RSS

蜻蛉の願いはキンキラキン 第三章――5



「念のためだ、 逃げられないようにしとこう」
 親分が大工道具を出すと、
 赤麿の届かない位置に金具を取り付け、 もう一つ閂(かんぬき)をさした。
 赤麿が一人では出られなくなった。
 部屋の隅に積んであったせんべい布団を敷き詰めて、
 どうやら 四人で床に雑魚寝(ざこね)をするらしい。
 桜と蜻蛉は 寝静まるのを待った。
 しかし……。

 ドスン
「いてっ」
 バタン
「うぐっ」
 ドタッ
「うわああ、 なんだこのガキ。 静かに寝ろ!」
「親分、 充分熟睡してます」
 赤麿は、 むちゃくちゃ寝相が悪いようだった。
 眠りながら 縦横無尽に暴れまくっている。
 しまいに子どものくせに鼾までかき始めた。
 どったん、 ばったん、 むぎゅう、 ぼこっ、 ぶつかる音が途切れることなく続き、
「これじゃあ 眠れねえ」
 ぼやく声を聞いて、 夜のうちに逃げ出そうと考えていた桜と蜻蛉もあきらめ、
 狭い物置で 夜を明かすことになった。


 ギコギコギコ、
 怪しい物音に気づいて 目が覚めた蜻蛉は部屋を覗いてみた。
 よく眠ったのか、 赤麿が起きて元気に何かしているが、
 三人の男たちは 疲れ果ててようやく眠りについたらしい。
 床に転がっている。
 しばらくすると ギコギコした音の代わりに、
 チョキンチョキンという音がし始めた。
 今のうちに逃げられないか と桜を揺り起こす。

「ムニャ、 睡眠不足はお肌の大敵だ。 もっと寝かせろ」
 そんな桜の口を 片手で塞いで、 強く揺すった。
 ようやく状況を思い出して目覚めた桜に、 身振りで 逃げようと伝える。
 もう一度 部屋の様子を覗いた時、
「はらへったぞ。 はらへった、 はらへった、 食わせろ――――」
 赤麿が大声で叫んだ。
 遅かったようだ。

 ぶつぶつと文句を言いながら 三人組の悪党たちも起きだした。
 寝ぼけ眼を擦っていた二号が、 突然叫び声をあげる。
「うわあああああ、 俺の一張羅を……
 小僧なんてことしやがる。 ずたずたじゃねえか」
 赤麿は、 気にする様子もなく 「はらへった」と連呼するのを止めない。
 干してあった二号の服が 縦に細く切り裂かれ、 吹流しのように揺らめいていた。
 二号は 怒りに震えている。

「うるせえから飯を食わせてやれ」
 親分が寝足りない様子で、 よろよろと部屋の隅によけてあった椅子に座り、
 一瞬後、 派手に椅子ごと倒れた。
 脚の一本が 鋸で切り落とされている。
 昨夜大工道具を片付けなかったのだ。
 赤麿は、 年端も行かないのに 鋸(のこぎり)を扱うのが上手い。

「くそっ、 なんてガキだ」
 さすがの親分も、 痛そうに腰をさすりながら 腹を立てた勢いで、
 切り取られた椅子の足を 窓から放り投げた。

 それは きれいな弧を描いて、 木の枝にゴチンとぶつかり、
 穏やかな朝を満喫していた熊ん蜂たちを 怒らせたようだった。
 矢印になって突撃してきた。
 かすかな羽音が、 せわしない音楽に聞こえる。

 逃げまどう親分、 二号、 三号を余所に、
 赤麿は ちゃっかりせんべい布団を独り占めにして くるまった。

 蜂に刺されて ボコボコになった三人に、 赤麿は涼しい顔で、
「はらへったあーっ!」
 と 大声で追い打ちをかけた。



戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1188: by LandM on 2013/03/06 at 17:07:24

優秀な誘拐グループは信用の為に、誘拐した被害者を絶対に傷つけないですからね。中東の誘拐された人を返す値段は約4000万円。そのためだったら、食料などを十分に提供することは必要ですね。

1189:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2013/03/06 at 17:16:33 (コメント編集)

この連中は、優秀ではありません。どちらかといえば、不出来。

中東の相場は4000万円なんですか。
そのお金で武器を買って、もっとたくさんの人が死ぬのでしょうね。
そういう話を聞くと、ほんっと、人間てどーしょーもないな、と思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア