FC2ブログ
RSS

くれないの影 第四章――16



「実は…………」
「うん うん」

「…………………… やっぱり 止めておきます」
「ええーっ」
 五葉は思い直した。

 見た目が白菊にそっくりだから、 うっかり 頼りになるかもしれないと勘違いしたことを反省した。
 この子は『影』 に過ぎない。
 しかも 相当お気楽な軽業娘に戻ってしまっている。
 それなのに 危うくまたしゃべってしまうところだった。
 近頃 自分はどうかしている。
 そう思うと、 さらに落ち込んでしまった。


 噂を知った土岐野は 眉をひそめた。
 召使い頭を呼んで 叱り付けようかとも考えたが、
 対応を間違えれば、 火に油を注ぎかねない。
 代わりに 謙介を呼んだ。

「あらぬ噂が立っているのを知っておろう。 調べよ」
 謙介は 顔を上げ、 落ち着いて答える。
 言われるまでもなく調べていた。

「昨日、 牛車のお礼に行くと、 側近の伊織様をお供に 馬でお出かけになりました。
 遅くなったら泊めてもらうと、 門番にも仰ったそうでございます。
 そして今朝、 何事も無く 戻ってこられました。
 ご様子に変わりは無かった。 それだけのことにございます。
 何者かが 悪意で流した噂と考えられます。
 微に入り細を穿(うが)つ 事細かな描写で、
 いかにも下賎(げせん)な興味を引く話になっており、
 広がり方が異様に早いのも、 そのせいでございます」

 伊織が一緒だというなら、 事実無根に違いない。
 あの素っ頓狂(すっとんきょう)が付いていれば、 妖しい雰囲気になりようが無いだろう。

「して、 出所(でどころ)は」
「おそらく……」
 土岐野にも 思い当たるふしは あの母子しかなかった。
 もちろん 白菊の耳に入れるつもりは無い。
 しかし、 あらぬ噂に浮き足立っている 家中の様子を隠しおおせる自信もなかった。

 白菊は 些細な変化にも敏感だった。
 いつも知らせる前に 問い詰めてくる。
 土岐野は 頭が痛かった。

 ところが翌日、 それどころではない事件が起こる。


                          第五章につづく



戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
580: by 十二月一日 晩冬 on 2012/09/18 at 19:34:56

ええーー!!
冒頭思わず、声出ましたww

昨日、今日……なんて困った引きだ。しかも第五章に、へと。

581:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/09/18 at 19:41:46 (コメント編集)

すいません。やり過ぎたでしょうか。

懲りずに 第五章も読みに来てくださいね。♡

582: by 次席家老 on 2012/09/19 at 10:07:44 (コメント編集)

事件?

う~ん,今度は何が?

誰かの身に何かが・・・・。

583:Re: 次席家老様 by しのぶもじずり on 2012/09/19 at 13:51:33 (コメント編集)

はい。
第五章は、いきなり事件が起こってしまったところからになります。
すぐに判明しますよ。
第四章の最後は引っ張りすぎましたから、反省?

2263:お久しぶりです by レバニラ on 2014/07/06 at 22:47:51 (コメント編集)

どうも、こんばんはです。

改めて第一章から読み直し、第三章あたりで鹿の子ちゃんの雰囲気がどんどんと変容していくのを見て、これからどうなるのか心配していたら、
陽映のお陰で元の鹿の子ちゃんに戻る事が出来たようで一安心です。
やはり、明るい性格の奴が居ると、周囲も何となく明るくなってくるという事なのかもしれません・・・

しかし明るいといえば綺羅君も明るいんだか何なんだか(笑)
修羅場慣れしてる様子なのは頼りになりそうな気もしますが、でも逆に修羅場を作り出しそうな雰囲気も兼ね備えているのが油断できません、
なんでもありの凄い奴って事だけは確かなんですが。

今回、白菊様が所領を巡って身内とも静かに戦い続けてきた事が分かりましたが、
この章では、とうとう姿を現さなかったのが気になります・・・
果たして、急展開を始めた事態を見つめて何を考えているのか?

次回も楽しみですが、しかし2年も前に完結してる物語の続きが気になってる人間というのは、
傍から見れば、テレビドラマの再放送に熱狂してる人間のようで滑稽な気もします(^^;

2266:Re: お久しぶりです by しのぶもじずり on 2014/07/07 at 10:05:04 (コメント編集)

レバニラ様 こんにちは。ご無沙汰しています。

過去記事に、丁寧なコメントいただいて、とっても嬉しいです。
テレビの再放送はタイミングがありますが、
ここはいつでもお好きなところから読んで頂けます。(宣伝)
お時間のある時にいつでもどうぞ。
コメントをありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア