FC2ブログ
RSS

アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】

「なきにしもあらず」というブログに紹介されていた
アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】 というのを you tubeで見ました。

 平成三年 
 日本の傷痍軍人会代表が、 大東亜戦争の対戦国であったオランダを訪問しました折、
 同国の傷痍軍人会代表とともに 首都アムステルダム市長主催のパーティーに招待されました。
 その時のアムステルダム市長 エドゥアルト・ヴァン・ティン(Eduard van thijn)氏の 歓迎の挨拶です。

 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Dx-BBg0AgP4
 アムステルダムの光芒



 同じ内容を 日本人が言ったなら 、極右だ と非難されるだろう内容です。
 大東亜戦争で 日本が残した功績を讃えています。
 学校の社会科で習った事とは えらい違いです。

 戦争の功罪をいうなら、 罪が功をしのぎます。
 歴史の中で 避けられなかった事とはいえ、 戦争は不幸でしかないのはもちろんでしょう。

 武器がとんでもない方向に進化し、
 闘いの作法などという骨董品が 行方知れずになって、
 非戦闘員ばかりが 大量に殺される現代においては、
 不用意に戦争を起こせば、 地球を滅亡させかねません。

 人類は、 もう、 戦争を起こしてはいけない時代に入っているのだと思います。



 しかし、「アムステルダムの光芒」を見た時、 思い出したことがあります。

 大東亜戦争に出兵した 経験者の話です。
 その人が生きていた時に 話してくれたことです。

 その人は、 終戦の時を ベトナムで迎えたそうです。
 全面降伏した日本の兵ですから、 現地で捕虜になりました。
 当時のベトナムは フランスの植民地でした。
 捕虜収容所には 軍属として ベトナム人が働いていたとか。

 彼らは、 日本兵に対して、
 こっそりと ベトナム語の最上級の尊称で呼びかけたそうです。
 残念ながら、 言葉自体は忘れてしまいましたが、
 日本語にすると「旦那さま」みたいなことでしょうか。

 フランス兵には 決して使わなかったらしいです。

 彼らは 日本兵の所に来ると、
 目をキラキラさせて 「見ていてくれ、 必ず独立する」と 熱く語っていたのだとか。

 その人は言いました。
「あの 泣き虫のベトナム人が、 本当に独立できるとは」
 昔の日本男子は めったな事では泣かなかったから、
 なにかっちゃ泣くらしいベトナム人が 頼りなく思えたのでしょう。

「あの中に、 独立に向けて活躍した若者が 居たのかもしれないなあ」
 ハノイを通る広い道路は、 工兵隊だったその人が作ったのだと、
 ベトナムの風景を映すテレビ画面を見ながら、 うれしそうに自慢したのでした。


 日本軍は、 アジアのあちこちに、 インフラと 独立への意欲を 残したのですね。



2へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ






トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1009: by 次席家老 on 2013/01/05 at 11:35:10 (コメント編集)

太平洋戦争なのか大東亜戦争なのか。たしかに大東亜共栄圏の果たした役割を完全には否定できないですけどね。
肝心なのは,あの戦争を教訓としてどう生かしていくかですね。

1010:Re: 次席家老様 by しのぶもじずり on 2013/01/05 at 16:42:16 (コメント編集)

えーとぉ、大東亜戦争は日本が名づけたものでぇ、
太平洋戦争は、連合国の言い方でぇ、

そんでもって、第二次世界大戦は、太平洋戦争を含む枢軸国(日本を含む)と連合国の戦争で、
大東亜戦争はアジアが舞台の戦争?

なんかあ、この辺は言い方がややこしいですよね。

アメリカやヨーロッパから見れば、太平洋戦争でしょうが、
主に戦場になった国々からすれば、東アジア戦争、もしくは東南アジア戦争という感じがするのではないでしょうか。

1011:こんばんは、しのぶさん♪ by ひーちゃんだニャァ~♪ on 2013/01/06 at 17:30:32

でもなぁ~、戦争したい方、してる方、国いるよねぇ~

最悪だよねぇ~

力は見せ付けるモノでは無いって、分からないのだよねぇ~

戦争を起こしてはいけないって気付いた時は、遅いのだろうねぇ~

1012:Re: こんばんは、しのぶさん♪ by しのぶもじずり on 2013/01/06 at 17:47:46 (コメント編集)

ひーちゃん いらっさいませー。

> 力は見せ付けるモノでは無いって、分からないのだよねぇ~
おお! さすがはひーちゃん、良いこと言ううよね。
弱い犬ほどよく吠える っていうけど、
自信がないから、躍起になって武装するのかねえ~。
やめときなよ~ って言ってやりたいよね~。

> 戦争を起こしてはいけないって気付いた時は、遅いのだろうねぇ~
いやいや、早々に気付いてもらわねば!!!

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (113)
目次 (13)
犬派のねこまんま (39)
あれこれ放談 (193)
私の文章修業 (35)
完結長編 (611)
赤瑪瑙奇譚 (78)
くれないの影 (76)
蜻蛉の願いはキンキラキン (97)
天州晴神霊記 (117)
薬種狩り (97)
馬十の辻に風が吹く (76)
ずぼらなユン、やぶれかぶれ (70)
掌編・その他 (122)
画像 (103)
マル子とペケ子 (7)
へべれけな人たち (5)
ミュージック (4)
短編 (49)
クロウ日記 (10)
香美位山 (6)
泣きわめく子ども (7)
迷惑な子ども (7)
まだまだ (4)
富士山の見つけ方 (4)
姫様爆走中 (11)

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア