RSS

蜻蛉の願いはキンキラキン 登場人物紹介


 蜻蛉(とんぼ)―― あだ名はヤゴ。一応主人公。
             伝説の卵形宝珠を8個、全部集めて世界征服を狙って旅に出た。
             趣味は四弦琴演奏。体型も中身もお子様。

 桜あ(さくら)―― 変名はお梅。蜻蛉の祖母。黒宝珠から授かった霊力を使える。
             まじない師で生計を立てている。腹黒い。あくどい。悪賢い。

 星白(ほじろ) ―― 美青年。卵形宝珠を全部集めて、世界を救おうとして旅の途中。
              桜にビビっている。笛を吹く。趣味は人助け。

 一郎(いちろう) ―― まだ若いのに星白の祖父。渋い二枚目。趣味は男女交際。

<第一章のチョイ役>
 ニワトリ、古道具屋の親父

<第二章のチョイ役>
 友里恵(桜の常連客)、公民館の管理人、開墾記念行事実行委員(こぶとり)とボランティアの皆さん、
 茶阿先生(学校の先生、四弦琴の鬼)、ひろみ爺さん(牧場主)、美和さん(宿の女将)、飲み屋の老夫婦、
 農協五人組、犬、猫、村長、

<第三章の登場人物&チョイ役>
 悪者の親分(営利誘拐を実行)、悪者二号、悪者三号(母親を亡くしている)、赤麿(地主の孫)、
 地主、警邏隊の皆さん、

<第四章の登場人物&チョイ役>
 段々畑の一家、酔っぱらいの通行人、その筋の親分と子分たち、矢場の親父、
 八尺(やさか) ―― ぼさぼさの髪と無精ひげ、見た目がよれよれのむさい男。
              飲んべえ、喧嘩が強い、桜に何故か一目ぼれ。
 偏屈な温泉博士とおどおどとした助手。元将軍の退役軍人(療養中)、馬車と御者、
 真手(まて)と好(よし)―― 子どもたちを支援するボランティアをしている女たち。
 福(ふく)―― 謎めいた若い美女。
 郡代官 ―― 有名人アイテムのコレクター、

<第五章の登場人物&チョイ役>
 おびえる男、長身の男(おたずね者?)、土産物屋の親父、真面目な警邏官、
 裳名里屋麦平(もなりや むぎへい) ―― 由緒ある大財閥のご隠居、八尺の知り合い。
 裳名里屋一太郎(いちたろう) ―― 麦平の孫、さわやか好青年。

<第七章の登場人物&チョイ役>
 商人宿の番頭、権兵衛の家の作男、その他大勢の村人、鬱金香様(金無垢の女神像)
 権兵衛(ごんべえ)―― 村一番の鬱金香作りだった男。
 田吾作(たごさく)―― 変わり者の鬱金香作りだった男。(五章に、ちらりと登場している)

<第八章の登場人物&チョイ役>
 博物館お土産販売所の販売員。村人A,B,C,D,E.
 黄色い犬 ―― 嫌われものの野良犬。
 村長 ―― 心臓が弱かった。ポックリと死んでしまう。
 お勝 ―― しっかり者の村のおばちゃん。やきもち焼きの亭主がいる。

<第九章の登場人物&チョイ役>
 通りすがりの船が大好きおじさん。田板十八号(船)。ランランかもめ丸(船)。船の乗客。船員。
 軽彦(かるひこ) ―― 乗船客。財布を取られた。兄と共に修行中。
 飛早戈(ひそか) ―― 乗船客。軽彦の兄。
 三人組の泥棒 ―― 初老の男。下駄顔の男、一見、こわもての役人風。
 八尺(やさか) ―― 四、五章の登場人物。再登場。

<第十章の登場人物&チョイ役>
 石屋の孫(男の子)、同じく女の子 一百(すもも)、石屋の女房、石屋の親方、石屋の息子、
 農家の夫婦、
 



蜻蛉の願いはキンキラキンの 目次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア