fc2ブログ
RSS

#付きで痴漢被害が語られている


 もう半年前のこと。
 紅白歌合戦で、紅組が勝った。
 否、白組が敗北したと言い換えよう。


 困ったことに、日本は、相変わらず痴漢天国らしい。
 #(ハッシュタグ)付きの痴漢被害記事がたくさんあるらしい。
 テレビでも被害者の苦悩が語られている。

 痴漢被害にあったと訴えても、周囲に笑い話にされてしまった。
 「女だと認められて良かったじゃん」
 「子連れのおばさんが痴漢に狙われるわけないだろ。勘違いだ」
 「その痴漢、目が悪かったんじゃないか」
 等々、笑って済まされたりする。
 そういうことを言う頭の悪い男が多すぎる。

 愛する奥さんが居ないのだろう。
 大事な恋人が居ないのだろう。
 大切に思う女の家族が居ないのだろう。
 母親にも娘にも嫌われているのだろう。
 そうでもなければ、そんな発言はできないはずだ。

 痴漢は、女を同じ人間だとは思っていない。
 都合のいい動く玩具だと思うから、平気で痴漢ができる。
 それが分らないなら、頭が悪いのだろう。


 痴漢のえん罪で人生をボロボロにされた。
 そういう気の毒な男性がいる。
 痴漢に間違えられて捕まった時、警官に言われた。
 「さっさと認めて示談にしてもらいなさいよ。
 その方が、家庭にも職場にもバレずに済むよ」
 男性は、やっていないと言って、大騒ぎになった。
 起訴された時点で、職を失った。
 裁判を続けて、細かく状況を検証し、無罪を勝ち取ったが、
 その過程で、様々なものを失った。

 誠に気の毒である。
 その根底に、
 痴漢なんか誰がやってもおかしくない、
 たかが痴漢なんだから、
 そういう社会の認識があるのだろう。
 だから、さっさと認めて内緒にしちゃえよ。

 自尊心があるなら、耐えられないのではなかろうか。
 彼も、痴漢の被害者である。


 さてさて、プロフィールにも書いてあるように、私は女である。
 若い頃だってあった。
 頭にくることに、被害にあったことだってある。
 困ったことに、世間では珍しいことではない。

 まず、高校の担任が痴漢だった。
 女子校だった。

 担任は物理教師で、休み時間や放課後はほとんど物理室に居た。
 ある日のこと、連絡事項があって、一人で物理室に赴いた。
 用事を済ませて帰ろうとすると、
 「面白い実験をしているから、こっちに来て見てごらん」
 素直な私は、実験装置に近づいた。
 なんてことない静電気の実験だった。
 担任の手が、不埒にも、私の胸に触った。

 私は振りほどいて、教室に戻り、クラスメイトに集合をかけた。
 逐一、あった事を報告した。
 「危ないから、物理室には一人では行かないように。
 用があっても、必ず複数で行きさっさと帰ること。
 あと、他のクラスや他の学年の知り合いにも言いふらして、
 注意喚起をして欲しい。
 被害者として、私の名前を出して良いから、具体的に」

 クラスメイトたちは、良くやってくれた。
 忽ち、生徒は物理教師に近づかなくなった。
 物理教師が、校内でにこやかに挨拶しても、
 生徒は、冷たい態度で素っ気なく返すだけになり、近づかなくなった。

 なんでそうしたかと言うと、正直頭に来た勢いからでもあったが、
 当時は、学校に直訴して馘首になっても、教員免許剥奪までは難しかったからでもある。

 実際、ど田舎の小学校に通っていた私が、あどけない一年生だった時、
 担任の若くてきれいな女教師が、夏休みに自殺した。
 居なくなった女教師を、村中総出で探し、河原で父が遺体を発見した。
 後に知った。
 校長のセクハラに耐えられなくなったのが原因だった。
 噂によると、校長は、前の赴任先でセクハラ騒動を起こし、
 ど田舎にとばされてきた前科があったらしい。

 そうなのだ。
 教員免許がある限り、問題は解決しない。


 成長して大人になった私は、アルバイトを始めた。
 バイト先で、部長が女性の尻を触りまくっていると噂になったことがあった。
 そんなある日、一人で社内の階段を上っていると、お尻を触られた。
 私は、すかさずその場で回し蹴りを放った。
 下から五〜六段くらいのところだった。
 部長は、避けようとして、後ろ向きのまま階段を駆け下りるはめになった。
 踊り場の壁に背をつけ、ハアハア良いながら、
 「あ、危ないじゃないか」と言ったので、
 私は振り返り、冷たく言ってやった。
 「そうですね。バカなことをしていると、本当に危ないですよ」
 気分はゴルゴ13。命が惜しかったら、俺の後ろから近づくんじゃない。
 それから、悪癖はぴたりと止んだらしい。


 もちろん(クソッ)電車でも痴漢にあった。
 そこそこ混んだ車内で立っていた時だ。
 脇の間から手が伸びてきて、胸を触った。
 すかさず脇を絞めて、その手を挟み、勢い良く振り返った。
 ゴキッという良い音がした。
 「ううっ、ぐっ」という押し殺した声もした。
 手が海老ぞりになったはずだ。痛そう。

 振り向いて観察すると、スーツを着たサラリーマン風の普通の男だ。
 じっくりと眺めてやった。
 うめき声が出たことを自覚してか、何やら仕事の確認ぽいことを小声で呟き、
 ごまかそうと必死だった。
 悪いことをしていると言う自覚が、多少はあったようだ。
 じい〜っと見ていると、周りの人たちも気がついて彼を注目した。
 次の駅で降りていった。

 たぶん、私は痴漢被害に遭いにくい方だと思う。
 反撃することが多いので、危機察知能力があれば襲わない。
 それでも皆無というわけにはいかないようだ。
 まして反撃できないおとなしい人なら、どれほどの被害に遭っていることだろう。


 長々と述べたが、冒頭の紅白裏合戦である。
 忘れられたかもしれないが、白組が敗北した件だ。

 年越しのお祭りだと思って、毎年見ている。
 視聴者も投票できるようになったので、私も参加してみた。
 中間投票は白組に入れた。
 楽しい。

 後半の半ばを過ぎた頃だったろうか。
 お祭り気分が台無しになった。一気にさめた。
 盗撮で複数回逮捕された男が画面に映ったのだ。

 前科のある男を、昔のよしみで社会復帰させようとしたらしい。
 それ自体は悪い話ではない。むしろ美談と言って良い。
 しかし、視聴者の半分は女性だ。
 嫌なことを思い出した人も多かったと思われる。
 中にはトラウマを呼び戻した人も居ただろう。
 私と同じように、お祭り気分を台無しにされた人も居たことだろうと思われる。
 最終投票では、紅組に入れましたともさ。

 視聴者投票で逆転したらしい。
 むべなるかな。


 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4933:女性の電気ウナギ化(笑) by sado jo on 2022/06/18 at 16:17:43 (コメント編集)

女性はどんなに頑張っても生涯450個程度、男性は頑張らなくても一回当り2億個…端から勝負にならない><
女性は数が少ないから慎重に選ばないとならないが、一方の男性は幾らでも弾があるから遊び感覚でやってしまう。
元が不公平だから幾ら注意しても止まらない…なので女をオモチャにさせないようにするには、勝手に触ろうとすると衣服に電流が流れるSF的な発想のファッションにするしかない。
言わば将来的には女性の電気ウナギ化です…見るのはタダだが、触ったら痛い目に遭いますよにしてしまう。
これで男はイチイチ「済まんが電源を切ってくれ」と頼まないと女性に触れなくなる…自然と女性が上位にある社会構造になります(笑)

4934: by ユーアイネットショップ店長うちまる on 2022/06/19 at 07:32:37

さっさと認めて示談
これには腹立ちますね。
日本の司法制度の矛盾が一杯。

4935:Re: 女性の電気ウナギ化(笑) by しのぶもじずり on 2022/06/19 at 16:33:56 (コメント編集)

電気ウナギファッション 良いですね。
人ごみや混んでいる乗り物では、注意しないと騒ぎになりそうだけど(笑)
言って聞かせても分らないならしょうがない。
感染予防になるし、sado joさんグッドアイデアです。

4936:Re: ユーアイネットショップ店長うちまる様 by しのぶもじずり on 2022/06/19 at 16:41:11 (コメント編集)

女の痴漢の被害にあった男性が言ってました。
痴漢はものすごく気持ち悪い。
痴漢を甘く考えているから、そんな事が言えるんでしょうね。

4937:運用思想が違うけぇ by miss.key on 2022/06/19 at 19:03:17 (コメント編集)

 女性は自分のお腹から出てくるのは確実に自分の子。一方男はなんぼまき散らしても自分の子とは限らない。だから能動的にいかないと子供を残し損ねるというのは今更話。
 とは言うもののこの時代、本能のままに行動しますといろいろ問題が起きる訳でして、いい加減時と場合を弁えてほしいものであります。満員電車、私みたいな者には流れ弾が酷い酷い。何時も両手でつり革握ってホールドアップ状態であります。

4938:こんばんは by ☆バーソ☆ on 2022/06/19 at 19:04:52 (コメント編集)

ちょっと驚きました。
意外なことに、強いんですね。
「すかさず脇を絞めて、その手を挟み、勢い良く振り返った。」
「すかさずその場で回し蹴りを放った。」
すかさずそんなことができるとは、武道を学んでいたのですか。
あるいはなにかの護身術を心得ていたのですね。
そしてもう一つは、
「すかさずその場で回し蹴りを放った。
「バカなことをしていると、本当に危ないですよ」
この咄嗟の見事な切り返し。並の人間じゃできません。
相当修羅場をくぐり抜けてきたのでしょうか。(笑)
しかし少しでも武力で負けない自信があると、
困難があってもなんとか立ち向かえるものなんですね。
私はやられたらやられっぱなしです。何にもできません。

4939:Re: 運用思想が違うけぇ by しのぶもじずり on 2022/06/20 at 09:50:19 (コメント編集)

miaa.keyさんは、痴漢をしたこともされたことも無いのでしょうね。
大きな勘違いをしています。
それこそが問題なのです。

異性にアプローチするのは普通です。
生き物の本能ですから、当たり前の行為です。
気に入った異性の気を引こうと頑張るのは、微笑ましい光景です。

痴漢は、はじめからアプローチする気が全くありません。
むしろ、コミュニケーションを遮断しています。
そんな異常な状態で、勝手に触ってくるから、気味が悪いのです。
不気味で腹が立って、怖いのです。
ゾンビに襲われるようなものです。
和服美女に痴漢されたという知人の男性も、「気味が悪くて怖かった」と証言しています。

人間にとって、コミュニケーションは重要です。意思疎通ができてこそ人間です。
当たり前の生活だと思っていたら、突然人間じゃない何かに襲われる。パニックです。
トラウマになる人がいるのも分ります。

miss.keyさんも痴漢を見かけたら、すかさず退治しましょう。
放っておくと増殖するかもです。

4940:Re: ☆バーソ☆様こんにちは by しのぶもじずり on 2022/06/20 at 10:11:25 (コメント編集)

あははは、私は強くないです。武道もたしなみません。
実際、回し蹴りは避けられてしまいました。格好だけです。
相手が大けがをしたら騒動になったかもしれないことを思えば、避けられたのは幸運でした。

電車の痴漢も、骨を折るまではいっていません。
痛かっただけでしょう。

時として、<気迫>とか<覚悟>とかの非科学的要素が結果に大きく作用することがあります。
窮鼠猫を噛むという奴です。
私は、怒り狂ったネズミになったのでしょう。

どうしようもなく腹が立ったからやった。後悔はしていません。

4941:FC2ブログ更新お疲れ様です。 by 横町 on 2022/06/26 at 06:17:20 (コメント編集)

おはようございます。ジェンダー差別がご法度となりましたが、この手の話は枚挙に暇がないと捉えています。自分も首都圏時代に職場の同僚からラッシュになったらかばんは網棚に上げて手は万歳状態にしたほうがいい(痴漢の冤罪を疑われたくないなら)と言われた記憶がございます。

「李下に冠を正さず」この意味を認識していない男性は結構多い気が致します。一方で罪もないのに疑われたほうが損をする世の中というのも困ったものだと考えています。被害者の心に傷を残す、家庭や職場を失う。このようなことを如何に他人事でないと思うことが重要と考えています。

傾向としては、社会的に地位のある御仁が結構このような沙汰を起こすわけですが、昨今の倫理観の衰退がこのような事態を招いている気がしてなりません。謙譲や知行合一を知らない(或いは知っていても履行しようとしない)人物があまりにも多い世の中ですが、謙譲の真意(誤っても他人を損じないことの表明)を理解してない所以と認識しております。

□まとめと御礼□
お陰様で、本日も有意義な話題を提起して頂きました。しのぶもじすりさん、今日もご自愛され、いい一日をお過ごしください。ありがとうございます。

4942:Re: 横町様 by しのぶもじずり on 2022/06/26 at 16:52:33 (コメント編集)

<痴漢なんてたいしたことじゃない。男なら誰だってやる>
という間違った認識を変えたいものです。
まともな男性は、痴漢なんてしません。
ですから、ほとんどの男性は痴漢をしません。
そういう認識が普通になれば、満員電車で警戒心して疲れてしまうことも軽減すると思うのですが。
とりあえず、痴漢を冗談ネタにすることは止めませんか。そう言いたいです。
そうして簡単に冤罪を作ることができなくなれば良いと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア