RSS

犬派のねこまんま 4である          byねこじゃらし

<人間だって 生き物なのだ>

 35年前、 奴隷として アメリカに連れてこられた黒人を描いた
「ルーツ」というドラマが 大ヒットした。

 日本でもブームになり、 「あなたのルーツを調べます」 とか言って、
 インチキっぽい家系図をでっち上げる、 怪しげな商売 も繁盛した。
 主人公の クンタキンテという名前も、 けっこう有名になった。
 色の黒い男の子の あだ名になったりもしたはずだ。
 わーい、 クンタキンテ

 人間は時に、 己の過去どころか 先祖まで 気になることがあるらしい。

 法事の為、 久しぶりに 故郷を訪れた吾輩が、
「子どもの頃に住んでいた場所めぐり」 を思い立ったとて、 誰が責められよう。

 その企画に 両親が乗っかった。
「案内してやる」と、 父が 勝手に ガイドに名乗りを上げた。
 迷惑だったが 仕方がない。
 日ごろ 親不孝をやりたい放題の娘としては、 ここは 我慢の一手だ。

 吾輩が産声をあげたのは、 故郷の町を流れる 川の畔に在る
 赤い屋根の産院 であるらしい。
 高台にある 虚空蔵さんを祀ったお堂から、 赤い屋根を確認するところから、
 思い出の場所めぐり は始まった。

 吾輩には、 そこに 思い出なんか無い。
 生まれたての赤ん坊に、 無理な期待をされても 困る。

 小さな産院で、 生まれたのが日曜日だったことから、 人手が足りず、
 吾輩は、 母親が手当てをされている間、 棚の上に 放っておかれたらしい。
 人間の赤ん坊だって、 けっこう しぶとく生きる。

 ついでに、 吾輩の発祥の地 まで案内されてしまった。
 郊外の山にある草地の 緩やかな斜面だった。
 吾輩はアオカンで発祥したらしい。
 まさか そこまで案内されるとは、 想像もしていなかった。

 母は 激怒 した。

 怒りが収まらない母を連れ、 ゆるゆると散策していたら、 近くの林で ベニテングタケを発見した。
 まるで絵本に出てくる茸のように 可愛らしい水玉模様で、 見るからに メルヘンそのもの。
 毒だと知らなくても、 これは食べないだろう と思ったものである。

 ヤマカガシの巣を見つけて、 しばし遊んだりもした。
 昔は、 ヤマカガシは 毒を持っていない と思われていたのだ。
 マムシより強力な毒 がある と判明したのは、
 無事に 我が家に帰り付いてから、 およそ 数ヵ月後の 新聞記事であった。

 蛇の研究者には、 もう少し早く 仕事をして欲しかった。
 おとなしいからといって、 ヤマカガシを侮ってはいけないのだ。


 住んでいた家にも行ってみたが、 跡形もない。
 何しろ、 当時 すでにボロ家だったから 当然といえば 当然である。

 ボロい借家に、 祖母と、 足の不自由な伯父と、 出戻りの叔母と、
 両親を亡くした従姉と、 私の両親、
 そして 黒猫のロク が居るところに、 吾輩は 生を受けたのであった。

 アオカン になるはずでである。


3へ☆☆☆5へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
50: by ポール・ブリッツ on 2012/05/05 at 12:57:07 (コメント編集)

「ルーツ」とはまた古い言葉を……(^^;)

そのころわたしはものごころがついていないころです(^^;)

これ以上書くと個人情報が(笑)

51:Re: ポール・ブリッツ様 by しのぶもじずり on 2012/05/05 at 14:24:59 (コメント編集)

> 「ルーツ」とはまた古い言葉を……(^^;)

そうなんですよ。
ねこじゃらし女史は、ネコマタジャラシの間違いかもしれません。

こんど突っ込んでおきますね。

54:はじめまして! by ma shanti mika on 2012/05/06 at 11:57:24

リアルタイムではありませんが、

ルーツ

は全部見ました。

そんなに流行ったモノだったのですね。

確かに面白く、切なく…でも、流行ったモノだとは知らずに
レンタルビデオ屋さんで
借りて見ました。

懐かしく思いました。

「ミカズワールド」ミカ

55:Re: はじめまして! by しのぶもじずり on 2012/05/06 at 12:11:29 (コメント編集)

いらっしゃいませ ようこそミカ様
コメント ありがとうございます。

> そんなに流行ったモノだったのですね。

そうなんですよ。ドラマを見ていない人も、クンタキンテは知っている。
というくらい ブームになったらしいです。


173:ルーツとはまた by あかね on 2012/06/17 at 01:14:43

なつかしいです。
私もたしか、テレビでちらっと見たような記憶があります。
クンタキンテ、忘れられない名前ですね。

私も数年前に幼いころに住んでいた土地に行きました。
私は幼すぎたのでなんにも覚えてませんが、一緒に行った母がショックを受けるくらいに、そこは激変していたそうです。



328:おはようございます by パンとぶどう酒 on 2012/07/22 at 06:13:46

「クンタ・キンテ」
とても懐かしい響きです。
「ルーツ」当時は子供から大人まで
熱中した記憶があります。
私が大事にしていた野球グローブ
(巨人の高田繁選手モデル)にクラスメートの誰かが
「クンタ・キンテ」と落書き。
悪戯した犯人は分からずじまい。
とっても凹んだ記憶があります(笑)
「ルーツ」は今でもDVDレンタル可能な気がします。
また教養文庫で所蔵しています。
今でも十分楽しめる作品ですよね。

330:Re: おはようございます by しのぶもじずり on 2012/07/22 at 11:02:40 (コメント編集)

パンとぶどう酒様 おはようございます。

> 私が大事にしていた野球グローブ
> (巨人の高田繁選手モデル)にクラスメートの誰かが
> 「クンタ・キンテ」と落書き。
> 悪戯した犯人は分からずじまい。
> とっても凹んだ記憶があります(笑)
あだなばかりか、落書きまでいってましたか。

響きが、とても印象に残る 良い名前ですよね。
みんな忘れてくれれば、自作で使いたいくらい。
でも、DVDはあるし、本もあるしで、使えません。若いのも、知ってる人は知っている。

楽しい(?)思い出コメントをありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア