RSS

くれないの影 第六章――10



「そういえば、 あの火事の時のことを まだ聞いていない」
 鹿の子が みんなの顔を見回す。

「付け火だったってことさ」
 例によって 権佐が物音に気づき、
 外を囲まれているのを知って、 掃き出し口からこっそり逃げた。
 権佐は自慢の笛、 逸は短刀
 というように 各々が 大事で身近な物を持ち出すのがせいぜいだったが、
 非常事態にヘンなものを持ち出す人間は、 けっこう居るものだ。
 隼人は 綱渡りの綱を持って逃げた。
 それが 思わぬ役に立つことになる。

 燃え上がる舞台を囲んで 動こうとしない犯人たちを避けると、
 逃げ道は谷しかなかった。
 綱を対岸の木に絡め、 身の軽い隼人が渡った。
 丈夫な幹に結びなおして、 他の面々が対岸に移った。

 昼間ならば、 恐ろしくて 無理だったろう。
 だが、 燃え盛る炎の明かりも、 谷底までは届かない。

 足を引っ張ったのが 太った権佐だった。
 余った綱で 荷物よろしく括られ、 ぶらさげて引っ張る羽目になった。
 それ以後、 紫苑から 痩せろとしつこく責められることになる。

 追っ手に追いつかれないように、 綱を切って捨てたまでは良かったが、
 自分たちも戻れなくなった。
 結局 思わぬ大回りをすることになったことで、
 運良く 権佐の知り合い 綺羅君にめぐり合ったのだ。
 綺羅君は、 はじめから 鹿の子を捜しに通っていたことになる。
 頼りになるのかならないのか、 よく分からない人だ。



 再出発の準備は整った。
「じゃあ 行くか。 雪が降る前にここを出よう」
 仕度を確認して、 藤伍が言う。
 居合わせた謙介が 黙って頭を下げた。

「屋敷に 別れを告げに来ないのか」
 ついでのように、 ぼそりと付け足す。
「いや、 あっしらとは住む世界が違う。 もう関係が無い。 こっそり行くさ」

「そうさね。 そう言やあ、 あの真っ白い猫は 見つかったかい」
 都茱は なにげに猫好きだ。
 あの夜、 騒ぎが収まった時には 淡雪の姿が消えていたのだ。
「いや、 みなで探したが あれきり行方が知れない。
 元々 淡雪がいつ来たのかを誰も知らないのだ。
 いつの間にか現れて お屋形様になついていた。
 また 何処ぞに行ってしまったのだろう。 では、 達者で暮らせ」
 謙介は もう一度頭を下げ、 帰っていった。

 隼人が 一人妙な顔をしている。
「どうしたの、 隼人。 お腹が空いた?」
「猫…… 消えた」
「それがどうしたの」
「ぽとんと涙が、 頭に…… で、 雪みたいに、 ふわっと消えた。 おいら見たんだ」

「寝ぼけてたんだろ。
 それより親方。 やろうよ、 軽業。 あっちに空き地がある」
 何かを吹っ切るように、 鹿の子が言った。
「そういや、 一度もやってなかったな。 最後に 一つご披露するか」


 お客を喜ばせるのが、 旅芸人の本分。
 驚いた笑顔が、 何よりの報酬。

 紅王丸様、 どこかで見ていたら、 きっと笑ってくださいね。

 権佐が吹き鳴らす笛に乗って、 鹿の子と隼人は、 軽やかに とんぼを切った。


                               


戻る★あとがきのようなものへ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
672: by 園長 on 2012/10/12 at 19:10:21 (コメント編集)

ああ、面白かったぁ♪
でも なんか名残惜しいな・・・
あとで綺羅君が都に帰ってからの
活躍物語りを番外編で綴ってくださいなっ
オールスター総出演でお願いします(笑)

ところで淡雪はいったい何者だったのでしょうね?

673: by 晩冬 on 2012/10/12 at 19:52:08

最後の方は静観していましたが……遂に。終わった。早すぎる。最終章は突き抜けた感がありました。
主役級がなかなか多く、個人的には鹿の子はけっこう薄味な立ち位置だったのですが、紅王丸の件は天晴れ。綺羅君がいいとこ持っていたのも、個人的にはツボでした。

674:Re: 園長様 by しのぶもじずり on 2012/10/12 at 19:52:49 (コメント編集)

綺羅君が主役を食ってしまいましたね。
鹿の子目立たなかったかなあ。

陽映とかは目立たなくて全然構わないのですけど。
こうなったら、綺羅君が主役になる話とか考えちゃおうかしら。

淡雪の正体については、勝手に想像して頂いて構いません。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

675:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/10/12 at 20:22:33 (コメント編集)

最後までありがとうございました。

ミステリーだと最後は謎解きがあって、おお~そうだったのかあ~、と納得する時間が必要ですよね。
ちゃっちゃと終わらせすぎたでしょうか。もう少し余韻とかあった方が良いのかなあ。
今後の参考に、考えてみます。

707:しょぼん… by on 2012/10/20 at 20:34:16

楽しみに読んでいたのですが、
後味悪い感じの最後になってしまいました…。

弟を死にやって、
千種が死んだのも白菊が原因みたいなもので。
それで白菊はしれっと口を拭って
一番好きな人と結婚するのかと。

陽映も愛する人が大けがを負っているのに、
いたわりの言葉ひとつ掛けることもなくて
結構ヒドい人だなぁ。

次のお話に期待しています。

709:Re: しょぼん… by しのぶもじずり on 2012/10/20 at 23:39:17 (コメント編集)

亜様、こんばんは。

お気に召さなかったみたいで すいません。
そういうことなら、他の物語はもっと後味が悪いかもしれませんよ。

711:Re: しょぼん… by しのぶもじずり on 2012/10/21 at 10:09:57 (コメント編集)

<追伸>
何が、亜さんを しょぼんとさせてしまったのか。一晩考えました。

亜さんは、白菊をメインに物語を読んで下さったのですね。
鹿の子 とことん影が薄いわ。
私としては、あくまで鹿の子が主役なので、あのカップルの心理描写は、細かく書きませんでした。
ますます主役が分からなくなる、(笑)

白菊の存在感があったようで、嬉しいような、微妙な感じです。
脇役の扱いを考えさせられました。

717:ご返信ありがとうございます。 by on 2012/10/21 at 23:37:10

読んだ直後の興奮のままに書き連ねてしまったため、
少し厳しい言い方になってしまったかもしれません。
申し訳ないです…。

私は鹿の子を主人公と思ってずっと読んでいました。
なので、鹿の子が紅王丸を自由にしてくれるといいなぁ。とか
希望していたのです。

だから紅王丸を追い詰めた白菊は
私にはただの悪役にしか見えませんでした。

だからこの悪の女王様が念願叶って
王子様に受け入れられる、っていうのは
随分、理不尽な…。という気がして、
ついそんな書き込みをしてしまいました。

でも。セオリーに捕われない、自由な展開が
しのぶもじずり様の良さだと思います。
私の言っていることは、あくまでただひとりの読者の意見ですので、
どうかもっと沢山の読者の為に書き続けて下さい。


「赤瑪瑙奇譚」の方は先に楽しく読了させて頂きました。
コメント書くタイミングを逃してしまったのですけど…。
主人公が物語を引っ張っていて、とても魅力的でした。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア