RSS

くれないの影 第三章――7



 陽映は、 それでも にっこりと微笑んだ。
「初めてお会いしたのは 二年半ほど前でしたね。
 鷹巣家の内々(うちうち)の祝い事に、 父君といらした あなたを目にしたときは、
 兄上が羨ましかったものです。
 本当に お可愛らしかった。
 兄の許嫁(いいなずけ)だったあなたを 妻にできるとは、 あの時は 思いもしなかった。
 父君のご不幸を喜ぶわけでは 到底ございませんが、
 あなたと縁を結ぶことのできる私は 幸せ者です」

 先代領主が生きていれば、
 いや、 たとえ死んでも 紅王丸が無事に家督を継いでさえいれば、
 白菊は 鷹巣家の跡継ぎである長子 義映に嫁いでいたはずだった。

 先代が 白菊を鷹巣に連れて行ったのは、
 やがて嫁いで行くはずの地と 家を見せるためだったのだろう。
 子煩悩な男だった。
 その時の彼は、 半年あまりで あの世に旅立つことも、
 わが子の人生が 大きく変わってしまうことも、 無論知る由も無い。

 陽映に 縁談が無かったわけではない。
 だが 『急ぎの事情が無いなら順番を守りたい。
 兄義映が妻を迎えた後にしたい』 と断り続けた。
 鷹巣家の四人兄弟の中では 一番仲がよく 、義映を慕っていた陽映だったからこそ、
 その言い分を 周囲も微笑ましいものに思っていた。

 しかし、 鳥座家の主が亡くなったことで 事態は一変した。
 女領主として立った白菊が 他家に嫁ぐわけにはいかなくなった。
 鷹巣に事情を話して 義映との婚約を取り消し、 代わりに次男の陽映を婿に と申し入れた。
 鷹巣家は快く応じた。

 義映は 父親に似て謹厳実直を絵に描いたような男にみえたが、
 その実、 父親には無い 柔軟なところを持ち合わせており、
 鷹巣家中を取りまとめて、 すんなりと話は通った。
 むしろ 使者にたった惣右衛門が 拍子抜けしたほどだったという。

「まずは 道中のお疲れを癒して、 ごゆるりとなされませ。
 ご法要を終えましたら いろいろとご相談もございますゆえ、
 しばし ご逗留くださいますよう お願い申し上げます」
 土岐野が言葉を添えれば、 陽映は、
「もちろん そのつもりで、 所持万端を心得る者を 連れて参りました」
 凛々しい顔をほころばせる。

 土岐野は 複雑な思いでその姿に見入った。
 そこいらの二十一歳よりも逞しく 頼りになりそうな立派な若君だ。
 それでいて、 笑うと のんきな悪戯っ子が顔を出す。
 真面目一辺倒の堅物 と聞いている長男の義映よりも 似合いだと思った。

 あの出来事さえ起きなければ、 白菊姫が 顔に火傷さえ負わなければ、
 心から喜ぶことができたろうに。
 思い起こすと、 苦いものでいっぱいになる。

 御簾の内からは、 ただ 沈黙が返ってきた。
 それでも 陽映は、 穏やかに 懐かしそうな目を御簾に注いだ。

 静かな部屋に 一陣の風が吹き寄せ、 早咲きの菊花の香りを かすかに運んで流れた。

 陽映が 口を開こうとする気配を見せたとき、
 廊下から 頼りない足音が近づき、 部屋の外で ぴたりと止まる。
 その音は、 図らずも 静まっていた部屋の誰の耳にも届いた。

 陽映は 開きかけた口をいったん閉じ、 改めて 張りのある声を響かせる。
「ご法要前のあわただしい時に 長居をするわけにもいきますまい。
 いずれ ゆっくりとお話できる折を待つといたしましょう」
 足音のぬしである召使は、 自分の登場が粗忽(そこつ)だったことに気づいて、 恐縮した。

 陽映が退室し、 土岐野に睨まれた召使は、
 波止女から 叔母の堅香子(かたかこ)とその娘 日鞠(ひまり)姫の到着を知らせた。



戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
475: by lime on 2012/08/25 at 22:43:42 (コメント編集)

陽映は、とても好青年にみえますね。
白菊との縁談は、いいことのように思えます。
でも、やけどのことがありますね。
陽映は、真実を知ったらやはり困惑するんでしょうか。

それにしても、鹿の子の様子が変。
「影」のつもりが、本当に本人になりかけてる?
乗っ取ろうとしてるのか、乗っ取られようとしてるのか。
しっかり、がんばれ~、鹿の子!

476:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/08/25 at 23:10:47 (コメント編集)

> 陽映は、とても好青年にみえますね。
絵に描いたような好青年 ちゅうのをやってみました。

鹿の子へのエールを ありがとうございます。
鹿の子しっかりしろーっ!
ついでに、私も。

いろんな意味で、鹿の子ピンチです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア