FC2ブログ
RSS

蜻蛉の願いはキンキラキン 第二章――7



「やりたいです。
 でも 僕 そんなにたくさんの曲を知りませんが 出来るでしょうか」

「なあに、 毎年 出場者も曲も決まっているようなものですから 大丈夫でしょう。
 牧場主のひろみ爺さんは 『御嫁三婆(およめさんばば)』だし、
 宿の女将(おかみ)の美和さんは 『未来妄想図』だし、
 飲み屋の老夫婦が 『銀歯の恋の物語』を歌うのは 毎年決まっています。
 あとは、 農協五人組の 『世界に一つだけの団子(だんご)』と、
 十年前に流行った 『千の風にならんでも』くらいが出来れば 御の字ですわ」

「それくらいなら 出来ます。 全部有名な流行歌ですね」
 星白は、 喜んで請け合った。

「そろそろ授業も終わるころです。
 茶阿先生が来たら 紹介しますから、 打ち合わせとか 練習とか してください。
 いやあ、 良かった。 これで 少しは去年と違う」


 集会室でのやり取りを覗いていた 桜と蜻蛉は、 扉を閉めて考え込んだ。
 疎開は無駄だったのだろうか。
「何故 奴らがここに現れる。 どういうつもりだ」
「販売促進の宣伝じゃないのか」
 蜻蛉は あくまで訪問販売にこだわっている。

「あいつらがここにいるなら、 我らが奉仕活動をする意味がない。
 帰ろう。
 少なくとも、 のど自慢大会が終わるまでは 家のほうが安心だ」

「でも、 どうやって ここから出るんだ。 茶阿先生が来たら 当分動かないぞ。
 あの先生 普段はいいかげんだが、 こと音楽が絡むと変身するぞ。
 妥協を知らぬ男・四弦琴の鬼になる」
 二人は 脱出作戦を練り始めた。

 そうこうするうちに 件(くだん)の先生が四弦琴を担いで来てしまい、
 星白と練習を始めてしまった。
 笛が入って 新しい編曲が出来ると、 かなり熱を入れた演奏だ。
 一郎も そこら辺で若い女性に にこやかに声をかけ、
 椅子の修理なんかを手伝ったりしている。
 その後ろを 黒ずくめに身を包み、 頭巾を目深に被って 顔を隠した不振人物が、
 大きなくす玉を転がしていく。

 が、 くす玉はゆがんでいる上に 微妙にでこぼこしていて、
 あらぬ方向に転がろうとする。
 壁にぶつかり、 ボコンという音と「いてっ」という 小さな声が聞こえた。
 集会室にいる人間が、 いっせいに振り向く。
 世話役が恐る恐る声をかけた。
「さ……、 お梅婆さん、 何をしているんですか」

「糊を使って補強したので、 風に当てて乾かしますじゃ」
 しわがれた作り声は、 まるで 本物の魔法使いのおばあさんみたいだ。
「そ、そうですか。 で、 ヤゴちゃんは? 
 大変そうだから ヤゴちゃんにしてもらえばいいのに」
 世話役が 余計な一言を言った時、
「えっ、 ヤゴがいるのか」
 茶阿先生が びっくりした声をあげた。

「僕、 そのくす玉が 欲しいです」
 星白が 無茶な発言をする。

 不振人物は うろたえた。
 あわてて くす玉を外に蹴り出す。

 公民館は 小高い丘の上に建っていた。
 当然のことながら、 くす玉は坂道を転げ落ちて行く。
 悲鳴を上げながら、 どこまでも果てしなく……。

「うわあ、 くす玉があ!」
「誰か 捕まえてくれ――っ」



戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
805: by 十二月一日 晩冬 on 2012/11/09 at 19:06:13

訪問販売ww
ゆるい、ゆるすぎる。ただただ病みつきですわ。

807:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/11/09 at 19:32:01 (コメント編集)

前二作に比べて、まったりと進んでおります。
まだ村から一歩も出ていない(笑)

やっぱり、緩すぎますか。
第三章になったら、旅立つ予定です。遅いよね。

808: by lime on 2012/11/09 at 20:18:31 (コメント編集)

ゆるい。
でも、くす玉は止まらない・・・。
このまま、旅にでちゃえ (笑)
二人を連れたまま^^

809:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/11/09 at 20:30:12 (コメント編集)

> ゆるい。
やっぱり!
でも、この登場人物たちが、テキパキ動いてくれるとは思えません。
キャラ設定を間違えましたかね。

810: by キョウ頭 on 2012/11/09 at 21:12:22

どうもです。
「章が完結する時に、まとめて感想を書かせていただこう」と思っていたのですが…。

冒頭の曲名に、吹きまくりでしたw。
特に未来妄想図www

811:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2012/11/09 at 23:09:52 (コメント編集)

わーい、うけたー♪

「世界に一つだけの花より団子」にしたほうが よかったでしょうか。
ご意見をお聞きしたいです。

嬉しいコメントをありがとうございました。

813: by 彦星 on 2012/11/10 at 13:06:30 (コメント編集)

御嫁三婆♪未来妄想図♪銀歯の恋の物語♪世界に一つだけの団子♪千の風にならんでも♪
面白い(*≧m≦*)ププッ^^
特に!御嫁三婆♪と銀歯の恋の物語♪の詩が聞きたいなぁ・・・(笑^^

応援♪~ポチッ☆彡
ご訪問いただきまして♪:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・゚ございました。

814: by ポール・ブリッツ on 2012/11/10 at 13:12:01 (コメント編集)

大喜利大会でも開きたいような曲のラインナップですね(^^)

わたしは「皮のはがれのように」を歌います(日焼けの歌(笑))

815:Re: 彦星様 by しのぶもじずり on 2012/11/10 at 13:46:10 (コメント編集)

> 特に!御嫁三婆♪と銀歯の恋の物語♪の詩が聞きたいなぁ・・・(笑^^
ストーリーはおぼろげに浮かんでいるのですが、作詞にまとめるまではできていません。
すいません。考えてみます。

ご訪問・コメントをありがとうございます。

816:Re: ポール・ブリッツ様 by しのぶもじずり on 2012/11/10 at 13:48:03 (コメント編集)

> わたしは「皮のはがれのように」を歌います(日焼けの歌(笑))
日焼けに悩む桜さんから、クレームがつくと思います。

1084: by LandM on 2013/02/02 at 20:39:14

おおう。豪快だあ。
くす球を蹴る度胸は少なくとも私にはない。
とりあえず、自分ができないことには尊敬する性格ではあるので。・・・・といっても、尊敬できないか。。。

1086:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2013/02/02 at 23:10:35 (コメント編集)

桜さんは そういうババアです。
うっかり尊敬しないでください。

いつもコメントをありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア