RSS

蜻蛉の願いはキンキラキン 第一章――10



 桜の机の上にある きれいな卵の絵が表紙になった本 の解説


       <解説>

 
 本作品は、誰でも知っている『卵形宝珠の伝説』を元に、
 八つの宝珠が現れるに至るまでの波乱万丈の物語である。
 こまごまとした伝承から浮かび上がる話を、さらに自由な想像力で膨らませ、
 心踊る伝説を色鮮やかに紐解いてみせる。
 野暮な解説は、かえって読者の妨げになるかもしれないので、
 ここでは、元になった伝説を述べるに留めようと思う。


 現在の眞籠(まこも)国は、昔、真虚木(まこも)国と表記されていた。
 これは、
 真砂(まさご)王国、虚空(こくう)王国、木土(もくど)王国と三国に分かれていた時代の名残である。
 三国は長い間相争い、戦いを続けていた。
 三国の王たちが平和を望み、講和が整った後も、
 荒れた国土と不安定な情勢はすぐには収まらなかったという。
 その時、隣国麻本呂婆(まほろば)王国の姫君斎季安(ゆきあ)が、
 虚空王国皇太子神羅維(かむらい)のもとに嫁いできた。
 彼女は、宝玉の精霊を呼び起こす能力があったといわれている。

 眞籠国の礎を築く為に大きな功績を残したとされる二人を、
 宝玉の精霊が助けたと伝えられる所以(ゆえん)である。
 彼女に縁(ゆかり)の深い八つの石が、後に卵の形に姿を変えて、
 人々の願いを叶えてくれるようになったというのが『卵形宝珠の伝説』である。

 次に、それぞれの宝珠について伝えられていることを簡単にまとめてみよう。

 透明な白は、 斎季安姫の婚礼衣装を飾ったとされる 『麻本呂婆の星』という 金剛石(ダイアモンド)。
 深紅は、 代々虚空王国皇太子の証(あかし)として、 礼装の帯に飾られた 『暁の光』という 紅玉(ルビー)。
 青は、 真砂王国に在ったとされる 『人魚の涙』と名がついた 青玉(サファイア)。
 緑は、 木土王国の巫女が秘蔵していた 翠玉(エメラルド)『妖精王の瞳』
 黒は、 虚空初代王伊波礼(いわれ)彦が 魔を祓(はら)ったと伝えられる 黒曜石の鏃(やじり)。
 茶は、 飯屋の主 井氷鹿(いひか)が持っていたらしい 琥珀玉 『風の贈り物』。 名前には諸説がある。
 黄色は、 斎季安の弟、 弟比古(おとひこ)に縁の 黄玉(トパーズ)ではないかといわれているが、 詳細は不明。
 紫は、 木土王国の王子の一人がかかわる 紫水晶(アメジスト)らしいが、 ほとんど不明。

 それぞれが、手に入れた者の願いを一つ叶えてくれるという。
 八つの宝珠すべてを、森の王国にある妖精の森奥深く、主(ぬし)の樹の根元に円(まる)く並べると
 中心に踊る妖精が現れ、大きな願いも叶えてくれると伝えられているが、
 手にしてから千日経つと、姿を消すらしい。
 因(よ)って、八つ全てを手に入れて大きな願いを叶えた者の話は聞かない。

 森の王国にも諸説があるが、
 東の大国秋津羽(あきつば)国北方の、高い山脈に囲まれた小国が有力視されている。
 今後の研究が待たれるところである。



 蜻蛉の機嫌は 直らなかった。
 ダイアモンドや ルビーや エメラルドじゃなくて 黒曜石。
 しかも 鏃。
 黒曜石は 宝石ともいえない石っころじゃないか。
 おまけに、 全部集めても 肝心な並べる場所があやふやだし。

 世界征服への道は 遥かに遠かった。


                        第二章につづく



戻る★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
768: by 園長 on 2012/11/02 at 18:58:25 (コメント編集)

おおっ! 懐かしい面々のお名前が♪
思いがけぬところで物語りがつながっているとは
嬉しいですね~

770: by キョウ頭 on 2012/11/02 at 21:44:10

コメントでは、はじめまして。
足跡からまいりました、キョウ頭と申します

蜻蛉チャンと桜サンのやりとりが面白くて、毎日楽しく読ませていただいております!
お2人とも、何かこう、イイ性格していますねぇw。
次回からの第二章も、楽しみにしております!

771:Re: 園長様 by しのぶもじずり on 2012/11/02 at 21:55:35 (コメント編集)

直接はつながっていませんが、「赤瑪瑙奇譚」の後世というところです。
ユキアがかかわった宝玉が、卵形宝珠に生まれ変わったという設定になります。

「森の王国」「秋津羽国」が出てくる話も、実は存在します。
ただし一番古いので、出来がイマイチ。大幅改稿をしなくては人前に出せそうにありません。
上手くいけば、「森の王国異聞」が、エピソード1になるのですけどねえ。
ここに、ちらりとだけ登場です。

773:Re: キョウ頭様 by しのぶもじずり on 2012/11/02 at 22:23:33 (コメント編集)

ようこそお越しくださいました。

ご指摘の通り、二人とも、性格的にはかなり問題があります。
おちゃらけた話ですが、楽しんでいただけたなら嬉しいです。

コメントをありがとうございました。

失礼ですが、キョウ頭さまの足跡が見つかりません。
ブログをやっていらっしゃるなら、URLを残して頂けたら、こちらからも伺います。

774: by ポール・ブリッツ on 2012/11/03 at 15:41:51 (コメント編集)

おおっここでこういうふうにつながりますか(^^)

嬉しいサービスでありますね~(^^)

775:Re: ポール・ブリッツ様 by しのぶもじずり on 2012/11/03 at 16:08:07 (コメント編集)

サービスになりましたでしょうか。

第二章で出てくる予定の ライバルのなまえがあ~……なので、
別に、怠慢で使い回ししたわけでは(^^ゞ

931: by LandM on 2012/12/11 at 20:35:11

中々こういうのは手に入れるのが。。。簡単だったら、世界はの値段が安いな・・という話になりますからね。実際にこういうものだと思います。たとえ神がいたとしても、今の世界を根底から覆すのは容易でないでしょうし。

935:Re: LandM様 by しのぶもじずり on 2012/12/11 at 22:16:31 (コメント編集)

いらっしゃいませ

出血大サービスの安い世界です。
わりと簡単に手に入れちゃうので、怒ったり、あきれたりしないでくださいね。
笑って許して頂けると嬉しいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア