RSS

くれないの影 第五章――12



「煌めきの君が 現れたらしい。 弔いをあげ損なった」
 いやそうな口調とは裏腹に、 表情も 態度も さりげない。
 言われた男の方も、 表情を変えなかった。

「我らも それを聞き、 帰途急ぎ引き返して 真偽を確かめましたが、 本当のようです」
 淡々と報告を告げるのみだ。

「しぶとい方だ。
 春に西外れの舞台が 火の気も無いのに焼けたのを幸いに、
 たちの悪い夜盗の仕業として収めたが、
 生きているのでは 仕方が無い」
 口調に合わせたかのように、 やっと 表情が少しだけ曇りがちになった。

「火に巻かれた恐怖から、 おかしくなったと言う話もありまして。
 迷子の子猫ちゃん と名乗ったとか、
 おうちを聞いても分からない、 名前を聞いても分からない、
 その上 鳴いてばかりいる などとも聞きましたが……」
「鳴いて?」
「はあ、 にゃんにゃん  にゃにゃーんと。
 しかし、 それは冗談だったようです」
「冗談まで報告せんでもよろし」

「気がおかしくなっているなら、 殺すまでもないか と思ったのですが、
 たいそうまともなところもあるとのこと。
 やはり 始末せねばなりません」
「では、 そうしてもらいましょう」
 まるで、 邪魔な野良猫を追い払う話をしているかのようだ。

「ですが 流人屋敷と違い、 領主の館に居るのが面倒です。
 人も多く、 警備が厳重で、
 我らだけではなんともならないと思い、 人を集めております。
 まもなく 応援が到着するはず。 策を練り直します」

「消さなくてはならぬ程のお人にも見えぬがのう。
 都に在っては 力ある存在なのであろうよ。
 上つ方のお考えは 今ひとつ解りませんね。
 おお、 そうや。 器用な男を拾った。 あれが使える」

「器用とは どのように」
「切ったはずの紐が繋がったり、 何も無いところから 鳩を出したりするのじゃ。
 妖術かと思えば さにあらず。
 種も仕掛けもある と言うのだが、 目の前でしっかり見ていても分からない。
 それで聞いてみた。
 人が見ている前で、毒を盛ることが可能かと。
 朝飯前だ と笑いよった」

「なるほど 使えますな。
 ならば 邪魔の入らぬ内に さっさと片付けましょう」

「邪魔が入りそうなのか」
「長引けば」


                         第六章につづく


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2360: by レバニラ on 2014/08/04 at 23:26:57 (コメント編集)

どうも、こんばんはです。

第五章、楽しく読ませて頂きました、
シリアスな展開の中にしのぶさん独特の笑いのセンスが散りばめられていて、見ていて爽快でしたね、
特にこの章でも綺羅君が姿も見えないのにやたら存在感を放ってるのが・・・(^^;

しかし、あの人はにゃあにゃあ言ってなくても常時、気がおかしくなってしまっているのかと思ってしまいますが、
猫になって白菊様の前に現れた時は、流石に数々の修羅場を潜り抜けているだけあって、実は白菊が影を立てている事も、彼女の心の内も、最初からお見通しだったのかとも思わせる底知れなさがありますね・・・自分の勘違いかもしれませんが。

波止女家の陰謀もあるのに帝の弟君の暗殺やら謎の修験者が現れるやらで、残す所あと一章・・・
物語がどう収束していくのか、次回も楽しみにしてます(^^ノシ

2364:Re: レバニラ様 by しのぶもじずり on 2014/08/05 at 10:56:56 (コメント編集)

いらっしゃいませ。いつも丁寧なコメントをありがとうございます。

白菊の猫に関する部分のご感想は、面白かったです。
あの猫は、作者にも謎です。
読者様が好き勝手に考えて下さってOKです。

綺羅君は、多くの読者様に人気です。
私も好きなキャラなので、すごくうれしいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア