FC2ブログ
RSS

くれないの影 第二章――2



 鴨居の上ならば 人の視線のはるかに上だ。
 背伸びをしても見えない 良い隠し場所だと思っていたが、 鴉(からす)には通じなかった。

 光り物を好む鴉がいる。
 そんな鴉にとって、 磨き上げた真っ赤な珊瑚玉は 好物といえた。

 鴉を追いかけて 急いで 庭に下りた。
 盗られてしまったら、 鹿の子の物といえるものは 何一つ無くなってしまう。
 飛んでいってしまったら どうしよう。
 心は焦りながらも、 ゆっくりと慎重に近づいた。

「あたしの大事なものなの。 お願い、 返して」
 鴉に向かって 優しく嘆願しながら 近づいていった。
 鴉は おとなしく動かない。
 あと少しで 手が届きそうになると、 ひょいと数歩跳びのく。
 まるで 鹿の子をからかっているようだ。
 なだめすかしては、 じりじりとまた近づく。
 鴉が 数歩跳び退く。
 鴉に翻弄されて、 ばかばかしい追いかけっこが繰り広げられた。


 夢中になって追いかけているうちに、 知らず知らず 庭の奥まで進んでいたらしい。
 全く見覚えの無い場所に出ていた。

 からかうのに飽きたのか、 鴉が 突然飛び上がる。
「きゃあ、 待って。 行かないで」
 鹿の子の叫びも空しく、 小さな土蔵に開いた 風通し窓に飛び込んだ。

 上方に開いた小さな窓には 格子が嵌(はま)り、
 入り口の扉以外の見えるところは 全て 塗り壁で塞がれている。
 屋敷の中を歩き回ることは 許されていない。
 勢いで飛び出した鹿の子は、 しまった と思った。
 最奥に建つ 土蔵と思える建物の前には、 見張り番の男がいたのだ。

 見つかってしまった と首をすくめたとたん、 見張り番は あわてて平伏する。
「お入りになられますか」
 うろたえて とりあえず頷くと、 見張り番は 土蔵の鍵を開け、 再び平伏した。
 何でもいい。 簪を取り返さなくてはならない。
 中に入るしかなさそうだった。


 薄暗さに目が慣れるのを待って 立ち止まっていると、 声が聞こえた。
「姉う………………誰?」

 奥の壁には、 人の頭ほどの高さに もう一つの 格子窓が開いていて、
 楓(かえで)の枝が 覗(のぞ)いていた。
 そこから わずかに差し込む光が、 右の壁に 格子模様の四角い白を 小さく浮き立たせている。

 座っている人物が居るのが分かったが、 詳しい様子は 見えなかった。
 鹿の子との間に 格子戸が立ち塞がり、 出入り口には 頑丈そうな錠前がついている。
 閉じ込められているのだ。

 その人が立ち上がり、 さわり と衣擦(きぬず)れの音がした。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
397: by 十二月一日 晩冬 on 2012/08/07 at 21:26:08

微笑ましいチェイスシーンww
庭の奥までとは、かなり集中していたようですね^^

引きがズルいほど上手いです。続きはいずこ―

398:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/08/07 at 22:10:22 (コメント編集)

オリンピック観戦でお忙しい中、コメントありがとうございます。
そろそろ、登場人物紹介記事に追加するようになってきます。
物語もじわじわと動いていくはずです。

399: by lime on 2012/08/08 at 08:53:32 (コメント編集)

鹿の子に起こる数々の出来事に、ドキドキします。
なんか、陰謀に巻き込まれた感のある鹿の子ですが。
この先に何があるのか楽しみです。

400:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/08/08 at 10:27:51 (コメント編集)

> 鹿の子に起こる数々の出来事に、ドキドキします。
これからが物語の本番です。もっとドキドキしてもらいます。
鹿の子絶賛巻き込まれ中

402:こちらからも by じゅべ です on 2012/08/08 at 14:24:41

こんにちは
しのぶもじずり さん

物語が動き始めましたね。

楽しみです。

ところで、
こちらのブログにもリンク(ブックマーク)させていただいていいですか?

じゅべ

404:Re: じゅべ様 by しのぶもじずり on 2012/08/08 at 15:33:29 (コメント編集)

こんにちは

ありがとうございます。よろこんで。
嬉しいです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア