こっそり一人で探し出して来い」
「桜さん、 えげつない」



戻る★★★次へ




 <麻本呂婆国西南地方の 方言講座>

     なってまった → なってしまいました。

     そうはいかせんで。 あっちに行きゃあせ → そうはいきませんことよ。あちらにお行きなさい。

     何処から来やーした → どこからいらしたのかしら

     やあっと → 長いこと  用例)やっとかめだなも → 久しぶりですねえ。

     食べてちょ → 召し上がってくださいな

  語尾の変化  ~だがなも → ~ですけどねえ
           ~がや → ~わよ
            
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1030:管理人のみ閲覧できます by on 2013/01/13 at 15:58:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1032:Re: 鍵コメK様 by しのぶもじずり on 2013/01/13 at 18:51:26 (コメント編集)

わざわざお知らせいただき、ありがとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしく♪ (*^_^*)

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア